たぬきんぐの日常

たぬきんぐとは!?プロフィール!

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

あやしげな存在たぬきんぐ。たぬきんぐとはどんな奴なのか。

プロフィールを紹介させていただきますぞ!

たぬきんぐの生い立ち

幼少時

たぬきんぐは兵庫県の北部で幼少時を過ごしました。

雪だるまを作ったり、坂道を転がって雪だるまになってしまったり。

ほのぼのとした田舎で過ごしていたのですじゃ。

 

荷車に魚を乗せた80代くらいのおばあさんが毎日魚を売りに来る田舎町。

小さい頃は美味しい魚を食べて元気に暮らしていたのですじゃ。

 

夏には毎年高知のおばあちゃんの家にあそびに行きました。小さなお店をやっていたのですが、お店と家がくっついている雰囲気が大好きで、この頃から商売に憧れるように。

小学校

日本の小学校で少し過ごしてから、父親の仕事の関係でアメリカへ。

今度はアメリカの田舎町で過ごしておりました。

はじめての給食ではマヨネーズを何につけていいのかわからず、最後に残ったクッキーにつけてしまい・・・

「日本人はクッキーにマヨネーズを付けるのか!」

と、驚かれてしまう失態を犯したのですじゃ。国民の皆様、申し訳ない。

 

親に「日本に帰ったら勉強が大変だから。日本のほうが進んでるから。」と騙され、算数は張り切って現地の飛び級クラスに入っていました。一方英語のコミュニケーションは慣れるのに苦労しましたのぅ。

シーズンごとに野球やサッカーを習ったり、学校の授業でプログラミングやドイツ語を習ったりと、風変わりな小学校生活を送っておりました。

旅行にもたくさん行きました。両親が日本の家を売った金を使い果たしてまでひたすら旅行に行ったおかげでいろいろな経験ができたのは現在役立っているような気がします。

帰国後苦労する

小学校6年になって日本に帰ってきて、生活になれるのが大変でした。辛かった・・・。

辛かったことはいろいろあるのですが、

・漢字が書けない

・リコーダーが吹けない

・算数と理科が簡単すぎる

・テレビゲームや芸能人の話が全然分からない

 

で、これらのことが重なって人生初のいじめにあいます。

 

国語は低学年の漢字を学校で勉強させてもらえず。家に帰ったら低学年の漢字を覚える毎日。

算数と理科の時間は簡単すぎてぼーっとするだけの時間。あまりにも退屈なためドドリアとザーボンの日常に思いをはせるなど、ひたすら妄想をするようになっていきました・・・。

頭の中でオリジナル小説を作ったり、何もないところで楽しい時間を過ごす方法を考える毎日でしたのぅ。

 

一方、どんどん悪化するいじめと助ける気のない教師にゲンナリして、私立中学を受けることに。

アメリカでお金を使い果たしていたこともあり、父親はひたすら仕事をしていたような気がします。

教育費のありがたさがわかるようになったのは大人になってから。

中学・高校

中学からはいじめもなく、楽しい生活を再び送るようになりました。

ゲームが大好きになり、期待値の計算や確率などをゲームで覚え始めます。ひたすらゲームをやりこむために数学を勉強して、いつの間にか成績が良くなっていきましたのぅ。
野球ゲームや競馬ゲーム、シミュレーションなど確率が絡むゲームが当時から好みでした。

この頃からなんでも徹底してやるのが大切だと感じるようになりました。

この頃から将来の夢について悩み始めます。
第二希望の小さな町のお店屋さんは、コンビニに押されて絶滅寸前。おばあちゃんのお店みたいなのをやろうとする人は周りに誰もいなかったので、そういう時代かなーとあきらめ。

第一希望はプロ野球の監督…野球を見るのが好きだったので野球の監督をやってみたかったのですが、何の縁もコネもないのでこちらも諦め気味に。
〇〇に変わって采配したい!という夢は絶望的に思えました。

というわけで、第三希望だった医者を目指して医学部に進むことに。某旧帝大の医学部に進学することになりました。

大学時代

大学時代は周りの友人と金銭感覚が合わず。
国立とはいっても、やはりお金持ちが多いのですじゃ・・・。

 

中学や高校の友人と集まって遊んだり、ネットゲームにはまったりしました。
ネットゲームのアイテム転売は、商売に憧れていた自分にとってかなり楽しいひと時でしたのぅ。

大学自体はのぅ・・・。
権力闘争みたいな黒い部分が見えたり。
教授を中心とした無駄な会議ばかりに時間を使っていたり。
建物が妙に贅沢だったり。

好きになれないところでしたのぅ。

医師生活

無事大学を卒業すると、医師として働き始めます。

結婚し、しばらくは順調に生活していたのですが・・・。
やはり忙しかったですじゃ。
ブラック企業もびっくりの職場も多かったですじゃ・・・!!

