簿記3級

【簿記3級】合格率は約40%だが独学でも合格できる

Pocket

 たぬきんぐの簿記3級記事ですじゃ!

 

合格率40%の試験と聞くと難しいのでは・・・と思ってしまいがちです。

しかし、しっかり勉強しておけば独学でも難易度はそこまで高くありません。

簿記3級は難関資格ではない



商業高校を出ているか、経済学部じゃないと厳しい・・・というような試験ではありません。

会計についての基礎知識は商店のおじさんおばさんも皆持っているものです。

 

簿記3級は中小企業~個人商店レベルの人たちが使うレベルの会計を身につけるための試験なので、時間をかけて数をこなせば十分身につけられるものになっています。

簿記3級の合格率はなぜ低いのか

簿記3級の合格基準は70%以上の点数をとることです。

難易度は毎回少しずつちがうので、最近の合格率は26%~54%程度とばらつきがあります。平均すると40%くらいです。

 

合格率40%の試験と聞くと難しい感じがしますが、実際は合格率と難易度はあまりかんけいありません。

簿記3級の合格率が低い理由

簿記3級の合格率が低い理由は、合格しそうにない人がたくさん受けているからです。

 

・受験するために必要な資格がない

・受験するための料金が安い

・合格した場合のメリットが十分ある

 

このように通りそうにない人が受けやすい条件がそろっています。

 

たとえば簿記初級を持っていないといけないというような受験資格が必要だったとしたらもう少し合格率は上がるでしょう。

合格率40%と聞くと難関試験に思えてしまいますが、受験者のレベルの問題もありますので恐れることはありません。

特殊能力は必要なし!計算も割り算までできればOK

・ある程度の日本語能力

・たし算・ひき算・掛け算・割り算

 

このくらいできれば、あとは予備知識は必要ありません。

 

微積分ができる必要はありません。

用語を英語で聞かれることもありません。

もちろん絶対音感が必要なわけありません。

 

学校に簿記部みたいなものがあれば、中学生の学力で十分合格できる難易度です。

油断すると落ちる

ここまでで恐れるほど難しい資格ではないことを説明しましたが、油断するともちろん落ちます。

例えば自動車免許の学科試験などと比べるとはるかに難しいです。

 

勉強時間をしっかり確保して、試験日までに計画的に勉強する必要があります。

一般的に必要とされている勉強時間は50~100時間程度です。

関連記事:【簿記3級】独学で合格するためのおすすめテキスト

 

とはいえ少ないほうの50時間で合格しよう・・・と思って勉強して間に合わないようなケースは多いようです。

 

車の運転と同じで時間をかけて練習すればほとんどの人はできるようになりますが、ある程度の練習は必要なのです。

たぬきの簿記3級難易度まとめ

というわけで、時間をかけて勉強したら普通に合格できる試験です。

勉強しておくとお金の知識が増えますし就職にも役立つのでおすすめですぞ!

 

簿記3級と副業の記事、書いてます!

【簿記3級】独学で合格するための勉強方法まとめ

副業やるなら青色申告で税金がお得!他に白色申告よりお得な点は?

簿記3級は就職・転職に役立つのか?副業の会計には?