料理

【超簡単】ボロネーゼ風ミートソースパスタ はじめての手料理第7回

Pocket

たぬきんぐの料理コーナーですじゃ。

 

今回は超簡単!ボロネーゼ風ミートソースパスタですじゃ。

慣れれば調理時間も20分ほどです。

料理初心者でも簡単にレストラン並の味が出せますぞ。

材料を紹介します。

材料 4人分(たっぷり)

パスタ    500g

挽き肉    600g

裏ごしトマト 700g

チーズ    40g

ナツメグ   少々

黒コショウ  少々

食塩     小さじ1杯

 

自分でトマトをつぶすのは無理なので、裏ごしトマトを買っておきます。


モンテベッロ オーガニック・パッサータ・ルスティカ 700g

今回は贅沢気分だったのでイタリア産有機トマトの瓶詰め300円台のものを買いました。

安いものは200円くらいで売っていました。

 

パスタはタリアテッレという平たいパスタにしました。

挽き肉は牛肉でも合い挽きでもいいと思います。今回は牛肉です。

チーズはパルミジャーノ・レッジャーノにしました。

予算は1000円~2000円程度で作れると思います。

 

ミートソースのパスタというと、日本ではスパゲッティが当たり前ですが、本場イタリアではタリアテッレを使うものが多いようです。今回はタリアテッレが手に入ったので使ってみました。

タリアテッレは洋風酒屋みたいなところなら売っている場合もあります。私はワイン屋で200円弱で買えましたが、ネット通販だと高い店も多いみたいです。送料かかりますしね。


ブイトーニ No.16タリアテッレ 500g

ミートソースを準備する

挽き肉を焼く

油を少しひいてから挽き肉を丸ごとフライパンに投入します。

オリーブオイル大さじ3杯程度使いました。

ナツメグを3振りくらいかけて、コショウ少々、塩小さじ1杯を加えます。

ある程度焼き目がついたらひっくりかえします。

味が偏らないように軽く混ぜます。

多少の焦げ目はOKですが、あまり焦げすぎないように注意します。

上の写真くらいになったら

裏ごしトマトを投入します。

トマト投入

中火でぐつぐつ煮ます。

沸騰させつつ焦げないように時々かき混ぜます。

水気が減ったらいい感じのソースになります。

パスタをゆでる

水1500ccに対して塩小さじ3杯半(18gくらい)入れて沸騰させます。

沸騰したらパスタを投入します。

鍋にくっつかないように時々混ぜます。

ゆであがったパスタは湯切りしてからお皿に盛りつけます。

完成

お皿に盛りつけたパスタにソースをかけて完成です。

チーズを上からかけると一層おいしくなります。

ウンチク:ボロネーゼ?ミートソース?

イタリアではミートソーススパゲティとは言わないみたいですね。ボロネーゼが一般的なようです。

本場ボローニャのボロネーゼは使う野菜などレシピがあらかじめ決まっています。

香味野菜としてセロリ・人参・玉ねぎ、肉は牛肉かパンチェッタ等。

今回はボロネーゼと名乗るには具材が足りないので、ボロネーゼ風と名乗ることにしました。

たぬきんぐ家族の感想とまとめ

これは大好評でした!お手軽で美味しいです。

料理初心者でもパスタを茹でて肉を焼ければ作れるので、お勧めです。

 

トマトをたっぷり使うので、トマトの味がしっかり出たソースになります。

もちろん人参などをみじん切りして加えて違ったタイプのソースを作ってもいいでしょうが、簡単なうえにトマトの味がしっかり出るという点で、今回のレシピはお勧めです。

ミートソースはラザニアなど他の料理にも使えますし、そぼろにして御飯にかけてもおいしいですぞ。