月岡津南がいかにヤバいか説明しよう【るろうに剣心】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

るろうに剣心の解説(?)記事、第三弾!

みんな大好き月岡津南さんにスポットライトを当ててみますぞ!

画像、コマはるろうに剣心6巻、8巻、12巻から引用させていただきます。

月岡津南とは?

真ん中が津南

剣心の友人・左之助が赤報隊というグループに入っていた時の仲間が月岡津南です。本名は月岡克浩(かつひろ)。

明治政府に恨みを持っており、絵師として働きながら10年かけて炸裂弾を製造します。

いかにもボンバーマンという感じの爆弾。

この爆弾を使って国家転覆を狙うも、剣心に見つかってしまい戦う羽目に。

これでもかと爆弾を投げつけますが、導火線を切られて敗北します。

炸裂弾は剣心に没収されどこかに埋められてしまいます。

これでめでたしめでたし・・・?

炸裂弾を魔改造する月岡津南

志々雄真実という日本征服を企む悪役を倒しに京都に行く剣心。

その剣心を追いかけるために京都に行こうとする左之助に、月岡津南さんは餞別を渡します。

護身用と言ってますが、明らかにヤバそうな新型・・・。剣心に対してもチャンスがあれば仕返しを企んでいたのかもしれませんのぅ。

さて、そんな爆弾を使う場面がやってきました。

志々雄真実の甲鉄艦、煉獄ですじゃ・・・!

ちなみに甲鉄艦が敵の砲撃の攻撃に耐えられる装甲を持っていたことから、それを撃ち抜く強力な砲を作る大艦巨砲主義が流行したという歴史があるようです。

おそらくアームストロング砲の攻撃などは煉獄なら耐えてしまうでしょう。

炸裂弾の破壊力

片手に3つ持てる爆弾で・・・

コン。

あまりの爆発力に、鉄の装甲がはじけ飛んでいます。

オーパーツ・・・!!これは間違いなくオーパーツですじゃ!!

船が内側から溶け出ているようにも見えますな・・・。1発目で装甲が破壊され、2発目以降で内側から破壊されたということでしょうか・・・。

もちろんこの後煉獄は沈みます。

左之助一人にやられたわけではないと語る敵のボス志々雄。

当たり前ですじゃ!

どう考えてもあの爆弾を作った奴がヤバいわけです。

爆弾は船に飛び乗った剣心が置き逃げしてもいいわけで、要するに

月岡津南にやられたわけです。

残念なことに、この後

「あの爆弾を作ったのは誰だ・・・」みたいなセリフは敵側からは一切聞こえません。

ちなみに月岡津南の炸裂弾がなかった場合、おそらく剣心御一行はここでゲームオーバーでした。

番外編:それはダメだよ斎藤君

炸裂弾をもらった左之助にイチャモンをつけてケンカを吹っ掛ける斎藤君。

ダメじゃ!そいつをそれ以上殴ったら・・・

爆発してしまう!

たぬきのまとめ

要するに。月岡津南はヤバい。ということですじゃ。

るろうに剣心の考察(?)記事、大人気です

隠密御庭番衆のギスギスした人間関係を暴く【るろうに剣心】

高荷恵がどう凄いのか説明しよう【るろうに剣心】

たぬきんぐは、町の本屋を応援しています。

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!