無鉄砲・本店の濃厚豚骨ラーメンが美味しい

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

筆者が大学生のころ奈良に無鉄砲というラーメン屋ができたのですじゃ。

別の大学の友人に誘われてよく奈良までわざわざラーメンを食べに行っておりました。

その頃は無名だったので特に並ばずに空いた店で食べれたのですが、そんな日は長く続きませんでした。

奈良の店が閉店して京都府の田舎(現・木津川市)に本店ができたのですが、その頃には行列のできる店になっていました。当時は衝撃の味だったのですじゃ。

久々に無鉄砲に行ってみる

無鉄砲のホームページはこちらです。

アクセスは無鉄砲さんのホームページで見れますが、本店は結構不便なところにあります。

系列店は数か所行ったことあるんですが、シドニーにもできているんですね!びっくりです。

シドニーの店はもちろんいったことありません。今回は本店です。

たぬきはなるべく行列に並びたくないので、大雨の日の1時半頃に行きました。

なんとか並ばずに済みました。

行列のできるラーメン屋は雨の日が狙い目です。

ラーメンを頼んでみる

無鉄砲ラーメン

若かりし頃を思い出して濃い目を頼んでみました。

背油たっぷりの濃厚とんこつラーメンです。

若いころと同じものを頼んでいいのか

頼んだ後に「ん・・・?やっぱりあっさりにしようか?」と思いましたが、

となりのおっさんも平気な顔して食べているので

そのまま濃いめのスープをお願いしました。

ラーメンのレビュー

麺は太めでもちもち

麺は太めのちぢれ麺です。硬さは3段階から選べます。

とんこつラーメンは細麺のほうが主流のイメージがありますが、太めのちぢれ麺のほうがスープに絡みやすいのでスープが売りに無鉄砲にあってるんでしょうね。

替え玉(麺のお替り)の時には細麺も選べます。替え玉も頑張って食べてみましたが、あっさり食べたいときは細麺のほうが美味しいかもしれません。

太麺のほうがお勧めですが、二種類あるなら選ばせてほしいと思っています。

若い女性とかだと替え玉は食べれない人が多いでしょうしね。

スープは濃厚だけど食べやすい

具はチャーシュー、のり、メンマ、ネギというオーソドックスなものです。

追加で煮卵やチャーシューを増やすこともできますが、普通のラーメンにしました。

昔は大将の赤迫さんがいたのですが、最近は弟子の方が作っています。

弟子の方の技量の問題か、たぬきの体調がよかったのか2,3年前に行った時より美味しくなっていたと感じました。(個人の感想なので保証はできません。)

トッピング(高菜)がおいしい

高菜

高菜食べ放題です。

ライスだけ頼んで高菜ご飯を食べたいと思うこともありますが、

恥ずかしいのでやったことありません。

持ち帰りも売っているので何度か買って帰ったこともあります。

紅ショウガやニンニクも置いてあります。

気遣いが素晴らしい

麺のお替り(替え玉)するときって、スープが薄くなる店が多いんです。

無鉄砲では替え玉に少しスープが入っているので、替え玉しても味が落ちないんですね。

店員さんも忙しくしつつも気配りしてくれる人が多いです。

店ができた頃はもっと気配りすごかったですが、今でも十分です。

たぬきの評価

なんちゃってレビューサイトっぽく☆つけちゃいます。

美味しさ    ☆☆☆☆・ (4.5)

濃厚度     ☆☆☆☆☆ (5.0)

接客      ☆☆☆☆  (4.0)

すぐ食べれる度 ☆☆    (2.0)

難点は

・席が少なくて相席になるため多人数で食べるのに不向き

・高菜などのトッピングが2席に対して一つなので隣に気を使う

・濃厚すぎて後で胃腸の調子が落ちることがある

あたりでしょうか。

晴れてる日の12時や夕食は間違いなく並びます。大雨の日を狙うか、並ぶのを覚悟するかですね。

今回は2,3年前よりだいぶ美味しく感じました。

たぬきの感想とまとめ

無鉄砲は僻地で更に電車の駅から遠いにも関わらず行列ができる名店ですじゃ。

京都府ですがほぼ奈良みたいなところなので、奈良観光のついでに行くのが狙い目でしょう。

大将の赤迫さんは大和郡山市でたまにラーメンを作っているみたいです。部下の育成に忙しいのですかのぅ。ちょっと残念ですじゃ。

普段はがむしゃらという弟子の店なのが、赤迫さんが出てきた時だけ「豚の骨」という店名に変わるんだとか。こちらも気になりますじゃ。

数年前より味がよくなっていた気がします。今回は完食できました。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!