医師として少し慣れてきたころ、新しい職場で部長とソリが合わずに干されてしまいました。
さらにサービス残業だらけで当時生まれたばかりの長女にも滅多に会えず、残業代も出ず。

普通なら我慢するのかもしれませんが、そこはたぬきんぐ。

ブチ切れてすぐに辞めてしまいます。

 

そして捨てる神あれば拾う神あり。

それから新天地に引っ越すと新しい職場はとてもよく、上司・後輩・素晴らしいスタッフに囲まれ居心地のいい新生活が始まります。新しい仕事を任せてもらえたり、臨床研究もできたりと、充実した毎日を過ごしていました。

そして何より家族で過ごせる時間が増えたのが大きかったですじゃ。二人目の娘も授かり、たぬきんぐ家族は4人になります。

転機

ところが、居心地のいい毎日の中でいろいろと疑問が出てきます。

治療がうまく行っているのに元気のない人。
病気は治っても、帰るところがない人。
お金が無くて帰ってからの生活ができない人。

病気が治っても幸せじゃないなら、自分の仕事は何なのだろうかと、考えるようになりました。

若い人も年寄りも楽しくすごせるお店を作りたい!
みんなが気軽に遊べる大きな遊び場を作りたい!
ホワイト企業を作って楽しく仕事をできる人を増やしたい!

そんなときにふっと、昔の夢を思い出したのです。
とりあえずお店初めて見るか、と。

そして思い切って独立することにしたのですじゃ。

たぬきんぐはなぜブログを書くのか

世の中にいろいろなことを発信したいと思ったこと。

例えば、世の中にはトンデモ医療があふれています。
そしてかなりの人がトンデモ医療を信じている一方、正しい医療は伝わっていないことも多い。少しずつでも、標準的な医療を伝えたい。

また、賢く楽しく生きるための知識やアイデアを少しでも発信したいと思っています。

たぬきんぐってどんなブログ?5つのメインテーマ

みんなに楽しんでもらえる記事やお役立ち記事をどんどん書きたいですじゃ。

 

一応…メインコンテンツは健康!

例えばこんな記事を書いています。
関連記事:鳥刺しを食べるリスクと健康被害

健康記事は検索エンジンの能力の問題で専門家の知識とトンデモ系が区別されないので、あまり読んでもらえてないので…少し最近はパワーダウン気味です。

教育もだいじ!

持論ですが、日本の学校教育は50年以上前の水準で止まっているため欧米と比べて非常にレベルが低い。

アメリカなんか、何十年も前から教育にプログラミングを取り入れてますからのぅ。
海外の子供たちに負けないよう、日本の子供たちも賢くなってほしい!

楽しく学ぶための知育玩具の紹介や
関連記事:マグフォーマーという玩具に娘が夢中なのでレポ

日本の教育の分析記事などを時々書いております。
関連記事:過剰な部活動はブラック企業の社員を育成するために行われている

関連記事:保育園のほうが幼稚園よりインフルエンザにかかりやすいのか?

お金が足りない!キャリアアップ!投資!

日本は貧乏になってきたので、子育てするお金が足りない家庭が増えております。
学校が頼りないので習い事をする → お金が足りなくなる
の流れを味わう家庭は多いでしょう。

我が家も教育費にお金を取られて、たぬきんぐはお小遣い超減額中ですじゃ。ぐぬぬ・・・

というわけで、少しずつ充実させているコンテンツですじゃ!!

投資の記事なんかも書いております。
関連記事:単利と複利の違いをグラフで理解しよう!投資と貯蓄の基本

また、資格関係の記事も少しずつ書いております。

レジャー!グルメ!遊び!

家族連れが楽しく遊ぶレジャーを時々紹介しております。ほぼ関西限定なので遠くの方は旅行の際にご覧いただければ。

 

初心者が簡単に作れる料理もグルメコーナーで紹介しております。
日本の男は家事をしなさすぎですからのぅ。共働きなら半々が当然。

うちは妻が専業主婦なので家事はかなりやってもらってますが、普通の仕事より子持ち専業主婦のほうがはるかに負担が大きい。
というわけで、たまーに料理なんかもやってます。

関連記事:カルボナーラ・イタリア風 はじめての料理 第五回

たぬバラエティ!るろ剣!

何はともあれ笑いは大事!

なんとなく楽しい話を書けるよう、精進中ですじゃ。

わざわざブログ見に来てもらうなら、楽しくないと。

日常の話も意外と人気があったりします。

関連記事:名門大学の医者同士の結婚式が恐ろしかった件

漫画ネタもときどき。

関連記事:隠密御庭番衆のギスギスした人間関係を暴く【るろうに剣心】

というわけでよろしくですじゃ!

どんどん面白記事を投下していきますぞ!

フォローよろしくですじゃ。

ツイッターも始めましたぞ!