自分探しの旅は無駄?上手に計画すれば少し見つかるよ

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

15年ほど前に1度だけ、当時流行していた「自分探しの旅」をしました。

自分探しの旅は役に立たない?



「本当の自分を探す」とは何なのでしょうか。

ふわっとしていて曖昧な目的と、旅行をするだけで自分が大きく変われるという甘い希望。

自分探しの旅は無駄だと言われがちです。

しかし、計画した時点で旅行の予定の中に結構自分の性格が出ているものです。

しかし、自分探しの旅に大きなものを求めている人は多かったように思います。

たぬきんぐもスーパーパワーアップすることを期待して旅に出ました。

たぬきんぐ、自分探しの旅を計画する

当時大学生だったたぬきんぐ。

人間関係や将来の仕事など、人並みに悩みを持っていました。

そこで流行の自分探しの旅をやってみようと考えたのです。

ここも嫌、あそこも嫌だ!?

たぬきんぐは大金持ちではありませんので

<<世界一周旅行!!>>

に少し憧れていたものの現実的な理由から却下。

・お金がかかる国は無理

・ワニや蛇が出そうな国はいや

・言葉の通じない国はちょっと・・・

・インドは下痢しそうだからやめとこう(赤痢になった知人がいたので)

などといろいろと理由付けして海外旅行はほとんど却下してしまいます。

国内でも、お金がかかるところはちょっと・・・

たぬきんぐは北海道が好きなのですが、その頃貯金がなくなっていたため却下。

というか、そもそも贅沢するような予算がなかったので長距離の旅行はアウトになります。

今思うとせめてお金貯めてからやるべきだったのかのぅ・・・。

とはいえ日帰りだと自分探しの旅なのか何なのかわからないので、せめて一泊はしようと決意。

宿泊はネットカフェに決定します。2泊はツラいので1泊に決定!

関西に住んでいるので、西なら広島、東なら静岡あたりが限度という何とも微妙な旅行になります。

小学生の修学旅行レベルですな。

広島には修学旅行で行ったことがあったので、静岡に行くことにしました。

たぬきんぐ、旅行に行く

プチ贅沢をする

ひつまぶし詰合せ

関西から静岡に行くまでには、名古屋を通ります。

一度食べてみたかったので名古屋でひつまぶしを食べることにしました。

会社員が来るような3千円くらいする店でドキドキしながら一人でひつまぶしを食べます。

美味い!!

ちなみにこれが旅行中唯一の贅沢でした。

静岡での食事は牛丼などの質素なものになりました。お金なかったので仕方ない。

静岡に到着!

富士山!!

新幹線からしか見たことのない富士山を、車の中からゆったり見ることができます。

せっかくなので、ぼーっと1時間ほど富士山を眺めました。

富士山に飽きた後のが昼の4時ごろ。

その後浜松に移動して浜松城を見ることに決めますが・・・

当たり前のように閉店している浜松城。

そうか、城って夜は開いてないのか・・・。

薄暗くなった夜に牛丼を食べ、ネットカフェに入ります。

一人旅、終了!w

翌日は再び静岡に行き、茶そばを食べて帰りました。

お土産は定番のうなぎパイにしました。

残念ながら期待していたスーパーパワーアップは実現しなかったようです。

自分探しの旅で見つかったもの!

スーパーパワーアップは望めないという残念な現実

ひつまぶしを食べて
富士山を眺めて
ネットカフェに泊まる

これだけのことで大きく人間が変わるわけはありません。

当たり前ですな…。

実は計画している時点で結構自分が見つかっている?

たぬきんぐの性格と「当時の自分」は旅行を予定した時点で見つかっています。

言葉の通じない国は行きたくない → 石橋を叩いて渡る性格

ワニは嫌、下痢も嫌 → リスクを負うのを嫌う

北海道は無理、東北も沖縄も無理 → お金がない

ひつまぶしを食べたい → 社会人に対する憧れ

宿泊先を決めたくない → 自由人、予定に縛られるのが嫌い

おまけ:浜松城が閉まっていた → 計画性のなさ?

などなど、実は計画した時点で結構自分が見つかっていたのです。

そのことに気づいたのは少し後の話ですが…。

当時は何もパワーアップしてないじゃないかと残念がってました。あほすぎる・・・。

たぬきのまとめ

実は自分探しの旅は、計画した時点で自分の性格が結構出ると思います。

例えば、自分探しの旅のスケジュールを他人に任せるなら・・・かなり他人に依存する性格でしょう。

悩みのある方は気晴らしも兼ねて、一度くらいは行ってみてもいいと思いますぞ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!