【子供・幼児教育】英会話を習うメリット6つと注意点3つ

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

習い事で最近大人気の英会話。

子供が小さいうちに始めるべきかどうか、悩んでいる人も多いでしょう。

結論としては、小学校に入る前に始めるべきです。

なぜ早めに始めたほうがいいか説明しますぞ!

幼児期に習いはじめるメリット

英語のリスニングは幼児期のほうが育ちやすい



相手の言うことを理解できないと会話にならないので、リスニング能力は重要です。

しかし中学あたりから本格的に英語をはじめると、リスニングで苦労します。

たぬきんぐは帰国子女ですが、残念ながら妹と比べるとリスニング能力がだいぶ劣ります。

兄妹で生活環境はさほど変わらないはずなので、年齢の部分が大きいと思います。

幼児期に聞いていない音は、小学生あたりからだんだん聞けなくなるらしいのです。

他の人の情報を聞いても小1~小3あたりに境目があるような気がします。

絶対音感ほどシビアではないでしょうが、早く始めたほうが圧倒的に有利です。

話す練習は幼児期のほうがスムーズ

日本の小学校に通うと、発表するのが恥ずかしいことのようになっていきがちです。

受け身がちな環境にいったん慣れてしまうと、英語を話すのも遠慮しがちになります。

中学校で頑張って英語っぽい発音をしようとしても、「普通でいいよ」などと先生に言われ気づいたらジャパニーズイングリッシュで答えるようになったりします。

幼児期に始めると無邪気に外国人と楽しく話せるようになります。

話す練習をどんどんしないと話せるようにはなりませんので、小さいうちに習い始めると成長が早いです。

もちろん発音がよくなるのは間違いありませんぞ。

身振り手振りを楽しんで学べる年齢

ある程度大きくなってから英語をはじめると、オーバーな外国人のジェスチャーを真似るのはなんとなく恥ずかしくなってきます。

中学生くらいになると愛想笑いをしながら、ぎこちなくまねをしてしまうようになりがちです。

子供は物まねが得意なので、小さいうちに英会話を始めると自然にジェスチャーが身についてきます。

楽しみつつも、勉強時間が確保できる

当ブログでの記事:「英語は学校の勉強では話せるようにならない 質量ともに不足している」

で説明しましたが、そもそも学校教育では英語の授業料が足りません。

裕福な家庭なら語学留学などもできるでしょうが、なかなか一般家庭にはハードルが高いです。

年間100時間程度でも英語に触れておけば、簡単な単語や文章は覚えられます。きちんと教えてくれる英会話教室で幼児期から勉強すれば、小学生の頃には簡単な英文を読み書きできるようになります。

異文化に触れられる

英会話の良さは英語を勉強できることだけではありません。

会話や本のストーリー、先生から漂う異文化っぽさに触れることも大きな経験です。

「日本人らしさを忘れるのでは」などと心配する人もいますが、子どもは切り替えもうまいのであまり心配しないでいいでしょう。

視野が広くなることはいいことです。

英語に自信が持てるようになる

ピアノやサッカーなどの趣味系の習い事は向き不向きがどうしてもありますが、英語は誰でも努力すれば話せるようになります。

幼児期に英語にしっかり慣れておけば、英語に自信が持てるようになります。

自信が持てれば好きになりますし、好きになったら楽しく学ぶことができます。

幼少時から英語を学ぶときの注意点

セミリンガル(ダブルリミテッド)になりやすい?

ダブルリミテッドというのは例えば・・・

戦争から逃れてきた難民の子どもが日本に住み始めたが

親が病気で亡くなってしまい、出身国の言葉を話さなくなった

日本に住み始めたところなので日本語も不十分

というような人が、どの言葉も十分話せなくなってしまうようなことを言います。

幼児期の英語教育を嫌う人たちは、「英語を勉強すると日本語が不自由になるのでダブルリミテッドになるから習わないほうがいい」といいます。

しかし結論から言うと、あまり気にする必要はないでしょう。

英語が得意な人はたいてい日本語も得意です。

英語を勉強すると国語の成績が下がるから~などと悩んでいる人は見たことがありません。

そもそも日本語しか話せないはずなのに、日本語も不自由な人。たくさんいますからのぅ。

気を付けるべきは

親が家でちゃんと日本語をしゃべること。

親「マイホームはトゥデイからイングリッシュオンリーよ!?」

みたいなのは多分まずいでしょうな。

先生は日本人?外国人?どっちがいい?

「はじめはわかりやすい日本人から・・・」

という考えをする人がいるらしいですが・・・

いきなり本物に触れたほうが絶対良いですぞ!

ネイティブの外国人の雰囲気やジェスチャーを学べるのはそれだけでも大きな経験です。

海外旅行に行って経験させるコストを考えると安いものです。

翻訳ソフトが優秀になるから今後は英語は不要では?



たまに見かけるこの議論、そのうち考察記事を書こうと思っております。

しかし、どちらかというとしばらくは英語がさらに重要になると予想しています。

英語を話せる人は世界中にどんどん増えているので、翻訳ソフトも

外国語→英語

の翻訳を重点的に行う可能性が高いからです。

チップを体に埋め込んで英語とフランス語を脳にダウンロード・・・

みたいなSF映画の時代が来るのはもっと先の話でしょう。

たぬきのまとめ

英語を学ぶことにデメリットはあまりないでしょう。

テレビの影響か、ダブルリミテッドになることを必要以上に恐れている人が多い気がします。

幼児期から無理せず少しずつスタートすればいいと思いますぞ!

日本人が英語を話せないのは勉強時間と方法の問題!

英語は学校の勉強では話せるようにならない 質量ともに不足している

なぜ日本人は英語が話せない?ペラペラの北欧との違い

七田式の英語教材を試してみたので体験談 子供用7+Bilingual

幼児教育・習い事の記事 書いてます!

【幼児教育】子供に絵画を習わせるメリットとデメリット

【幼児教育】子供にピアノを習わせるメリットとデメリット

【子供・幼児教育】習字・書道を習わせるメリット・デメリット

フラッシュカードは詰め込み教育である

プログラマーが作ったプログラミング学習知育ゲームをやってみた

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!