0~1歳児の読み聞かせにおススメの絵本5冊

Pocket

たぬきんぐですじゃ。
小さい子供にとって読み聞かせは非常に大切です。
親子のコミュニケーション・愛情形成に役立つだけでなく、絵本は子供の世界を広く豊かなものにしてくれます。

早速、0~1歳くらいの子にお勧めの絵本を紹介しますぞ。

おつきさまこんばんは

「おつきさま」という身近な存在が笑ったり悲しんだりするという、小さい子にもわかりやすいストーリーです。
もちろん0歳のうちはストーリーを理解することは難しいですが、「まんまるの明るいおつきさま」は視力の弱い赤ちゃんでもわかりやすいです。何度か読んでいるうちに絵本の中の「おつきさま」のほうをじっと見るようになったり、夜空の本物のお月様に興味を持つようになったりします。
子供の好奇心を引き出してくれるおススメの一冊です。1歳前後の子にお勧めです。

おつきさまこんばんは(e-hon)

いろいろばあ

3色の絵の具が作り出すカラフルなキャラクターは3種類ではなくて6種類!
ちょっとクレヨンや色鉛筆に興味を持ち始めた小さな子にお勧めの一冊です。絵の具からキャラクターが出てくる単純なストーリーは0歳のうちから楽しめますが、絵の具が混ざって新しいキャラクターが出てくる様子は1歳後半でも楽しめるでしょう。
短い時間で読める絵本なので、小さい子の短い集中力でも読みやすい一冊です。

いろいろばあ(e-hon)

おべんとうバス

いろいろなお弁当の具材のキャラクターがバスに乗り込んでいくお話です。
かわいいキャラクターが次々出てくるので、指をさしながら教えてあげると興味を持つようになってきます。
離乳食が進んで食べることに興味を持ち始めた頃からなら楽しめると思います。
うちの子は上の子がトマトとブロッコリーが好物で、下の子がエビが好物なのですが、この絵本の影響もあるかもしれません。
さらにお弁当作りや料理にも興味を持つようになり、子供がお手伝いに興味を持つきっかけにもなりました。
0歳の終わり~2歳くらいの子にお勧めの絵本です。
おべんとうバス(e-hon)

0さいだもん 0さいだもんおはなししましょ

私はおはなししましょのほうが特にお勧めです。仕掛け絵本やかわいいキャラクターの出てくるお話、お歌などがいろいろ入った詰め合わせセットのような絵本です。興味のある部分を中心に読むことになるので、絵本というより赤ちゃん向けの雑誌みたいなものと言えるかもしれません。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たると言ったら作者の方に申し訳ないですが、たくさんの要素が少しずつ含まれているのでいくつかのページは子供のお気に入りになるでしょう。
お気に入りの部分を繰り返し読みつつ、時々他の部分も読んでみるという読み方がいいと思います。大人が雑誌を読むとき興味のある部分とない部分が分かれるのと同じで、子供も好みが分かれます。
0歳~1歳前半くらいまで、楽しめると思います。

0さいだもん(e-hon)
0さいだもんおはなししましょ(e-hon)

たぬきんぐのまとめ

ここでは絵本のおススメを紹介しましたが、赤ちゃんは普通の絵本だけでなく、仕掛け絵本もお勧めです。

たぬきんぐは町の本屋さんを応援しています。本屋さんは新しい本との出会いの場です。次の世代に少しでも多くの本屋を残したいと考えています。
本を買うときは「あなたの近くの本屋さん」か、売り上げが町の本屋の利益になる「全国書店ネットワーク e-hon」「Honya Club」をおススメしています!

関連記事:インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!