たぬきんぐの日常

マリネットが可愛い!【ミラキュラス】が女の子におススメ!

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

 

最近小1の長女がハマっているアニメを紹介します。

フランス発のアニメ「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」が面白いらしいので、一緒に見てみました!

女の子向け変身ヒーローアニメ!?

フランスのパリを舞台にした変身ヒーローアニメというちょっと新しいジャンルのアニメです。キャラクターは3Dですごくスムーズに動きます。

とりあえず、YouTubeにアップされたディズニー公式の動画をどうぞ。

主役のマリネット(青い髪の女の子)は普段はドジな女の子。

しかし敵が出てくるとレディバグというテントウムシのヒーローに変身します。

もう一人の主役、金髪のイケメンの男の子・アドリアンはシャノワールという黒猫のヒーローに変身します。

怪人が出てくる!アクションシーンの動きがすごい!

パリの街に怪しげな怪人が毎回登場するのです。

大量のハトを引き連れたハト人間とか・・・。

 

これをレディバグとシャノワールが力を合わせてやっつけるのが基本のパターンです。

シャノワールがかっこいいけどあまり頼りにならないところとか、いろいろと日本の王道パターンのアニメからずれているのが面白いですぞ。

 

3Dのキャラクターがすごくスムーズに動き回るので、アクションシーンは見どころアリです!

 

日本の仮面ライダーや戦隊ヒーローもののように、1話単位で怪人をやっつけて事件を解決していきますので、1話から見ていなくても安心して楽しめますぞ!

恋愛要素もあり!?

女の子が喜びそうな恋愛要素もちゃんと入っておりますぞ。

 

・マリネットはアドリアンが好き

・シャノワールはレディバグが好き

・レディバグとシャノワールの正体が誰かはお互い知らない

 

という単純で複雑な(?)人間関係が面白いですぞ。

髪型一緒だから正体わかりそうなもんですが、そんなツッコミは野暮ですかのぅ。

フランスの雰囲気が味わえる!

うまく伝えられないのですが・・・。

ミラキュラスはアメリカ映画やアメリカのアニメのノリとは全然違うのです。

 

海外の映画を見て「これが欧米!」と感じているものって、実は欧米じゃなくて「米」である・・・ということが結構多いのですが。

ときどき感じる違和感が新鮮だったりします。

 

オシャレな町の雰囲気や、キャラクターたちのちょっと変わった動きなど

フランスっぽさが出ていますぞ。

女の子が強い!かっこいい!そういう文化を・・・



ちょっと真面目な話。

マリネットのカッコよさは、女性の社会的地位が高い国だから・・・というのは考えすぎでしょうか。

 

ちょっと暗い話になりますが・・・

日本は世界的にも男女差別の根強い国です。

東京医大のニュースもショッキングでしたのぅ。

 

日本のテレビを見ているとどうしても

「女は脇役、男が主役」みたいな感覚を持ってしまいがちです。

例えば夏の甲子園などを見てしまうと

男・・・選手=主役

女・・・マネージャーまたはラッパで応援=脇役

みたいな役割分担を深層心理に植え付けてしまいます。

 

逆に女子の部活に男子の応援団が大量に押し寄せるという話は聞いたことがありません。

これは男尊女卑の文化が根幹にあるのですよ。

 

・・・娘が大きくなるころには、もっと男女平等の世の中になっていてほしいのぅ。

たぬきのまとめ

小さな娘をお持ちの皆さん!ミラキュラスはおすすめです。

というか、大人でも面白いから毎日見てやろうかというレベルですぞ。

ディズニーチャンネルを見れない人はこれを機会にひかりTVに加入してしまいましょう。

auひかりのプラチナセレクトパックならディズニーチャンネルも見放題です。

 

ディズニーチャンネルは副音声を使えば英語教材に早変わりするので、英語慣れさせたい場合にもお得ですぞ。

我が家では録画分を時々英語で見せてますぞ。

詳しく理解するのは難しいですが、耳と発音は小さい子でも十分成長しますぞ!

 

関連記事:【ディズニー】ソフィアの英語が聞き取れない理由を考えた