幼児教育

公文式の英語が結構いいのでおすすめ!【習い事・幼児教育】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

夏休みから小1娘が公文式の英語を習い始めました。
元から週1時間の英会話は習っていたのですが、近所の子が公文の英語をはじめたのを見てやりたくなったとのことで…。

公文式の算数と国語はすでに習っていたので試しに追加で習わせてみたところ、かなり良かったのでレビューします。

公文式の英語は特別なペンを使う

公文式の先生って英語喋れるの・・・?
と心配な皆さん。

大丈夫です。

最近おもちゃ等いろいろなところで見かけるようになった音声の出るペン。
公文式の英語用のペンも存在するのです。
これを使って英語の学習をします。

四角の中に触れるとペンがネイティブの発音でしゃべってくれるシステム。

これのおかげで公文の先生がペラペラじゃなくても大丈夫なのですね。

すすみ方は普通の公文式と同じ

自分のペースでどんどん進んでいく公文式の算数や国語と同じで、英語も自分のペースで学んでいくことができます。

娘ははじめてまだ2か月程度なので、まだ書くことはできません。
音声を聞いてまねして喋るのが中心。
試験は聞き取って答えを選ぶリスニングの問題もあったそうです。

最初のうちは聞いて声を出して~という形で進みますが、もう少ししたら書く英語も始まるそうです。

早めに始めると自信を付けられる



英語教育が小学校でも始まりますが、まだまだ手探りというところ。
さらに中学、高校と進んでいくうちに英語が苦手になっていく子は多いものです。

海外の映画やコメディを英語で聞けるようになったら楽しく英語を勉強できるようになっていくのですが、たいていの子はそこまで行く前に苦手意識をもって嫌いになってしまうのです。

英語が苦手になる理由はいろいろありますが、
「授業がわからない」
「成績が悪い」
といったことと無関係ではありません。

早めにはじめておくと得意な状態でスタートできるので圧倒的に有利です。

ちなみにうちの子は国語や算数よりも公文の先生に褒められるらしく、英語にすごくハマっています。

結局、英会話と公文どっちがいいの?

でも、やっぱり英会話のほうがいいんじゃ…と思う方も多いでしょう。
たぬきんぐもそう思っておりました。

娘が公文式をやっているのを見ての感想ですが、

どっちもやる

という選択肢を頭の中に入れておきましょう。

お金がかかる、苦しい…という最大のデメリットにさえ目をつぶれば。
あと、子供にとって負担にならなければ。

・英会話でコミュニケーションの練習、ネイティブの文化に触れる
・週1時間では足りないところを公文で補い、読み書きや学校の英語対策

というお互いのメリットを最大限生かすことができます。

とはいえ、両方習わせるのは親子の負担にもなるもの。
どちらか選ぶなら子供の性格によって決めるのがいいでしょう。

シャイな子は公文式がおすすめ

恥ずかしがり屋さんの子。
グループ授業とかでもなかなか話せず、積極的にネイティブの人としゃべったりもできない子。

もちろん恥ずかしがり屋を克服するために英会話に行く手もありますが、どうしても奥手で話せない子はいるものです。
アメリカにだって恥ずかしがり屋の子はいます。シャイという言葉もあるのです。
全員が明るく元気でヒャッハーなわけではありません。
心配しなくても大丈夫。

輪の中にうまく入れない子だと、グループ型の英会話だとどうしても身につくペースが遅くなってしまいます。
みんなの前で話すのが苦手だけど、英語は身につけたい…という子には、公文式は超おススメです。

うちの子も「聞かないで!」などと言いながら部屋の隅っこに言ってブツブツと英語でしゃべっております。
ひとりで家で反復練習できるのは、真面目で恥ずかしがり屋さんの子に向いています。

英会話はピンキリ

英会話を習っても、楽しく歌ったり遊んだりするだけであまり会話が身につかない教室もあります。
ビジネス的には
「ゆっくりしか上達しない、一生懸命やらなくていい楽なところ」
が、長続きして勝ち組になることもあるのです。

もちろん楽しむことも大切ですが・・・
「英語を話せるようになってもらおうと必死な教室」
と、
「細く長く続けさせてお金をしっかりいただく教室」

のどちらも存在するのです。

あなたの家の近くに人気の英会話教室がない場合は、無理していまいちな教室に通うよりも公文式をやったほうがいいかもしれません。

英会話だけではトレーニング不足になる

ほとんどの英会話教室は週1時間程度になっています。

年間にして50時間程度です。

多少の上達は見込めるものの、はっきり言って時間が全然足りません。
関連記事:英語は学校の勉強では話せるようにならない 質量ともに不足している

英会話だけで英語を話せるようになるのはそもそも無理な話なのです。

たぬきのまとめ

今月も家計は赤字ですじゃ…。
飲み会に参加しなくなって久しく、最近はラーメンすら贅沢品に。

そういう思いをしてでも、子供に英語力は身につけさせたいものですな!

たぬきんぐはアメリカの小・中学校に通った経験があります。英語はだいぶ忘れました。
なぜ日本人は英語が話せない?ペラペラの北欧との違い

七田式の英語教材を試してみたので体験談 子供用7+Bilingual

【子供・幼児教育】公文式を習うメリット・デメリット

習い事で家計が苦しいなら副業!投資!節約!お金を増やしましょう。

新しい投資の形 クラウドクレジットのはじめかた

米国株は少額から資産運用を始めやすい

隙間時間で上手に稼ぐなら自宅で【クラウドソーシング】をやってみよう