電子タバコはネズミの健康に悪いらしい

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

この記事は2018年に発表された比較的新しい医学論文の紹介ですぞ。

電子タバコと健康について

電子タバコは新しい商品なので健康被害が人間に起こるかどうかははっきりしたことは不明です。科学的に証明されていないのですじゃ。肺がんなどの病気が増えるかどうかは喫煙者の皆様でこれからわかっていくということです。

ちなみに日本呼吸器学会の見解はこちら。

日本呼吸器学会は、
非燃焼・加熱式タバコや電子タバコについて以下のように考えます。
1.非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの使用は、健康に悪影響がもたらされる可能性がある。
2.非燃焼・加熱式タバコや電子タバコの使用者が呼出したエアロゾルは周囲に拡散するため、受動吸引による健康被害が生じる可能性がある。従来の燃焼式タバコと同様に、すべての飲食店やバーを含む公共の場所、公共交通機関での使用は認められない。    日本呼吸器学会から引用
エアロゾルという単語は少し聞きなれないかもしれませんな。一応こちらの記事で少し説明しております。

今回の新しい論文

今回見つけた論文は2018年のタバコに関する論文。なるべくわかりやすく要約しますぞ。(というか細かい研究内容は筆者もわかりません。)

論文原著はこちら。英語ですじゃ。(LEE, Hyun-Wook, et al. E-cigarette smoke damages DNA and reduces repair activity in mouse lung, heart, and bladder as well as in human lung and bladder cells. Proceedings of the National Academy of Sciences, 2018, 115.7: E1560-E1569.)

PNASというそれなりにレベルの高い雑誌に載った論文です。

概要を説明

人体実験ではなくネズミにタバコを吸わせます。人間の10年に相当するのはネズミの3か月。ということで12週ほど。

すると肺・心臓・膀胱でニコチンの代謝産物でDNAにダメージが与えられたことを示す物質やネズミにおける発がん性物質が見られたということです。また、肺でのDNAの修復活動も減ったらしい。

DNAが損傷を受けるということは一般的には癌になりやすくなるということとイコールですので、論文の筆者も

・肺がん

・膀胱がん

・心臓病

といった病気になることに電子タバコが影響する可能性があると説明しております。

研究の限界

ネズミの体に悪かったからと言って必ず人間にとって悪いとは限りません。限りなくグレーではあると思いますが・・・。

犬が玉ねぎを食べたら死んでしまうように、同じ哺乳類でも絶対一緒とは限りません。

電子タバコが体に悪いとしても、それが紙タバコと比べてどのくらいなのか。ほんの少しなのかほとんど変わらないのか・・・というところもまだまだこれからデータが出てくるのでしょうなぁ。

たぬきの考えとまとめ

国内では輸入しない限り電子タバコはニコチンを含まないらしいので、加熱式タバコと読み替えた方が現実に近いかもしれませんな。

もちろんニコチンを含まない製品も・・・化学物質をエアロゾル状にして吸うことが本当に問題ないのかどうか、よく考えてみてから自己責任で吸うべきでしょう。

禁煙に興味のある方は禁煙外来がおススメですぞ。外来費用はそこそこかかりますが、タバコ吸うより結局安くなりますしのぅ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!