はじめての料理 第二回 簡単ハンバーグ

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

ハンバーグは子供が大好きなメニュー。意外と簡単という噂を聞いていたのでチャレンジしてみましたですじゃ。

食材購入ですじゃ。

添えの野菜

肉

国産合挽き肉(牛:豚=7:3)800g  1188円

エリンギ 1パック          98円

豆苗   1パック          98円

パン   1枚(6枚切り)      約25円

卵2個                約50円

1500円ほどで準備できました。ちなみにハンバーグの量はかなり多くなります。

大人4人でも足りると思います。

うちはチビ二人と大人二人なので、残った分は翌日の昼食に回しますじゃ。

肉の準備をする

材料 4人分

先ほどの肉    800g

牛乳       50ml

食パン(6枚切り)1枚

卵        2個

食塩       小さじ2杯

粗びきコショウ  少々

パンを牛乳に漬ける

食パン細かくちぎってから牛乳につけて柔らかくしておきます。

浸している間に他の準備を進めていきましょう。

肉に他の材料を混ぜる

ボウルに肉を入れ、先ほどのパンと卵2個を入れ、食塩小さじ2杯とコショウを少しかけてから混ぜていきます。

途中で足すのは手洗いが面倒なので、入れるものを全部入れてから混ぜ始めたほうが楽です。

ちなみに今回のハンバーグは玉ねぎ入れてません。たぬきはみじん切りできないのですじゃ。

料理初心者の方々も、玉ねぎにこだわらず、一度玉ねぎ抜きでチャレンジしてみてほしいですじゃ。

混ざった挽き肉

はじめてやりましたが肉が冷たいです。

雑菌が増えないように冷たいうちに手早くかき混ぜます。

十分混ざったら粘り気が出てきます。この段階でフライパンを準備し焼きにかかります。

肉を焼く

両面をしっかり焼いてから水を50mlほど足して10分ほど蒸します。

残念ながらうまみの油はどんどん出ていきますが、後でソースを作って回収するので心配いりません。

焼けてきたと思ったら真ん中を切って火が通っているかどうか確認します。

たぬきは心配性なので次々確認してハンバーグがどんどん小さくなってしまいました。

生焼けは食あたりの心配があるのできっちり火を通しましょう。

ソースを作る

材料 4人分

ケチャップ   50ml

ウスターソース 50ml

とんかつソース 25ml

バター     10g

ハンバーグを焼いた後の残った肉汁

ソース

バターをレンジで10~20秒温め溶かします。

そこにケチャップとソースを入れてかき混ぜます。

かき混ぜた後、肉を焼いていたフライパンに混ぜたものを入れて煮込みます。

ソースが足りなさそうだと感じたら適宜ケチャップとソースを上の材料と同じ割合で足していきます。

煮だったら上澄みの油を捨ててソースを別皿に取り分けます。

添えの野菜を焼く

今回は買い物中比較的安かったエリンギと豆苗をチョイスしました。

豆苗は癖がなくシャキシャキしていて子供でも食べやすいです。

しかも水につけておくともう一回生えてきます!

豆苗は半分に切って洗います。エリンギは縦切りにします。

豆苗

今回は少し醤油で味付けをしました。

完成

お皿に盛っていきます。

火の通りを確認するたびに半分になっていったので一つ一つのサイズは小さいですが、無事ハンバーグができました。

ニンジンがあったほうがカラフルでおしゃれになると思います。

たぬきんぐ家族の感想とまとめ

ハンバーグはジューシーというよりは「しっかり肉を食べている」という感じでしたじゃ。

欧米で食べるミートローフやミートボールのような食感になりました。日本風のやわらかハンバーグを作るのは難しいですが、硬めのハンバーグというのもなかなかいいものですよ。

たぬき娘はソースがおいしいと喜んでおりました。

肉汁のうまみがたんまりと漏れ出ておりますのでのぅ・・・(汗)

たぬき:ブログのネタができる

たぬき妻:一食分休憩できる

たぬき娘たち:斬新な何かが食べられる

と、家族内でwin-winの状態になったので、週刊連載を目指して頑張りますじゃ!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!