外国に荷物を送るときはeパケットライトが便利

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

小さい荷物を海外に送るときはeパケット、eパケットライトが便利でお得です。

eパケットライトは最近できた新しいサービスです。

使い方を簡単にまとめました。

海外の親戚や友人にプレゼントを贈る方、海外のお客さんに頼まれて発送するお店の方対象の記事になっています。

eパケット・eパケットライトって何?

海外にものを送るときに郵便局を使う人は多いでしょう。

FeDexやクロネコという方法も一応ありますが、送料や送れる範囲を考えると国際郵便が一番使いやすいと思います。

「儂はコンテナを使う」とかのプロの方は置いておいて。

国際郵便を簡単にまとめる

詳しく知りたい方は郵便局のホームページをご覧ください。

送る方法は大きく分けて

EMS・航空便・SAL便・船便

の4種類があります。

大雑把に言ってEMSが一番早く、右に行くほど遅くなります。

値段はEMSが一番高く、右に行くほど安くなります。(厳密には重さの区分によりEMSが航空便より安くなる等前後することもあります。)

また、

サイズ(縦・横・高さの和)が90cm以内で

重さが2kg以下

のものは小型包装物という区分で送ることができます。

小型包装物は普通の国際小包と比べてだいぶ安くなります。

小型包装物は安い代わりに書留がオプションとなっていて、書留を付けないと荷物が届かなかった場合に追跡できず泣き寝入りすることになります。

国によっては荷物がなくなるのは日常茶飯事なので貴重品は書留を付けるべきです。

「書留付き航空便」「書留付きSAL便」に対応するサービスとして「eパケット」「eパケットライト」があります。

通常より安くてお得なので、どんどん使いましょう。

オンラインで登録して発送用ラベルを印刷できる環境さえあればOKです。

eパケット・eパケットライトを使う方法

郵便局(国際郵便マイページサービス)に登録する

国際郵便マイページサービスのサイトに行きます。

右上のはじめての方の欄から登録します。個人や個人事業主なら「個人」のほうを選びます。

登録画面になるのでどんどん入力していきます。

登録はもちろん無料です。

登録してログインすると、上のような画面になります。

右上の「オンラインシッピングツール」以外はあまり使わないと思います。

ここまで来たら、次項で説明するパウチ請求から準備します。

パウチを請求する

オンラインシッピングツールの中に「パウチを請求する」という欄があります。

クリックすると枚数を選べるので好きな枚数を選びます。

もちろん無料です。

少し時間がかかりますが、1週間くらいするとパウチというものが届きます。

このパウチは印刷したラベルを入れるために使います。

このパウチが届けば準備完了です。

内容を登録して印刷する

登録してパウチさえ届けば後は簡単です。

自分の名前・住所

送り先の名前・住所

送る商品の価格

を登録して印刷画面で印刷するだけです。

プリントアウトしたら名前と日付をサインして点線に従って切り取ります。

切り取ると

ラベル・郵便局保管用紙・自宅保管用紙に分かれます。

高級品の場合はインボイスという紙が必要になる場合もあります。(これも印刷できます。)

全部必要なので郵便局に持っていきましょう。

パウチの封をせずに持っていってください。

eパケットライトの注意点

eパケットライトの注意点は大きく分けて二つです。

1.破損時・紛失時の補償がないこと。

2.送れる国が限られていること(少しずつ増えています。)

以上の二点です。

他の発送方法でも海外発送の場合は国内の破損時と比べると破損による保証は出にくいようです。梱包条件などをチェックして現地で判断されるようです。手続きも煩雑です。

ただし、税関での紛失、輸送時の荷物の盗難など中身がそのままなくなっているケースでは、書留なら保証されますがeパケットライトは保証されません。普通の小型包装物の書留でも6000円しか保証されないので、高価な品を送る場合はEMSなどのほうが安心ですね。

eパケットライトのメリット

まず、SALの書留で送れない国がいくつかあるのですが、eパケットライトではそれらの国に送れるので大幅に送料が安くなります。

追跡なしのSALは紛失が心配なので、追跡できるのは大きなメリットです。

eパケットライトでは送れるがSAL書留は使えない国

この記事を書いている2017年10月の段階では

オーストラリア

デンマーク

ノルウェー

ドイツ

ハンガリー

フィンランド

ポーランド

といった国はeパケットライトじゃないと追跡番号付きで送ることができません。

また、

韓国・台湾・ベトナムはSAL便での発送自体ができませんがeパケットライトには対応しています。

たぬきの意見とまとめ

海外にものを送るときは、eパケット・eパケットライトが便利です。

郵便局のマイページサービスで登録しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!