自己啓発

マズローの自己実現理論(欲求五段階説)

Pocket

昔アメリカのアブラハム・マズローという心理学者が人間の欲求を5つに分けた理論を発表しました。

 

この考え方は現代においても教育や経営、医療などいろいろな分野で応用することができます。

知っているか知らないかでは人生が大きく変わります。

どのような理論か見ていきましょう。

欲求ピラミッド

マズローの五段階説

人間の欲求を5段階のピラミッドに例えます。下層ほど原始的な欲求で、下の欲求がある程度満たされていけば人間は高い層の欲求を求めていくようになると考えます。

 

例えば山に遭難したときに

・新種のカエルを見つけたい

・生きて帰りたい、水を飲みたい

 

どちらの気持ちが勝つでしょうか。生きて帰りたいという気持ちが優先するはずです。

このように人間の欲求には段階があります。

 

では5段階それぞれの項目を見ていきましょう。

 

欲求五段階

第一段階 生理的欲求

食べる、水を飲む、寝るなど人間が生きるために必要な欲求です。

 

このブログを見ている人は、満たされている人がほとんどでしょう。

しかし例えば災害で食料や水が届かないといったときにはこの段階になります。

 

貧困率が上がってくるとこの段階の欲求が満たされないケースが増えてきます。

日本国内でも貧困率が上がっているので、栄養のある食事を食べられない子供は増えてきています。

第二段階 安全の欲求

安全なところに住むことや経済的な安全、健康な状態など日々の生活が安全であることを求める欲求です。

第三段階 社会的欲求

家族、会社、クラス、国家など組織に所属したいと考える欲求です。

人間は孤独を避けて仲間をほしがるという性質があります。

第四段階 尊厳欲求

社会的に認められたい、褒められたいという欲求です。

他人から賞賛されることで得られる満足感や、自分自身の成長などにより得られる喜びがここに含まれます。

第五段階 自己実現の欲求

「自分がこうなりたい」という目標に対し力を発揮し達成したいという欲求です。この段階に達している人はあまり多くないと言われています。

 

平均的な人にとって一番イメージしにくい欲求かもしれません。

 

プロゴルファーの最強プレイヤーだったタイガーウッズは、厳しい試合でもライバルのパターが成功するのを願っていたそうです。

彼はすでに最強プレイヤーとして認められていたので、いまさら社会的に認められたいという欲求はわかないのでしょう。

つまりマズローの理論でいうと第五段階だったと考えられます。

「最高のプレイをする対戦相手に勝つ最強プレイヤーでありたい」からこそ、対戦相手の成功を願っていたのだと考えられます。

たぬきの意見とまとめ

自己分析においても他人を分析する場合でも、マズローの自己実現理論を知っていることは非常に大切ですじゃ。

欲求を満たすことは人生を豊かにします。

相手が何を求めているかを理解することは人間関係をスムーズにしますぞ。

 

マズローの理論自体は少し古く、最近は批判的な意見も多いと聞きます。このピラミッドのように厳密な上下関係ではないという考えが一般的なようです。

「夢のために貧乏な生活をつづけながら頑張る」という行動は厳密な上下関係だと説明がつきませんですじゃ。

さきほどのタイガーウッズの例も、彼だって今回も優勝して褒められたいでしょうし賞金もほしいでしょう。どの欲求がどのくらいかというバランスだと思いますじゃ。

 

ただそれでも今なお一般的に広く受け入れられている説なのは、やはり一般人にとって理解しやすい理論だからでしょうなあ。