たぬレビュー

フランス発、世界中で人気の知育ゲーム【KATAMINO】をやってみた

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

フランス発、世界中で人気の知育ゲームKATAMINOを遊んでみました。

子供の教育にも大人の脳トレにもバッチリのゲームですじゃ!

これは超おススメですぞ。

 KATAMINOの説明

3~99歳という年齢設定が書いてあります。幅広い年齢層向きのゲームという自信が伺えますね。

木のボードの上にブロックを並べて遊びます。ペントミノという正方形5つを組み合わせた形のブロックが12個(12種類)含まれています。これを組み合わせて遊ぶパズルゲームです。

 

豆知識ですが、ペントミノの”ペント”というのは5つのという意味の接頭語です。

つながっている正方形の数に合わせて”ドミノ””トリオミノ””テトミノ””ペントミノ”と名前が変わっていきます。

お父さんお母さん世代ならテトリスというゲームを知ってる人も多いでしょう。あのテトリスのブロックより一つ四角が多いブロックです。テトリスでつかわれているブロックは”テトミノ”と呼ばれます。

 

いくつかの遊び方があり、二人用で遊ぶ陣取りゲームみたいなルールなどもありますが、主な遊び方は一人用のパズルゲームです。

どんなゲームか簡単に説明する

ルールブックには500問のクイズが入っています。

「この3つのブロックを使って3列埋めてね」「この7つのブロックを使って7列埋めてね」

みたいな問題なので、問題自体は簡単に理解できます。

上の画像は一番簡単な「スモールスラム」という問題の中でも一番簡単な3列埋める問題を解いた画像です。

これは6歳の娘が解きました。

これは別の問題の4列埋める問題を解いた画像です。これは妻が解きました。

5個以上になってくるとかなり難しくなってきますね。

 

たぬきんぐはどうだったのかですと!?

いやー、パズルゲームというのは難しいですのう。

小さい子供は積木として遊ぶこともできる

2歳の子にはルールが難しかったのですが、積木として並べて遊んでおりました。

写真を撮ろうとしたら崩しおったので、KATAMINOの画像を載せさせていただきますが、小さい子は小さい子なりに並べて遊びます。

複雑な形なので乗せるのに苦労していましたので、立体感覚や平衡感覚が鍛えられそうです。

 

ルールブックに3歳~と書いてあるのは飲み込む子がいるからでしょう。飲み込めるサイズなので小さい子供に遊ばせるのはおもちゃを口に入れなくなってからにするべきでしょうね。

空間処理能力と算数の論理的思考が磨かれる


カタミノ KATAMINO 正規輸入品(広告)

空間処理能力が磨かれる

テトリスのようなテトミノを使うゲームと比べて正方形の数が多く、さらに表と裏で形が変わるブロックもあるため並べる難易度は高くなっています。

繰り返し遊ぶことで空間処理能力が磨かれます。空間処理能力を磨くことはは学校の数学はもちろん、運動においても大きなメリットがあります。一流のサッカー選手がドンピシャのロングパスを送ったり、テニスプレイヤーが見事なロブを打ったりするのは空間処理能力があってこそです。

絵がうまい・運転がうまい・道に迷わない 等々、空間処理能力が高いことによるメリットは非常に高いです。

論理的思考が磨かれる

「このブロックをここに置くとこっちのブロックが置けなくなるから・・・」という風に、論理的に考えていかないと解けないため、自然に論理的思考が身についていきます。

これからの時代は論理的思考がますます必要になってきます。とはいえ数学の証明問題ばっかり毎日解くのは苦痛でしかありません。遊びながら自然に身につくゲームはありがたいですね。

たぬきのおススメポイントまとめ

ゲームの難易度はブロックを増やすにつれどんどん難しくなるのですが、ルールが簡単なので誰でもすぐに始められるのが素晴らしいです。久しぶりに会った孫と遊ぶ、おじいちゃんと遊ぶにもすぐにルールを覚えられることは非常に大事です。

 

また、どの世代でも楽しく遊べるというのもメリットでしょう。子供だけ楽しめるゲームや大人だけ楽しめるゲームはいくらでもありますが、3~99歳向きと言い切るこのゲームは誰でも遊ぶことができます。簡単一本道の子供向けテレビゲームとは違う奥深さがあります。麻雀のように点数計算が難しく子供が始められないということもありません。

 

気づいたら遊び続けてしまうのがデメリットというところでしょうか。子供が遊んでいても横から手を出したくなってしまいます。

持ち運びが便利な小型のカタミノポケット KATAMINO Pocketも売っているようです。

KATAMINO、お勧めですぞ。