高荷恵がどう凄いのか医師が解説する【るろうに剣心】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

るろうに剣心の「高荷恵」という医者キャラクターを考察します。

医療ドラマや医療漫画などを見る方の中でも何が行われているか細かく理解できる方は多くないでしょう。専門的知識も交えながら、なるべくわかりやすくその凄さを紹介しますぞ。

考察にあたってコマの引用をるろうに剣心3巻からさせていただいております。

高荷恵のキャラクター紹介

高荷恵は「武田観柳」という阿片密売商人に監禁され、阿片製造をさせられていた医者です。逃げ出して主人公達に助けられますが、武田の雇った忍者部隊(?)隠密御庭番衆が奪還にやってきます。

御庭番衆の考察記事はこちらからどうぞですじゃ。

ストーリーを簡単に説明

御庭番衆「癋見(べしみ)」がネジで高荷恵を攻撃してきたものの、道場の少年「弥彦」君がブロックします。

弥彦が突然倒れ、ネジに毒が塗ってあったことが判明しますのじゃ。

ドヤ顔で毒を使ったと表現する癋見。こいつを捕まえて何の毒か聞きださないといけないのですが・・・。

がべっ!!

うっかり鉄の刀でぶちのめしてしまう主人公。癋見をとらえようとしますが癋見の仲間「般若」に癋見を回収され逃げられてしまいます。

・・・仮に捕らえても白目向いてたし解毒方法しゃべらせるなんて無理ですじゃ・・・。切ってないと言っても鉄の刀で殴ったらビール瓶どころではないですからのぅ。

高荷恵は弥彦の症状から毒の種類を推定し、治療薬の指示を出します。

指示された通りの薬を用意した町医者が治療して弥彦は元気になりました。めでたしめでたしですじゃ。

・・・本当にこんなにうまく行くのでしょうか。この時代に?

曼陀羅葉の毒!とは何なのか

曼陀羅華(マンダラゲ)という名前で呼ばれることもありますが、植物の名前はチョウセンアサガオです。

世界初の麻酔薬に使われていたこともあり、日本麻酔科学会のシンボルにも使われている花が曼陀羅華ですじゃ。

曼陀羅葉というのは曼陀羅華の葉っぱのことらしいですぞ。

チョウセンアサガオ中毒といえば現代的かもしれませんな。

チョウセンアサガオ中毒とは

細かい薬理作用は説明できませんしませんが、「抗コリン薬中毒」という症状になります。アトロピン、スコポラミンといったチョウセンアサガオの有効成分が効きすぎるために起こる症状です。(アトロピンは現代でもよく使われる薬です。)

瞳孔が開くのは抗コリン薬中毒の特徴の一つです。高荷さんの要所を押さえた診断能力の高さが伺えますな。

詳しくは日本中毒情報センター様でどうぞ。

チョウセンアサガオ中毒は現代でも時折見られます。

葉をモロヘイヤと間違えたり

根をごぼうと間違えたり

チョウセンアサガオに挿し木したナスを食べてしまったり等。ご注意くだされ。

なぜ癋見は毒にチョウセンアサガオを選んだのか

チョウセンアサガオは自白剤として使われることがあったと言われております。忍者なら自白目的で在庫を持っていたのかもしれませんな。

暗殺目的なら、トリカブトのほうが明らかに危険なのでそちらを選ぶと思うので、そこまで殺意はなかったんじゃないかと思いたいですなぁ。

もちろん癋見が間違えただけだったりトリカブトは在庫が切れていたのかもしれません。

当時の医療で治療は可能なのか

そもそも現代ではどうするのか




チョウセンアサガオの中毒には「フィゾスチグミン」という薬が拮抗薬になります。(解毒と拮抗は厳密には違うのですが、説明すると長くなるので割愛します。)

フィゾスチグミンは欧米では使われる薬ですが、日本では販売されていません。フィゾスチグミンより新しいネオスチグミンという薬が使われるためですが、他の用途がメインです。

チョウセンアサガオ中毒にはフィゾスチグミンのほうが優れています。

そのため現代日本ではチョウセンアサガオ中毒を治療する場合は対症療法が中心になります。対症療法というのは熱に対して熱を下げる薬を使ったり血圧が下がったら上げる薬を使ったりと、症状に合わせた薬を使うことですじゃ。

欧米だとフィゾスチグミンを使うこともあるようです。(論文:Burns, Michael J., et al. “A comparison of physostigmine and benzodiazepines for the treatment of anticholinergic poisoning.” Annals of emergency medicine 35.4 (2000): 374-381.)

フィゾスチグミンの歴史

フィゾスチグミンはアフリカ西部ナイジェリアにあるカラバルの豆、「カラバル豆」から発見された成分です。発見されたのは1864年

明治時代が1868年からなので、その4年前には見つかったということになりますのぅ。るろうに剣心の時代は明治10年代なのですでに使用可能ということになりますな。

アフリカのカラバルから豆を持ってくることができれば、弥彦は治療可能ということですじゃ。

アフリカのカラバル豆は日本に存在するのか

あの爺さんにナイジェリアまで行ってもらうわけにはいかないので、カラバル豆は日本にないと困ります。

さすがに無理じゃ・・・?と思っていたのですが。

調べてみましたぞ。明治時代の医療を。歴史を。

我が家の古文書。明治4年の「海軍軍医寮薬局方」。当時の西洋医学の薬はここに載っているはずですじゃ。

パラパラとめくってみると・・・。

・・・ん?

カラバルビーン!!

なんと、この時代にはすでにヨーロッパからカラバル豆が輸入され日本で使える状態だったということが分かったのですじゃ!

これならあの老医も持っていたかもしれないし、当時の東京なら探せば見つかったと考えて間違いないですのぅ。

たぬきによる高荷恵のすごさまとめ

診察して瞬時に抗コリン薬中毒であると判断する診断能力の高さ。

剣心・薫・佐之助に対する冷静な指示出し、統率者としての能力。

薬剤に対する理解力等。

これは紛れもなく一流の医者ですじゃ。

・・・なぜ作者(編集者)?はチョウセンアサガオをカラバル豆で拮抗するという壮大なストーリーを見つけることができたのかのぅ。設定の細かさが読んだだけではわからないのがもったいないですじゃ!

るろうに剣心の考察(?)記事、大人気です

隠密御庭番衆のギスギスした人間関係を暴く【るろうに剣心】

月岡津南がいかにヤバいか説明しよう【るろうに剣心】

たぬきんぐは、町の本屋を応援しています。ネットで買いつつ本屋を応援!

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!