学研の科学実験教室に娘が通ってるのでレビュー【小学生・幼児の習い事】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

小さなお子様をお持ちの方向けの記事です。

学研の科学実験教室にたぬきんぐの娘が年長の頃から通っております。

わりと面白いらしいので、レビュー記事ですじゃ!

子供を理科好きにさせる授業!



学研は昔からある会社なのでご存知の方も多いと思います。

一昔前は、「学研のおばちゃんまだかな~」というCMもあったので、30代以上の方は親近感のある会社なのではないでしょうか。

そんな学研さんの科学実験教室ですじゃ!

上の画像は娘がもらって帰ってきた空気実験のセットです。

「機械が動くと空気の力でボールを浮かせて~」など、子どもにとっては新鮮で不思議な化学実験ができるようになっています。

こちらは磁石を使った実験セット。ちょっと遊び心のあるおもちゃ風の実験セットで子供の心をわしづかみにするわけですな。

ちなみに実験の後はレポートも書くシステムになっています。

幼稚園児なりに一生懸命レポートを書いておりましたぞ。

年長~小6までが受講できるそうです。

値段もお手頃!

月1回・90分の授業になっていて、2カ月で一つのテーマを勉強します。受講料は1テーマ税別4,000円。

つまり、一回たったの2,000円(税込み2160円)で受けられるというわけです。おもちゃ風の実験道具ももらえて、入会費も無料!

これは安い・・・。

習い事貧乏になりがちな家にはありがたい料金です。

ほぼ全国で通えます

残念ながら2018年現在、島根・愛媛・佐賀には教室がありません。

しかし44都道府県に教室がありますので、身近なところに教室が見つかる可能性は高いでしょう。

詳しい情報は「学研の科学実験教室のホームページ」からご覧くだされ!

たぬきんぐがおすすめする理由!

小さなうちに理科に対する興味を持たせることは、その後の人生において非常に重要です。

そして、化学や物理の面白さは実験をしてみないとわかりません

教科書を読んで、公式を覚えて問題を解いて~・・・

というのももちろん大事ではあるのですが、

根本の面白さに触れておかないと理科の時間が苦痛になってしまいます。

不思議なことを知ることが楽しいうちに、楽しんで勉強してもらうのがおすすめなのです。

そして今は小1~2年生は理科がないのです。小さな子供が理科に深く触れられるチャンスというのは、実はあまり多くありません。

小2までに経験しておけば、理科の授業にもスムーズに入っていけるでしょうし、学校より難しい勉強にも興味を持てるようになるでしょう。

たぬきのまとめ

現代の小さな子が理科に触れられるチャンス!

かつては人気だった学研の雑誌も残念ながら今は手に入りませんしのぅ。

というわけで学研の実験教室はおすすめですぞ。

教室のホームページはこちら。

楽しく遊んで楽しく学ぶ。これが大事です。

将来学校の授業で習ったことをすぐ理解できるか、理解できないか。

こういう経験で差がついてきます。

幼児教育・習い事の記事 書いてます!

【幼児教育】子供に絵画を習わせるメリットとデメリット

【幼児教育】子供にピアノを習わせるメリットとデメリット

【子供・幼児教育】習字・書道を習わせるメリット・デメリット

【子供・幼児教育】スイミングを習うメリット・デメリット

フラッシュカードは詰め込み教育である

プログラマーが作ったプログラミング学習知育ゲームをやってみた

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!