学研の【算数図鑑】レビュー!子供の算数嫌いを克服しよう

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

子供に「さわって学べる算数図鑑」という本を買ったところ、すごく楽しかったようで気に入ってくれました。

娘二人で取り合いして今日もケンカ・・・。

というわけでレビュー!

さわって学べる算数図鑑を紹介!

さわって学べる算数図鑑

算数図鑑といういかにも子供が嫌がりそうなタイトルですが、中身は面白い仕掛けがいっぱいです。

基本的なたし算とひき算からスタートするので、小さな子供でも安心!

上の写真のように、さわって動かしながら算数を理解することができます。

苦労する子が多い分数も、視覚的にイメージしやすい仕掛けをいくつも用意しながら、さわって動かして理解できるようになっております。

上のしかけは、紙を引っ張ると黄色い部分が増えてきます。

全体のうち黄色い部分がどのくらいかというのを視覚的に理解しながら、分数の仕組みをわかっていくわけですな。

1/2 = 1/4 × 2

1/4 ÷ 2 = 1/8

みたいな式は大人ならすぐにわかりますが、意外と小学生は苦労しがちなところ。

分数と小数がわかるようになれば、小学校の算数はほとんど終わったようなものですからのぅ。

図形の勉強も簡単にできる

仕掛け絵本なだけあって、図形関係のページも豊富です。

平面図形はもちろん、立体図形も!

繰り返し組み立てながら勉強できるようになっています。

パズル的に組み立てるので

「勉強!!」というストレスなく自然に慣れることができますぞ。

実は小学校の算数って、

・分数

・小数

・図形

あたりがきちんと解ければ、大体マスターしたようなものです。

この本は小数が入ってないのが残念ですが・・・。

分数や図形がスムーズにできれば、あとは応用力を磨くだけです。

工作好きの娘(小1)はすぐに円錐の作り方を覚えてアイスクリームを作って遊んでいました。

小学生へのプレゼントに是非!

遊びながら身につけられる教材が周りにあると、気が向いたときに勝手に手に取って覚えてくれるのでおすすめですぞ。

入学したとき~小学校3年生くらいまでに買うのがベストでしょう。

遊び方を教えたら幼稚園児でも、立体図形を組み立てたりして覚え始めますぞ。

効果的に役立てるためには読書を習慣づけしておくことが必要です。

ちょっと読んでみようかな・・・と思うために、ある程度本が好きなほうがいいでしょう。

我が家はそこそこ本を読むので苦労しませんでした。

本を読まない子なら乗り物や虫の図鑑とセットで並べるなどの工夫が必要かもしれません。

たぬきのまとめ~本は本屋!

たぬきんぐは通販の中でも

「売り上げを本屋に還元する」

という活動をしている

全国書店ネットワーク e-hon  とHonya Clubを応援しています。

某大手通販に押されて本屋はどんどんつぶれています。

たぬきんぐは子供たちに本屋で本を選ぶ楽しみを残してあげたい!

というわけで、e-honとhonya clubのどちらかで本を買うのをおすすめします。

当ブログでも使い方を解説しています!

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう

知育玩具、紹介しています!

プログラマーが作ったプログラミング学習知育ゲームをやってみた

フランス発、世界中で人気の知育ゲーム【KATAMINO】をやってみた

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!