高知のお土産「泰作さん」が甘くて美味しいよ

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

親戚から高知のお土産をいただきました。その名も泰作さん。四万十市のお菓子ですじゃ。

実は筆者は泰作さんが大好物で、もらうと大喜びします。

あまり有名ではないようですが、是非高知土産に!

紹介~泰作さんとは

泰作さんのパッケージですじゃ。

包み紙を開けると昔の田舎者っぽいおっちゃんの絵が出てきます。どうやらこいつが「泰作さん」ですな。

個包装の和菓子に加えて、泰作ばなしという怪しげなアイテムが入っております。

どんな和菓子?お味のほうは・・・?

泰作さんの文字が書かれたお菓子。なんとクッキーとクッキーの間に・・・!!

羊羹っぽい餡子のお菓子が入っております。

クッキーで羊羹を挟むとは・・・!!他では見られない組み合わせですじゃ。

はっきり言って甘いですじゃ。ボリュームもあるので一食に1個で満足。

しかし、その1個が非常に美味しいのです。ぜひ皆さんに食べてほしい・・・。

で、泰作さんって誰?

実はこのお菓子を作っている【藤家】さんのご先祖にあたるらしい、古物商のようですじゃ。安政4年に亡くなったとのことなので1800年代の人ですな。

この泰作ばなし、一休さんのようなとんち系の話なのですが、一休さん達よりちょっとズルい感じがしましたぞ・・・。読んでるだけで高知の田舎の世界に引き込まれます。

がいだは、ほおつろか。

タイトルですのでもう一度読みますぞ。

がいだは、ほおつろか

ちょっと意味が分かりません。幡多弁と言いましてな。土佐弁と少し違うそうですじゃ。

泰作さんは旧中村市(現四万十市)のお菓子なのですが、高知県南西部で話される言葉が幡多弁なのですじゃ。

余談ですが、東京人は

な か む ら と平たくよみますが

現地の人は

な↓か↓む↑ら↓ と「む」にアクセントを置いて読むようですぞ。アメリカンな感じの発音ですな。

どこで買えるのか

四万十市なら買いやすいです。あとは四万十町の土産屋、例えばゆういんぐ四万十あたりでも売っていたのを見たことがありますぞ。

少しマイナーなので高知市内の観光ショップで必ず売っているとは限りません。(昔行ったときなかなか見つかりませんでした。)

お取り寄せもできますぞ。ヤフー店ならTポイントもたまるので少しお得ですじゃ。


藤家 泰作さん15ケ入り

たぬきのまとめ

というわけで、泰作さんの紹介でした。

甘党の方はぜひぜひご賞味ください。なかなか珍しい味ですぞ。

筆者は大好物ですじゃ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!