たぬきんぐの日常

大人の手足口病が想像以上にきつかった【体験談】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

2日前から40℃の熱が続いて寝込んでおりました。
ようやく今日になって熱は下がったのですが…
というわけで、体験談!

娘が手足口病にかかる



長女の学校で手足口病が流行っているそうで、娘もどうやら学校でもらってしまった様子。
長女は軽い症状でおさまったのですが、3歳の次女にうつってしまったのです。

下の子の症状はひどく、ぐずってしまいママにべったりが続きます。

たぬきんぐが長女担当で面倒を見ているうちに…どうやらうっかりもらってしまったようです。
確かに油断していました。
手洗いもあまりしてなかったなあ。

突然出てくる症状・40℃の熱

なんかちょっとだるいなあ…と思いながら外出先から家に帰ってきたところで一気に症状が出ます。

しんどい、寝よう…そう思ってぐったり寝ながら熱を測るとまさかの40℃越え。
この時点ではインフルエンザのほうが心配だったので娘たちと別室で寝ることにします。

解熱剤を飲んでも39.8℃くらいまでしか下がらない有様。
妻の用意してくれた氷枕などで耐えますが、辛い…。

インフルエンザってこんなにしんどかったっけ?みたいなレベルでした。

2日目・喉が痛くなり始める

2日目になると少しずつ熱が下がってきました。
39度台くらいまで・・・。

インフルエンザの検査をしてもらいに、近所の内科へ。
結果はインフルエンザ陰性。
とりあえずホッとします・・・が、それと同時に
「このあとブツブツがいっぱい出てくる…?」
という嫌な予感が。

昼過ぎになると、のどが痛くなり始めて唾をのむのもつらい状況に。
初日はしんどくて食べられませんでしたが、二日目はのどが痛くて食べられません。
ゼリーなどのどごしの良いものを食べて耐えます。

夕方ごろになると熱も37~38℃くらいになり、だいぶ楽になりました。

ただ、夜になると手のひらや足の裏にぽつぽつとぶつぶつが出始めます。

3日目・ぶつぶつが出てくる

3日目になると本格的にぶつぶつが出始めます。

手のひらや足の裏とその周辺に小さなぶつぶつがいっぱい出てきました。

これが痒いというより「痛い」のです。

詳しく説明すると…
一歩踏み出すごとに足の裏のブツブツ全てがキューーーーッと押しつぶされて
それぞれのブツブツが
「痛いでしょ?ひりひりするでしょ?」
みたいなアピールをしてくる感じです。

変な歩き方しかできないし、足の指動かしただけで痛いし
手を握ると痛むし
つば飲むと痛いし、水飲むと痛いし…。

妻の作ってくれた薄味のあんかけ豆腐がありがたかったですじゃ…。

4日目 痒くて・・・

痛痒くて眠れないのが非常につらいです。

相変わらず変な歩き方しかできないので本当につらい。
消耗しますが、のどの痛みがだんだんマシになってくるのでもうひと頑張りというところです。

たぬきのまとめ

個人的にはインフルエンザよりきつかったですじゃ…!!

二度とかかりたくないですのぅ。