NOVA BLITZ ドラフトをやってみた

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

NOVA BLITZの記事を皆様に読んでいただいております。ありがとうございます。

せっかくなので勢いで記事第4弾ですじゃ。

Draftをやってみよう

普段は基本画面の左側のPlayから始める方が多いと思いますが、真ん中にDRAFTと書いてあるボタンがあります。

DRAFTボタンからドラフトというゲームを遊ぶことができます。

上の図で数字やバツがたくさん書いてあるので先に説明しておくと・・・

勝った回数分だけ数字が増えていきます。(上の図だと11勝しています。)

×の数は負けた数です。5回まで負けられるようになっていて、上の図では4回負けています。

筆者は今のところ2回しかプレイしていないので賞品の詳細は分かりませんが、12勝するとパック2つにゲーム内通貨やNANOBOTSが付いてきました。多分勝てば勝つほど賞品は増えるのかなと予想しております。

ピックしてみよう

上の図のように3択クイズの形式になっています。ドラッグアンドドロップで1枚ずつデッキに加えていきます。時間制限はありませんので、焦らずゆっくり選びましょう。

1枚ずつカードを選ぶ作業を30回行うとデッキが完成です。通常プレイのデッキは40枚ですがドラフトデッキは30枚です。

組み終わったデッキは前回記事(デッキの組み方)と同様、確認することができますぞ。

通常の構築と同様、軽すぎても重すぎても負けやすくなってしまいます。上の画像のように軽いカードから重いカードまで満遍なく(重くなりすぎないように)取るのがおススメです。

余談ですが、重いカードが少な目になっているのは(本音ではあと1,2枚欲しかったですが)1~2コストのカードを多めにしないと序盤に動けなくなるためです。2ターン目は5枚、3ターン目は6枚・・・と引いているカード数はターンがたつにつれ増えますので、重いカードはたくさん入れなくても引く可能性が高いからです。

ドラフトでもランクは上がるし賞品ももらえる

上の画像ではランク22ですが、実は半分ほどドラフトで上げました。

ドラフトでもランクは上がりますので、通常プレイで行き詰った方は気分転換にドラフトをやってみるといいと思いますぞ。強いデッキを持っていなくてもドラフトなら条件は互角ですので上位プレイヤーといい勝負をできる可能性もあります。

あと、ドラフトをやってるとQUALIFIER POINTSというよくわからないアイテムをもらえます。もしかしたら後々何かいいことがあるかもしれませんぞ。

たぬきのドラフトまとめ

ドラフトはデッキがぐちゃぐちゃになると厳しい試合になります。重いカードが増えすぎないよう気を付けながらバランスよく組んだらそこそこ勝てると思いますぞ。

あと、3月時点では同じ相手と何度も当たりますので勝てそうにないプレイヤーにあたったら少し間をあけてプレイしたほうがいいかもしれません。筆者は同じ相手に3回連続でカモにされましたぞ・・・。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!