ブログ

【ねずみ講?】ブログを始めたらマルチ商法の誘いがいっぱい来た話

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

ブログを始めて2か月経過し、ちょっとずつお問い合わせが来るようになったのですじゃ。

お問い合わせが来るとワクワクするのですが、残念ながらほとんどがマルチ商法の宣伝です。

というわけで、題名通りお問い合わせのエピソードを紹介しますぞ。

同じ内容のメッセージがいっぱい来る

一緒にビジネスやりませんか?

こういった誘いはどこの世界にもあるものですじゃ。こじんまりとした商店でも誘いの一つや二つはあります。売れてない零細ブログを見つけてライターとしてこき使おうという発想もビジネスとしては正しい姿でしょう。

 

しかし、同じコミュニティの複数の人から同じ内容の宣伝メールが届くのですじゃ。一つ目の時はさほど疑問に思わず、丁重に断ったのですが・・・。その後何通も別の人たちから同じ内容のメールが届きがっかりしています。

リンクは皆、アロマ関係の同じサイトにつながっています。

 

正直言うと零細ブログの「たぬきんぐ」にはそこまでお客さんは来てないはずなのですが・・・。どこから見つけていただけるのかわかりませんが、これだけたくさん来るということは、他の有名ブログはもっと来ているのでしょう。

 

最初は情報商材の宣伝販売なのかと軽く考えていたのですが、少し調べてみるとどうも事情は違うようでした。

マルチ商法とねずみ講

はじめに:たぬきは法律家ではないのでマルチ商法とねずみ講の違いはWikiレベルでしか理解していません。専門家の方のツッコミは大歓迎です。

 

マルチ商法は 「連鎖販売取引」

ねずみ講は  「無限連鎖講」

という別々の法律用語で規定されています。

 

ねずみ講は問答無用で法律違反です。

 

一方でマルチ商法は法律さえ守っていれば合法です。誇大広告をしないとか、クーリングオフとかいろいろ守るべき項目があるようです。「このバナナを食べれば癌が治る」とか、そういうのはアウトのようですじゃ。

マルチ商法とねずみ講は普段は別のものとして扱われているようですが、

商品販売組織であると言っても、極めて商品価値のない場合は、ねずみ講の恐れがあり注意が必要です。     村上法務事務所ホームページから引用

とのことで、マルチ商法だから大丈夫と安物を高値で売りつけることを繰り返すとねずみ講とみなされることもあるようです。

 

村上法務事務所様のホームページを参照させていただきました。

お問い合わせはマルチ商法関連だった

裏付けがネットの噂レベルなので会社名などを出すつもりはないのですが、会員制のマルチ商法関連のメンバーさんたちによる宣伝活動なのは間違いないようでした。

会員数(子メンバー)を増やすと親メンバーが会社から報酬を得られるという、商品の売買がなければねずみ講と言われてしまうシステムを採用しているようです。そのため新しい子メンバーを増やすため、声をかけられたという形のようです。

合法と思われる範囲内で「メンバーになると楽に稼げる」という内容の説明をされています。

 

実際は商品の売買による報酬なので合法なのですが、たくさんの人に誘われると印象悪いですよね。

一人一人は悪くないと思いたいのですが、そんなにたくさん同じところから勧誘に来ないでほしいのですじゃ・・・。

たぬきの考えとまとめ

マルチ商法はメンバー数が増えていくと誘われる人数も

倍!倍!倍!・・・と増えていくわけです。

 

その話、5回目!!

みたいなことは普通ですじゃ。一人目はラッキー、5人目はアンラッキーですのう。

明日たまたま友人にも誘われてしまったりしたらイライラがピークになりますじゃ。それこそ、初めて誘われたとしてもしつこいのじゃ。しかもマルチ商法と気づかないで宣伝している人もいますからのう。

 

指数関数的に増えていくことの恐ろしさは

記事:高1の時トイチで1000円貸したら卒業時に1378万円になった

を参照していただけると幸いですじゃ。

 

たぬきんぐはマルチ商法は嫌いなので、やりませんぞ。