るろうに剣心

【十本刀】破軍を考察!不二やせすぎ疑惑【るろうに剣心】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

恒例の(?)るろうに剣心記事ですぞ!

破軍を考察します。才槌はあっさりやられたので主に不二を…。

(るろうに剣心12巻、15巻からコマの引用をしています。)

破軍(乙)・不二はデカい!

身長840cm、体重1280kgという巨体。

破軍の不二は初登場時は足を縛られた格好で登場します。

なぜか縛られて登場しています。

化け物のような姿で登場しますが実際は巨体の人間です。

圧倒的パワーを見せますが剣心の師匠に敗北します。

不二やせすぎ疑惑

公式データによると不二の身長は840cm。ちなみにキリンの高さが5m程度。デカいですな。

そして体重1280kg。1トン超えです。

・・・しかしこの体重はどうなのでしょうか。

不二のBMIを計算する




BMI(Body Mass Index)というのは人間の肥満度を調べるための指数で、病院などでよく使われている指数です。

体重(kg)÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

という式で求めます。

例えば170cm 60kgの人なら

60 ÷ 1.7 ÷ 1.7 = 20.8

となります。

一般的にBMI=22が標準体重と言われ、大きい数字になるほど太く、小さい数字になるほど痩せていることがわかります。

 

さて、不二を計算します。

1280 ÷ 8.4 ÷ 8.4 = 18.1

と、標準体重より少し低い数値がでました。

この値は浅田真央や安藤美姫といったフィギュアスケート選手の数値よりわずかに痩せています。

やせ形のファッションモデルより少し高い程度です。

なんだ、ちょっと痩せてるだけじゃんか!と思った方、すこしお待ちくだされ。

BMIには少し問題点があるのです。

不二はもっと痩せている!?

BMIは一般的に背の高い人ほど大きな値がでます。

背が高くなると人間は3次元的に大きくなるにも関わらず、BMIは体重の2乗で割るからです。

身長170cm付近の人を計算するのには問題ないのですが、

2mの人が BMI22=88kg というのはやせ気味と考えるのが一般的です。

 

つまり、不二は実際のBMIよりさらに痩せていると考えられます。

同じくらいの大きさの動物と比べてみる

身長8mで二足歩行の動物というのはなかなか見当たらないのですが・・・

1万年ほど前まで存在していたメガテリウムという動物がちょうど身長8mくらいになったと言われています。(リンク先はwikipedia)

メガテリウムは太古の巨大ナマケモノで、二足歩行していたと考えられています。

その重さは3トンと予想されており、不二の倍以上です。

通常の人間を840cmに拡大して計算してみる

168cmの人間を用意します。体重は標準体重の62kgとしましょう。

これを840cmに拡大してみると・・・

体積は 高さ×奥行×横幅 なので

125倍になります。

これを62kgにかけると 62×125=7750(kg)

となります。不二の約6倍ですな。

不二は京都で戦うと明らかに不利

不二はかなり痩せているということを解説したところで。

そもそも京都編での不二はかなり不利な環境で戦っていたということを解説しましょう。

不二と京都と北海道とベルクマンの法則

ベルクマンの法則をご存知でしょうか。

寒い地域の動物のほうが大きいというアレです。

一般に暑い地域では体温を下げるために体が小さいほうが有利で、寒い地域では体が大きい方が冷えにくいため有利なのです。

 

不二は体が大きいため体積が大きくなりますが、体表面の大きさは体積ほどではありません。

おおざっぱに言うと、不二の体積が一般人の125倍だとすると体表面は25倍にすぎないのです。

つまり暑いと熱がこもってしまい、体表面と比べて体が大きすぎて十分汗をかけないのです。

夏の京都は最悪の暑さなので、不二にとっては立っているだけでもしんどかったでしょう。
当時の京都のデータはありませんが、1878年の東京の気温を見ても決して低くはありません。

初回の京都焼き討ちに参加しなかったのも納得です。

少なくとも炎天下での長期戦は不可能でしょう。

 

逆に言うと、寒い地域に行けば不二の長所は存分に生かすことができます。

北海道では強いはず・・・!?

つまり不二の敗因は。

不二の一番の敗因はガリガリだったこと、これにつきます。

食事量が多すぎて志々雄一派にとって負担になっていたのかもしれません。あるいは夏の京都は不二にとって食欲が落ちるほどつらい環境だったのかもしれません。

 

そして京都は暑いです。

不二にとっては毎日が憂鬱な暑さだったことでしょう。

おまけ:才槌の話

倍率ドン!更に倍!!の元ネタは見たことがない人が多いと思います。

昭和の大司会者、故大橋巨泉さんのセリフが元になっています。

クイズダービーという番組で本物の倍率ドン!更に倍!!を聞くことができました。(下の動画の20秒あたりから聞くことができます。)

倍率ドン!更に倍!!では最高で20倍になることも合わせて知っておきましょう。

たぬきのまとめ

あれだけ大きいと首や腰にも負担がかかりそうですのぅ。

やせすぎているとはいえ、あまり太ると負担がつらくて歩けないのかもしれません。

 

ベルクマンの法則を考えると、北海道編では活躍が期待できますな!?

るろうに剣心の考察(?)記事、大人気です

隠密御庭番衆のギスギスした人間関係を暴く【るろうに剣心】

月岡津南がいかにヤバいか説明しよう【るろうに剣心】

高荷恵がどう凄いのか説明しよう【るろうに剣心】

【るろうに剣心】有能?無能?斉藤一を徹底考察!

【先生】石動雷十太が奥が深すぎるので考察【るろうに剣心】

たぬきんぐは、町の本屋を応援しています。ネットで買いつつ本屋を応援!

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう