【るろうに剣心】有能?無能?斉藤一を徹底考察!

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

久々のるろうに剣心徹底考察です。

人気キャラ、斎藤一は有能イメージがなぜか強いですが、よく見てみるとそんなことはありません。

むしろ小物なのでは・・・。

(画像はるろうに剣心7巻、8巻、9巻、11巻、12巻、14巻、28巻から引用しています。)

斉藤一登場!剣心のライバル!?小物エピソード

警視総監に剣心の強さを調べてくるよう任務を受けた斉藤。

友人の左之助がやられ動揺しているところを、さらに暗殺者を差し向けられ倒してきた剣心。

そこをベストコンディションで出迎えます。

同居人が警察相手に油断するのはお前が悪い

警官相手に油断した同居人を俺はいつでも殺せるが、殺される状況になっているのはお前が悪い

などと言う意味不明な理由で剣心を偽善者扱いする斉藤。

コンディション万全で出迎えたにも関わらず若干押され気味の斉藤。

剣も折れ、素手対鞘という終盤戦になったところで警視総監の一声で戦いはストップ。

「そこそこいける模様」などと言うおおざっぱな報告のみで去っていきます。

斉藤VS左之助!弱い者いじめと見る目のなさと

国家転覆をたくらむ志々雄一派を倒すため、東京から京都に向かう剣心。

仲間に危険が及ばないよう一人で旅立ちます。

こそこそと弥彦のあとを追いかける斉藤

剣心を追いかけるため月岡津南に旅費をもらいに行く左之助。

そこにわざわざ弥彦をストーキングしてまで登場する斉藤。

お前は弱いから来るなと言いつつ、貴重な戦力になるはずの左之助をボコボコにします。

関連記事:月岡津南がいかにヤバいか説明しよう

間違えて炸裂弾を殴ったらゲームオーバーの戦い

もちろん斉藤は一人で戦うつもりではありません。

軍と警察から選りすぐった50人の精鋭たちがいたのです。

彼らがいるからこそ、左之助が来る必要はないのです。

しかし選りすぐりの精鋭「志々雄討伐隊」は残念ながら・・・

宇水さんに一晩で壊滅させられてしまいます。

手駒のほとんどを失う斉藤。見る目なさすぎる。

みすみす志々雄を逃がしてしまうチキン

東京から京都に向かう途中、新月村で志々雄一派と出会う剣心と斉藤。

村の統治者”尖角”を剣心に倒してもらう斉藤。

尖角のスピードに「速いな」と本音が出る斎藤

尖角を剣心が倒したことにより・・・

志々雄の戦力は

志々雄本人 + 十本刀最強の瀬田宗次郎

のみとなります。

そして剣心と宗次郎が戦うことになります。

堂々と撤退する志々雄。

腕組みする斉藤。

追いかける気ゼロの斉藤

斉藤さん、どう考えてもあなたの相手が志々雄なのでは…。

志々雄達も逃がしちまったしな

どう考えてもお前のせいです。操が怒るのもごもっとも。

お笑い草の対煉獄戦

おかしいな、おかしいなと考えつつも答えの出ない斉藤に対して志々雄の狙いが東京砲撃であるとすぐに推察する剣心。

出し抜かれるところだった斉藤。

動きの遅い斉藤は剣心にせかされ一行は急いで大阪湾に向かいます。

馬が偉いのです。斉藤ではない。

ものすごい速さ!の馬車。

もちろん偉いのは馬と御者です。勘違いしてはいけません。

志々雄の船が甲鉄艦だとわかったとたん、「鉄切れますか?」と剣心に頼り始める斎藤。

剣心が無理なため、あきらめて左之の爆弾に頼ることにします。

銃砲を引き付けるといったん約束するが・・・

剣心と斉藤が敵の銃弾を引き付けることになっていたはずなのですが

全くひきつけない剣心と斉藤。

ドヤ顔で登場する斉藤。約束は?

当然狙われる左之助。ひどすぎる。

左之助はガトリングガンで滅多撃ちに・・・。

その後左之助の大活躍により甲鉄艦は壊滅。

斉藤は志々雄と向き合います。

比叡山での決闘を申し込まれるものの

10対3で勝負だ!の志々雄に対して2対2のほうがよくないか?と交渉する斉藤

10対3より2対2がいいわと提案する斉藤。

それなら新月村で戦っておけよ…。

本当は精鋭50人(笑)で取り囲みたかったのだと疑われてもしかたありません。

斉藤は宇水より強いのか?

安慈に左之助が勝てたのは運と油断による部分が大きい。

弥彦や薫が十本刀に勝てたのもかなりの運と油断による部分があります。

どの勝負も10回やれば8回は十本刀側の勝利となっていたでしょう。



では、斉藤vs宇水はどうでしょう。

斉藤だけは実力で勝った?

斉藤だけは強かった?

本当にそうでしょうか?

ティンベーとローチンによる基本戦術の前に牙突はすべて避けられ、足を何度も刺される斉藤。

やられてしまいそうな斉藤。

心理戦に持ち込んだ上で

イライラしてとどめのさし方にこだわった宇水に・・・

とっておきの必殺技「牙突零式」が命中したことによってかろうじて勝つことができました。

斉藤もまた、運よく勝ちを拾ったのです。

VS志々雄、縁一派

次のエピソードのほうが面白いので手短に。

さほどツッコミどころはありません。

志々雄には牙突が通用せずボロボロにやられます。

縁と同志たちとの戦いでは手負いの鯨波に手を取られている間に縁に逃げられるなどの失態もありますが許容範囲でしょう。

そして剣心との最後の戦いへ・・・

縁一派との戦いが終わり、体の不調を感じ始める剣心。

斉藤一に決闘状を送りつけます。

自分宛ての手紙を念のため部下にも読ませる斉藤。

部下にも読んでもらう斉藤 焦っているのか?

ついにやってきた剣心と斉藤の最後の戦いの時・・・。

まさかのブッチ。

ごちゃごちゃと理由を語る斉藤。

決闘を申し込まれたストレスでタバコが止まらない

逃げと感じるかどうかはここまで読んでくれた皆さまの感性にお任せします。

たぬきのまとめ

雰囲気で過大評価される人というのはどの世界にもいるものです。

斉藤さんは・・・評価の分かれるところでしょうな。

るろうに剣心は北海道編も楽しみですのぅ。

無印版をもう一度読んでおくことをおすすめしますぞ!

るろうに剣心の考察(?)記事、大人気です

隠密御庭番衆のギスギスした人間関係を暴く【るろうに剣心】

高荷恵がどう凄いのか説明しよう【るろうに剣心】

月岡津南がいかにヤバいか説明しよう【るろうに剣心】

【先生】石動雷十太が奥が深すぎるので考察【るろうに剣心】

たぬきんぐは、町の本屋を応援しています。

インターネット書店【e-hon】で地元の本屋を応援しよう!

Honya Clubで町の本屋を応援しよう

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!