簿記3級

【簿記3級】独学で合格するためのおすすめテキスト

Pocket

 たぬきんぐの簿記3級記事ですじゃ!

 

独学で簿記の勉強をはじめたたぬきんぐですが・・・。

第149回簿記3級試験に見事合格しました!

というわけで、おすすめテキストの紹介ですぞ!

問題集を買おう

過去問は絶対買おう!

過去問は必ず買いましょう。簿記は実際に解いてみることで力が付いてくるのである程度仕組みがわかったらどんどん問題を解いていくべきです。

検定試験が終わるたびに新しい過去問題集が出ますので、古いものを買わないようにしましょう。

TACのものが使いやすくておすすめです。

過去問だけで不安なときのおすすめ問題集

過去問の時点で8割後半~9割取れればそのまま試験を受けて大丈夫でしょう。

そこまで届かなかった場合は追加で問題集を解いてみることをおすすめします。

 

問題集で人気なのは”パブロフ流でみんな合格総仕上げ問題集”です。

解説がひとつひとつていねいに書いてあるので理解しやすくなると思います。過去問に行き詰った時におすすめのシリーズです。

kindle版なら隙間時間に解けるのもおすすめポイントです。

テキストを用意しよう

簿記の仕組みを理解するために教科書を買っておきましょう。勉強したことのある方なら別ですが、独学でスタートする場合は必須です。

文章を読むのが得意(国語が得意)な人におすすめの教科書

実際に本屋で見比べて買ってみるのもありでしょう。

たぬきんぐの一押しは”合格テキスト日商簿記3級”です。

簿記3級に必要な知識がまんべんなく書いてあるのと、分野ごとに問題がいい具合に入っているのでインプットとアウトプットのバランスよく勉強することができます。

本自体のサイズも大きく、中身もぎっしり詰まっています。腰を据えて短時間の勉強でマスターしたい人におすすめです。

 

もう一冊のおすすめは”パブロフ流でみんな合格テキスト&問題集”です。こちらはkindle版もあります。

今の時代、電子書籍のほうがいいという方も多いでしょう。

たぬきんぐは目が疲れやすいので電子書籍は避けていますが、持ち運びが楽ですきま時間に目立たず勉強できるのは大きなメリットです。合格テキストより肩の力を抜いて勉強したい人はこっちがおすすめです。

耳から聞いて覚えるのが得意な人におすすめの教材

「うたを聞いたらすぐ覚える」タイプの人は能力を生かした方が早道です。

文章を読んですぐ理解できるなら上の教科書で十分ですが、授業を聞いたり音で覚えるのが得意な人はDVDやネット講座で勉強したほうがいいでしょう。勉強時間を数時間でも節約できれば、多少の値段の差は安いものです。

 

ただ、簿記3級はそこまで難関ではないので高額なネット講座は少しもったいないと思います。

ネット講座を受けるなら資格スクエアの簿記3級講座が6,480円とお手頃なのでおすすめです。テキストも付いてきます。

無料登録で体験授業を聞けるので、講師が気に入ったら講義を受けてみるのもいいでしょう。

 

DVDで勉強するならTACから出ている「すっきりわかる日商簿記3級」という教科書があります。

たぬきんぐのおすすめはTACの合格テキストと過去問の2つ!これが王道だと思いますぞ。

合格テキストは最低限の合格ではなく、今後2級や1級を目指す人にとってしっかり土台作りをできる教科書だと思います。

 

あと、近所に品ぞろえのいい本屋があれば一度本屋で実際に手に取ってみるのをおすすめします。

買うのもできれば本屋で。

通販は本屋で見つからなかったときに使いましょう。

関連記事:インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

 

簿記3級の攻略記事、書いてます!

【簿記3級】独学で合格するための勉強方法まとめ

【簿記3級】合格率は約40%だが独学でも合格できる

【簿記3級】勉強時間はどのくらい?独学の場合の目安