三菱ユニカラーの100色色鉛筆レビュー 頑張る子供におすすめ!

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

うちの長女がお絵描き大好きなので、サンタさんが特別大きなプレゼントを持ってきてくれたのですじゃ。

お手頃価格で100色揃って高品質。これはいい!

100色は贅沢?いやいや、そうでもないのです。

色鉛筆の色の数:100色は多い?

上の写真のような絵を描くとしましょう。緑は1種類で足りるでしょうか?

もちろん答えはNOです。

市販の12色の色鉛筆では表現できる内容に限りがあります。

もちろんプロは12色だけで勝負したりしません。

表現力を伸ばすためには、色の数は多い方がいいのです。

ユニカラー100色セットのレビュー

我が家の色鉛筆ですじゃ!油性色鉛筆100色!

娘が使い始めて1年半ほどになります。

当時幼稚園年中だった娘には少し豪華すぎるかなと思ったのですが・・・。

意外とどの色も使っておりました。もちろんよく減る色とあまり減らない色はあるのですが、100色のうち70~80色くらいは使っているようです。

おすすめポイント1:やわらかくてつかいやすい

色鉛筆なんてどこの会社でも同じでは?と思っている方もいるようですが・・・

全然違いますぞ!

同じ三菱鉛筆のものでも、学習用レベルのものと「ユニカラー」では品質が全然違います。

100均の色鉛筆は言うに及ばず・・・。

色鉛筆が柔らかいので、芯が欠けたり割れたりしにくいのはもちろん。

描くときもなめらかなので小さな子供にとってすごく描きやすく疲れにくい色鉛筆になっているのですじゃ!

おすすめポイント2:品質の割に値段がお手頃

つまり、コスパがいいということですじゃ!

定価は16,000円+税ですが、もう少し安く買える店もあります。

もちろんいくらでも予算があるのならファーバーカステルあたりも候補になってくるのですが、値段が倍くらい違います。

金に糸目を付けず、なんでも最高級品を・・・という方でなければ、ユニカラーは十分な品質です。

おすすめポイント3:一本単位で補充できる

ユニカラーは一色ずつ番号が振ってあります。これを頼りに一本ずつ補充することができます。

おなじ「青」でも会社によって微妙に色が違いますので、同じ色を出したかったら同じメーカーのものを補充したいもの。

大きな画材屋にいけば一本ずつ売っているところもありますし、通販なら文具の専門店・文喜堂で一本ずつ補充することもできます。

我が家も水色やピンクが減ってきたので、もう少し使ったら補充しなければいけません。

色ごとに減り方は全然違うので、ばら売りはありがたいですのぅ。

たぬきのまとめ

というわけで、ユニカラー100色セットの紹介でした。

たかが色鉛筆ですが、12色のものと比べると大きな差がありますぞ。

才能が伸びるかどうかはわかりませんが、伸びるチャンスを与えるのは大切ですじゃ!

絵を描くのが好きな子ならいいものを買って損ではありませんぞ!

幼児教育・習い事の記事 書いてます!

【幼児教育】子供に絵画を習わせるメリットとデメリット

【幼児教育】子供にピアノを習わせるメリットとデメリット

【子供・幼児教育】習字・書道を習わせるメリット・デメリット

フラッシュカードは詰め込み教育である

プログラマーが作ったプログラミング学習知育ゲームをやってみた

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!