簿記3級

【簿記3級】試験当日の心構えと持ち物まとめ

Pocket

たぬきんぐの簿記3級記事ですじゃ!

 

第149回簿記検定の3級を受けてきたので、当日の心構えを書きますぞ!

試験会場はピンキリなので注意!劣悪な場合も



まず初めに申し込みの段階で気を付けるべきことを。

 

たぬきんぐが試験を受けたのは某高等学校でしたが、環境は最悪でした。

・エアコンがない

・机は小さい

・トイレは汚い、和式ばかり

・バリアフリーからは程遠い会場、足の悪い人は門前払い

・外からは野球部とバスケットボール部の音がかなり聞こえる

 

難易度の低めの3級だったのでそこまで影響はありませんでしたが、開始直後は暑さのため少し思考力が落ちました。

また、足の悪い方が受ける場合は会場をよく吟味したほうがいいでしょう。大学やきれいな高校が会場のところで申し込んだ方が無難です。

当日の持ち物:絶対必要なもの

1.受験票

2.HBまたはBの鉛筆(シャープペン)と消しゴム

3.電卓(計算機能のみのもの)またはそろばん

4.身分証明書(パスポート・学生証・運転免許証・社員証など)

 

これらはどこの会場でも必要なものになります。

受験票を忘れてしまったら?

受験票をなくしてしまった場合は早めに会場に行って手続きしましょう。会場では当日でも再発行の手続きをしています。

ギリギリの時間に会場についた場合に持っていなかったらどうなるのかはわかりません。

前日には必ず確認しておきましょう。

筆記用具は?

必ず予備の筆記用具を持っていきましょう。唯一のシャーペンが壊れてしまったら最後・・・みたいな状況はいけません。

筆者は鉛筆12本と消しゴム2個を持っていきました。落とした時にカンニングを疑われたりしたら気分悪いので、一つ落ちた程度なら拾わなくてもすむようにしています。

 

シャーペンにこだわりがなければ鉛筆のほうが疲れにくいのでおすすめですぞ。

電卓?そろばん?おすすめは?

会場でそろばんを使っている人はいませんでした。

 

一般人は電卓のほうが早いと思いますので、電卓を持っていきましょう。

音の出る機能や印刷機能、関数電卓などのプログラム機能のあるものは持っていくことはできません。もちろんスマホもダメです。

 

電卓は普段使っているものを持っていきましょう。当日用にいいものを買ったりすると逆効果です。

私は義母の形見の電卓を持っていきましたが、同機種を買って普段練習しておきました。

中型の電卓が使いやすくておススメです。桁数も12桁くらいのもののほうが長く使えていいでしょう。

電卓の種類によって演算記号の位置、特に-(マイナス)の位置が違います。私はマイナスがプラスの上にあった方が使いやすいので上の電卓は重宝しています。

この辺りは好みによるでしょう。

 

当日壊れることはあまりないでしょうが、壊れたら悲劇なので余裕があれば予備を持っていきましょう。

身分証明書

学生の方は悩むことがないでしょうが、顔写真が必要なので健康保険証などではいけません。

運転免許証を持っていない場合、該当する身分証明書がない場合もあります。

事前に商工会議所に問い合わせて対応してもらいましょう。

当日の持ち物:あったほうがいいもの

1.スリッパ(特に高校が会場の場合)

2.上着など

3.飲み物・おやつ

4.参考書

5.腕時計

会場によっては上履き必須

最悪忘れても裸足でどうにかなると思いますが、スリッパは持っていきましょう。

トイレなどかなり汚い場合もあるので裸足ではキツイです。

会場は暑い場合も寒い場合もある

会場の気温は一定ではありません。季節によりますが、温度調節しやすい服装にしておきましょう。冬はカイロを持っていくことをおすすめします。

飲み物は敷地内で買えないかも

試験会場によっては敷地内に自販機が見当たらない場合もあります。

暑いと喉が渇きますし、寒くても乾燥して喉が渇きます。長時間の試験ですので飲み物は試験前に(トイレが近くならない程度に)飲んでおきましょう。

小さめのおやつで小腹を満たしておくのも集中力アップのコツです。もちろんお腹が空いていなかったら食べずに持って帰ればOKです。

ギリギリまで参考書を読めるように

直前に覚えたことが試験に出ることはよくあります。

覚えていたはずのことを忘れることもあるので、直前まで読めるように参考書を持っていきましょう。

時計は部屋に用意されているとは限らない

普段スマホで時間を確認する人は腕時計を一つ買っておいた方が無難です。会場に時計があるとは限りません。

筆者が試験を受けた会場も時計が座席から見える場所にありませんでした。

 

過去問で時間がギリギリの人は必ず腕時計を持っていきましょう。

たぬきの心構えまとめ

試験というものは実力通りの力を出すことが難しいものです。

寒さに震えている、喉が渇いているなどちょっとしたことで普段通りの力が出せなくなります。

 

準備は前日までにしっかりカバンに入れて確認しておきましょう。

試験前日はしっかり睡眠をとって、会場には少し早めにつくようにしましょう。

しっかり準備しておけば、合格は目の前ですぞ。

簿記3級は独学でOK!合格のコツ、書いてます!

【簿記3級】独学で合格するための勉強方法まとめ

【簿記3級】勉強時間はどのくらい?独学の場合の目安

【簿記3級】3つの重要ポイントをマスターすれば簡単に合格できる