神経内科と精神科の違いを分かりやすく説明

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

病院を受診するとき、どの科を受診したらいいか悩みますのぅ。医師の私でも迷うときがあります。

神経内科と精神科、それに心療内科という言葉は一般の方には似たようなものに聞こえるそうですのぅ。特に神経内科と精神科は全く別物なので、ここで簡単に説明しておきますぞ。

神経内科とは

神経内科は脳・筋肉・神経などに起こる病気を扱います。

脳梗塞やパーキンソン病、認知症、てんかん、ギラン・バレー症候群などが一般的によく聞く病気でしょうか。多発性硬化症や重症筋無力症など、難病指定されている病気も多い科です。これらの病気は神経内科が専門です。

めまいや頭痛などで悩んだ時にも、神経内科に行くと良いでしょう。(めまいは耳鼻科との境界領域なのでどちらでも良いと思います。)

脳腫瘍や脳出血など手術が必要な場合は脳神経外科(脳外科)ということになります。消化器外科と消化器内科があるように、脳神経の内科が神経内科です。

多少大雑把な説明になりますが

脳や筋肉、神経に異常があることによって体が困っているときに受診する科=神経内科

だと考えればいいでしょう。

精神科とは



精神科は心の病気を扱う科です。うつ病や統合失調症、ADHDや自閉症などは聞いたことのある方が多い病気でしょう。薬物中毒なども精神科で診ることが多いです。

昔から「心の病」だと思われていたものは精神科になります。なんとなく「気の持ち方でどうにかなりそう」だと思われがちなものは精神科の疾患というくくりになります。脳のホルモンの異常などが原因の場合もありますが、科の分け方は昔からの住み分けなので新しい知見によって急に科が変わるわけではありません。

認知症やてんかんなどは精神科でも診る病気です。

心療内科とは

建前上、心療内科というのは精神的な問題と身体的な問題の両方を抱えた病気を診る科です。摂食障害による体調不良などがイメージしやすいでしょうか。

ただし現実は建前とは少し違います。

一番多いのは「精神科と聞くと通いにくい・・・けど心の悩みを診てもらいたい」という層をターゲットにした通いやすい精神科です。うつ病などが一般に知られていなかった時代、精神科に通うのは周りの目が気になる時代があったのです。(昔ほどではないですが現在も偏見が残っています。)

一方、内科医が精神科的な知識を勉強して心療内科を名乗るケースもあります。こちらの方が心療内科の本筋だとは思いますが、割合としては少ないです。(心療内科専門医という資格もありますが、2017年現在で118名と少なく、実際に見かける心療内科の数からはかけ離れています。)

ほとんどの場合、標榜科が「心療内科・精神科」だったら精神科が、内科・心療内科」だったら内科が専門です。内科が専門の場合でも神経内科とは関係ない場合も多いですぞ。

たぬきのまとめ

手足に力が入らない、動きにくいなどの症状は神経内科。

気分がしんどい、変な声が聞こえるなどの症状は精神科です。

この二つ以外を受診する方がいい場合もありますのでご注意くだされ。

例えば子供が発達障害かも?というときはかかりつけの小児科に相談するのもいいでしょう。

病院選びは常に難しいですが、各専門家の得意苦手を知っておくと受診のときに役立つかもしれませんのぅ。困ったときはまずかかりつけ医に相談するのも一つの手ですぞ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!