FP3級

FP3級は日常で超役立つので学生や若い家族におススメ

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

先日ファイナンシャルプランナー3級の試験を受けてきました。

自己採点では8割くらいでしたが、どうなるか…。

銀行員でもない私がなぜ受けたのか。FPは一般家庭でも役に立つ内容なのです。

学校ではお金の知識をまとめて勉強するチャンスはありません。

お金や税金のことを知りたい学生さんや若い世帯主の人におすすめします。

FP3級は一般教養で合格できる!?

ファイナンシャル・プランニング技能士というのは貯蓄・投資などを計画する技能を持つものに与えられる国家資格です。

1~3級があり、3級が一番簡単なものになります。

合格率はおおよそ50~70%程度です。

受験資格は

FP業務に従事している者または従事しようとしている者

(一般社団法人 金融財政事情研究会ホームページより)

ということなので、大体誰でも受けることができます。

私も資格をとれば、近い将来できるであろう「××会社たぬきんぐ(仮称)」で従業員の相談に乗ることができるようになります。

そして普段から経済系のニュースをチェックしている人なら難易度もさほどではありません。

何を学ぶのか



テーマは大きく分けて6つあります。

・ライフプランニングと資金計画

・リスク管理(保険などの話)

・金融資産運用

・タックスプランニング(税金)

・不動産

・相続・事業承継(贈与税とか相続税とか)

 

どれも生活に関わってくる範囲なので、勉強しておくと日常に大きく役立ちます。

確定申告とか株の投資なんかをちょっとやったことのある人なら3級ならあまり勉強しなくても合格できるかもしれません。

また、知識が無くても記憶力の高い若い人なら1週間の勉強でも十分合格のチャンスはあります。

計画的にお金を使えるようになる

知識があれば無計画な破産みたいなのを避けられる可能性は高くなります。

無茶な住宅ローンを組んで返済が苦しくて火の車になる・・・みたいな社会人の話はよくあります。

見切り発車で住宅ローンを組む前に、プランを立てたほうがいいわけです。

 

相続などの細かい計算はプロに任せるとしても・・・ファイナンシャルプランナー3級程度の知識があれば無茶な投資やローンで痛い目を見る可能性はだいぶ下がります。

投資の知識はこれからは必須!

金利って何?利回りって?

こういった言葉も少し知っておくと人生に役立ちます。

なんか難しそうな言葉・・・と感じるのは勉強したことがないからです。

向き不向きはあるでしょうが、波動や複素数の勉強より遥かに簡単だと思います。

 

昔は銀行に預けるだけでお金がどんどん増えたので団塊の世代の人たちは銀行預金が大好きですが、今は銀行に預けてもお金は増えません。

 

投資は危険!

という考えは無計画なFX投資とかで破産した人のイメージによるものが大きいでしょう。

国債など比較的低リスクの投資も世の中には存在します。知っておいて得なことがいろいろ学べます。

FP3級の勉強におすすめのテキスト!

とりあえず興味を持ったから読んでみるか・・・という人に個人的におすすめなのがこれ!

短時間で丸暗記して合格を目指すならスッキリわかるシリーズのほうがいいと思います。

しかしこちらは用語をていねいに解説してくれているので仕組みを理解するのに向いています。

 

「FPうかる先生」という変な名前の先生と教え子の夫婦がバランスよく登場するので読み物として気軽に読むことができます。

それなりに分量もあり専門用語も出てきますが、図も多くてわかりやすくなっています。

資格を取るつもりではない人も、読み物として持っておくだけで役に立つと思いますぞ!

たぬきのまとめ

私はもうちょっと早く投資をはじめておけばよかったなあと後悔しています。

 

FP3級は生活に必要なお金の知識をまとめて勉強できる資格です。

世の中のお金の流れに興味を持ち始めた学生さんには、一番いいんじゃないでしょうか。

あと、独立して現実を知り始めた新婚さんにもおすすめですな。

 

たぬきんぐはときどき投資記事も書いています。仮想通貨は壊滅しました。

米国株は少額から資産運用を始めやすい

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)って何?

【米国株】医療用大麻メーカーTilray(ティルレイ)の株の買い方