英語の教科化に小学校の先生は対応できるのか?

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

2020年度から小学校で英語が教科化されます。

一方、小学校の先生のほとんどは英語教育の免許は持っていません。

人員の補充はなさそう



英語が教科になるというのは小学校の先生にとっては相当負担になります。

当然、英語の授業は専門の教師を準備するべき・・・だと思うのですが、どうやらそんな予定はない様子。

小学校の先生は突然英語教師をする羽目になったのです。

準備期間が短すぎる

ただでさえ忙しい小学校の教員が、片手間で英語の勉強をしたところで教えられるようになるでしょうか。

当たり前ですが、そんな短時間でマスターできるなら小学校から教えようとする必要もないわけで・・・。

・中学校の英語教師を小学校で(英語のみの教師として)新たに採用する

・ビデオ講座などを主体にして教師は見守り役

など、教師に負担をかけない形にしないと厳しいでしょう。

教える方は負担になり、教わる方は間違った英語を覚えるという最悪の結果になる可能性もあります。

年配の先生が英語ができるわけがない

「小学校の教師になって20年、英語はあまり勉強したことがない。」

という人はたくさんいます。

当たり前です。英語を使わなくてもいい業界に入ったのだから。

「20年後に英語が教科化すると予想して英語を続けておくべきだった」などという意見は後出しじゃんけんにもほどがあります。

普段英語を仕事で使っている人は、突然3年後にロシア語を教えるよう命令を受けたと考えてみたら負担の大きさを理解できるでしょう。

英語を早く始めるという方針はどうなのか

台湾や韓国では日本の中学3年生レベルの英語を小学校で終わってしまいます。

日本で魅力的な商品を開発しても海外に売りに出れないことは多いです。英語力に差があると当然他の国に差をつけられてしまいます。

日本語は大事だし、英語も大事

微積分もできないのに理科(物理)を習ってなんになるのか、という人はほとんどいないでしょう。
英語を教えるのは日本語をしっかり話せるようになってからだ、という意見を見ますがこれは少し的外れだと思います。

個人的な経験ですが、英語が得意な人はだいたい国語も得意でした。
これ以上英語を勉強すると国語ができなくなる・・・なんていう心配は誰もしていませんでした。

筆者はリコーダーを全く吹けませんし背泳ぎもほとんどできませんが、社会に出て特に苦労していません。英語は得意でしたが、「もう少し英語ができたら・・・」と思うことはしょっちゅうあります。

これからも英語とリコーダーの立場が逆転することはないと思います。

これから英語がさらに大事になる可能性

英語は世界の公用語となりつつあり、ほとんどの重要な文章は英語で書かれています。

さらに、少子化により日本の労働者人口が減ると、日本語に翻訳するメリットがどんどん減ります。専門書は英語で読む必要がある時代が来る可能性も高いのです。

関連記事:日本は衰退している。不景気なわけではない。

学者になるなら英語論文を読めないと話になりません。

政治経済のニュースも英語を読めないと情報不足になります。

優秀な人も海外に出稼ぎに行く必要が出てくる可能性があります。

日本の経済の悪化が進めば、日本の物価が安くなり外国人観光客がますます増えていく可能性があります。

英語や中国語でのおもてなしが重要な時代がくるかもしれません。

観光地やラーメン屋でも英語を話せることが有利になる可能性は十分あります。

翻訳ソフトが充実するから英語は不要になるという理論はもしかしたら正しいかもしれません。しかし、そうならなかったときのリスクが大きすぎます。

たぬきのまとめ~次の世代のレベルアップを

学校の先生には悪いですが、経験のあるネイティブの教師にすぐに勝てるようになるわけありません。

しかし学校の教育をきっかけに英語の勉強をはじめる人が少しでも増えれば、先生の苦労の価値も出てくると思います。

 小さなお子さんをお持ちの方!

英語の教科化で塾が儲かるという意見もありますが、国が教育に予算を回さないので各自で予算を組むしかありませんぞ。節約と副業で頑張りましょう!

英語は誰でもがんばれば話せるようになります!頑張れば・・・。

英語は学校の勉強では話せるようにならない 質量ともに不足している

【子供・幼児教育】英会話を習うメリット6つと注意点3つ

七田式の英語教材を試してみたので体験談 子供用7+Bilingual

たぬきんぐも副業、やってます!

隙間時間で上手に稼ぐなら自宅で【クラウドソーシング】をやってみよう

副業やるなら青色申告で税金がお得!他に白色申告よりお得な点は?

リピーターを増やすための梱包方法【副業・ネットショップ】

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!