簿記3級は就職・転職に役立つのか?副業の会計には?

Pocket

 たぬきんぐの簿記3級記事ですじゃ!

資格試験として人気の日商簿記試験ですが、はたして3級は実際に役に立つのでしょうか。

結論から言うと、「大手でなければ十分役に立つ」と思って良いです。

解説しますぞ。

副業なら3級で十分!



今話題の副業、チャレンジしようという人も多いでしょう。

・週末イベントでお店を開く

・ネットショップをする

・ブログで広告収入をもらう

・クラウドソーシングなどの内職

などなど、いろいろなものがあります。

ほとんどの副業は簿記3級レベルで十分対応できます。

副業で工場を経営しているとか、会社をいくつも経営している人は別ですが・・・。

もちろん身近に会計ができる人がいればいいですが、突然いなくなって会計がストップするようなことになると本当に大変です。

消費税は3級で対応できませんが・・・年間売り上げが1千万円未満なら免税事業者になれますので、最初のうちは消費税を気にする必要もありません。

複式簿記で記帳して青色申告という方法で税金を申告すると税金面などで大幅に有利になります。

今はMFクラウド会計のような便利なソフトがありますので、簿記の知識があればいきなり会計もできます。

関連記事:副業やるなら青色申告で税金がお得!他に白色申告よりお得な点は?

さらに言うと、簿記3級レベルでもお金の流れに対する理解は素人とは全く違うものになります。自分で事業をするときに有利になるのも間違いありません。

中小零細なら3級でも十分戦力に!

中小の会社やベンチャー企業でも会計できる人材が欠けていることはあります。

ネットショップ運営していたら会計任せている人がいなくなって困ってしまうということも・・・。

そんなとき、人材募集してたまたま「簿記3級」持っている人がいたら?

飛びつくに決まっていますね。

マイナビAGENTあたりの転職サイト調べてみてもらえれば、簿記2級を持っている人は就職に相当有利になるのがわかると思います。会社とは違いますが、民間病院の経理なども2級を持っている人を募集していたりします。

3級はもちろん2級と比べると格下になりますが、小さな事業者にとっては十分ありがたい人材になるのでそれなりの需要があります。

3級からステップアップすれば2級も十分狙える

簿記2級が就職に有利だからと言ってもいきなり素人が簿記2級を目指すと挫折することになるでしょう。

簿記2級をとるなら、簿記3級からステップアップしていけばいいのです。

余裕があれば上位の資格を狙っていきましょう。

簿記3級を持っている人と持っていない人では2級の勉強をするときのスタートラインが全く違います。

簿記2級資格者を欲しい企業が人材に恵まれなかった場合、3級の人を鍛えていく方針で妥協するというのは十分あり得ることなのです。

仕事と簿記3級:たぬきのまとめ

 簿記3級があなどれない資格だということ、わかってもらえたでしょうかのぅ。

漢検1級などと比べるとはるかに簡単な資格であるにも関わらず、なかなか仕事に役立つ良い資格なのです。

キャリアアップするには、技術や知識を身につけるのはとても大事ですぞ。

簿記3級の攻略記事、書いてます!

【簿記3級】独学で合格するための勉強方法まとめ

【簿記3級】合格率は約40%だが独学でも合格できる

【簿記3級】独学で合格するためのおすすめテキスト

【簿記3級】試験当日の心構えと持ち物まとめ

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!