読書

【子育て】子供の学力は読書で決まる!読み聞かせから始めよう

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

今日は子供の読書が人生においてどれだけ重要かという話をしようと思います。

本は人生を豊かにしてくれます。もちろん学力も大きく変わってきます。

幼少時の読み聞かせが大事

読み聞かせ好きから読書好きに移行しやすい



子供が読書好きになるかどうかは幼少時の教育が直結します。

そして読書好きになることはその後の人生を大きく左右します。

 

小学校高学年や中学校までほとんど読書をしなかった人が急に読書好きになるのは不可能とは言いませんが困難です。

小さいころから読み聞かせをすれば習慣になりやすく、そのまま読書好きに移行していきやすいです。できれば赤ちゃんの頃から読み聞かせを始めましょう。

貴重な親子の触れ合いの時間になる

読み聞かせ

一度習慣になると、読み聞かせの時間は子供のお楽しみの時間になります。

共通の話題、話のネタができることは親子間の大切なコミュニケーションの一つになります。

何度も同じ話を読むのは大人は退屈ですが、子供にとっては毎回新鮮なようです。

とはいえ慣れてくると「今日はこの本の気分」と、子供なりに選んで持ってくるようになるのである程度本の種類も必要ですぞ。

好奇心旺盛になる

「ぞうさんがどうだ」とか、「糸車とはなんなのか」など。本を読めば読むほど世界が広がっていきます。

子供の年齢に合わせて質問の内容は変わってきますが、絵本に出てくる知らない物は子供にとって新鮮です。

次の日にはドヤ顔で説明したり、いまいちわからなくて同じこと聞いてきたり。

知ることの楽しさを知ることは人生において大きな財産になります。

文字に興味を持つようになる

読み聞かせを続けていると幼稚園くらいから文字に興味を持つようになります。

大人ぶりたい年頃になると自分でも読みたいという気持ちが芽生えてきます。小さい子は覚えるのが早いのでひらがなやカタカナを覚えるのはあっという間です。

小学生から差が出てくる

読書好きの子は読解力が違う

本をたくさん読むことで、文章を理解する能力が高くなります。

例えば桃太郎の話だと

1.桃から桃太郎が生まれる
2.桃太郎が桃から生まれた後、成長する
3.鬼ヶ島に向かうことにする
4.途中で犬たちを仲間にする
5.鬼ヶ島にたどり着く

といった流れでストーリーが進んでいきますが、本を読みなれている子なら簡単にストーリーを理解することができます。もちろん頭で場面をイメージすることもできます。

読みなれていないとストーリーに追いつくのにとても苦労します。

 

読解問題などの国語はもちろんですが、実際には算数・理科などの科目も読解力と想像力があればあまり苦労しません。読解力は全ての科目の成績に直結します。

読書好きの子は集中力も違う

長文を集中して読むのは集中力が必要です。

日常的に本を読む子は集中力がどんどん養われていきます。

勉強だけでなく、趣味やスポーツ、遊びなど興味のあることならいつでも集中力が発揮できるようになります。

ただ頭でっかちになるだけではありません。・・・たまーに本以外興味ないような子もいますがのぅ。

感受性が豊かになる

読書をしているといろいろな登場人物が出てきます。

「この人はなんでこんなことをしたんだろう」と思いを巡らすうちに相手の気持ちを理解できるようになってきます。

もちろんこの体験は日常生活で相手の気持ちを理解しようとするための助けになります。

読書を続けることで世界が広がる

読書家

本を読むことに抵抗がない人は新しい知識がほしいとき、いつでも本を手に取ることができます。

「サッカー選手のことを知りたい」

「昔の小説を読んでみたい」

「金魚の飼い方をもっと知りたい」

日本の学校の授業ではこういった知識欲を満たすことはできません。

スマホやPCを使いこなすにはまだ早いですし、テレビは知りたいことを教えてくれません。

読書好きになっていることが、子供の世界を広げてくれるのです。

子供を本好きにする方法

小さいころから本に慣れていれば、少なくとも「そこそこ好き」くらいになる可能性は高いです。バリバリの読書家になるかどうかは本人の素養が大きいと思います。

もちろん読書するように無理やり押し付けるとかえって嫌いになるでしょう。

 

他にお勧めの方法は

・本屋や図書館に子供を連れていく

・興味のありそうな本を買ってあげる

・親も時々本を読む

・リビングに本棚を置く

辺りでしょうか。

親が毎日テレビしか見ていないなら、子供もそうなります。親が活字を楽しんでいるところを少しは見せたいものですね。

たぬきの考えとまとめ

子供が読書好きになると様々なことに興味を持てるようになり、人間性が豊かになり頭もよくなります。

しかも読む速さが倍になると勉強速度も倍になります。余った時間でいろいろ他のことも楽しめるようにもなります。

 

本屋は残念ながらどんどん減ってきています。ここ20年で半分近くになったというデータもあります。

本屋は本を買うところという面もありますが、興味のある本を見つける場所でもあります。ネットショッピングは便利ですが、ほしい本や人気の本は手に入る一方で、面白い本を探すのには不向きです。

「アニメの絵本にしようか、それとも昔話にしようか」と表紙を見ながら迷うのは、本屋あってこそです。

 

というわけで、たぬきんぐは通販の中でも

「売り上げを本屋に還元する」

という活動をしている

全国書店ネットワーク e-honHonya Clubを応援しています。

 

某大手通販ばかり使うとどんどん本屋が潰れていきます。

たぬきんぐは子供たちに本屋で本を選ぶ楽しみを残してあげたい!

というわけで、次世代のためにe-honとhonya clubのどちらかで本を買うのをおすすめしています。

 

当ブログでも使い方を解説しています!

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう

 

教育記事、いろいろ書いてます!

七田式の英語教材を試してみたので体験談 子供用7+Bilingual

なぜ日本人は英語が話せない?ペラペラの北欧との違い

【子供・幼児教育】プログラミングを習うメリット・デメリット

【幼児教育】子供に絵画を習わせるメリットとデメリット

補欠は人生の無駄!試合に出れない部活を続けてはいけない