性教育は避妊だけじゃない!日本の教育の問題と性感染症の話

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

日本の教育で時々議論にあがるのが性教育の問題。

結論からいうと先進国に大きく後れをとっております。

避妊の話と病気の話を説明していきますぞ。

小学校から教育するべき?

たぬきんぐは帰国子女なのですが、小学校で性教育の授業はありました。

ざっと調べたところ、欧米では小学校のうちに教える国が多いようです。

経験談ですが、何も生々しい映像を見せるわけではありませんでした。

(学校によるのかもしれませんが。)

男女がくっつくと

妊娠して

胎児が大きくなって

みたいなストーリーを小さいうちから教えるのです。

多分中学生あたりでもう少し性器などの働きも生物学的に教えるのでしょう。

海外でも性教育が遅れている地域は、教育されている地域と比べていろいろ問題が起きているようです。

欧米に比べて日本では・・・



「学習指導要領に書いてないので教えたら怒られる」なんてとんでもない話です。

義務教育で子供の作り方を教えずにどこで学ばせるつもりなのでしょうな。

人間ピラミッドや笛吹きを学ぶよりよほど大切だと思いますぞ。

性教育を避妊と妊娠のためだけと勘違いしてない?

さて、ここからは大人の方向けのお話です。(エロい話は出てきません。)

題名の通りなのですが、性教育というと皆さまどういう教育を想像するでしょうか?

エイズなどの性感染症のお話




突然ですが、大人の皆さまはコンドームをご存知でしょう。

あれをただの避妊具と思っている人が結構多いらしいですな。

海外では小学校のうちから性感染症の勉強をするのは一般的です。

性教育と一緒に性感染症の勉強もするわけです。

勉強しておかないとうつりますからのぅ。

梅毒や肝炎など怖い病気はいろいろありますが、なんといっても怖い病気の一つがHIVウイルスによる”エイズ”でしょう。

エイズや肝炎ウイルスはコンドームを使えばかなり感染リスクを下げることができますぞ。ゼロとは言い切れませんが・・・。

エイズの関連記事:HIV・AIDs(エイズ)は国内で増加中!国内事情と予防と検査を解説

そもそもコンドームが避妊失敗率がそこそこ高いこともあまり知られていません。(正しく使っても失敗率は3%)

避妊目的ではピル(経口避妊薬)のほうがはるかに確実性が高いのです。

コンドームの良さは性感染症を防ぐ効果が高いところにあるのです。

もちろんコンドームも100%完ぺきではありません。

不特定多数と性交渉するのがリスキーなのはもちろんのことですぞ。

性教育を受けなかった人たちの惨状

上の図は国内でのHIV感染者とAIDs発症者を

異性間性交(オレンジ)と同性間性交(あお)に分けたものです。

同性間性交のほうがHIV患者が多いのがわかります。

なぜ同性間でHIVがうつりやすいのかというのは様々な理由がありますが、大きな原因として考えられるのがコンドームの使用率の低さです。

異性間だと妊娠をさけるため(なんとなく)コンドームを使います。

しかし同性間だと妊娠の心配がないためコンドームを使わないといけないという意識が薄くなります。(憶測ですが・・・)

性感染症の知識と怖さをきっちり学んでおけば、もう少しHIV患者は少ないんじゃないだろうかと考えられます。

エイズ患者が増えている先進国は日本だけだそうです。(参考:エイズ関連データベース

たぬきのまとめ

日本の教育はいろいろと問題がありますが、性教育はその中でも特別ひどいものです。

特に感染予防の知識はもしかして教育関係者も知らないのでは・・・?と思うほどです。

学校が教えてくれないので、どういった形で子供たちに伝えるかは親の責任になってしまいます。

子供を守るためにも、ある程度勉強して正しい知識を伝えたいものですな。

健康関連の記事は定期的に更新しています。一応たぬきんぐはお医者さんですぞ。

HIV・AIDs(エイズ)は国内で増加中!国内事情と予防と検査を解説

「水泳で喘息が治る」というのはウソ

ブルーライトで視力が落ちる?対策は?【スマホ・LED】

加湿器はレジオネラ肺炎の危険性あり。リスク軽減方法

鳥刺しを食べるリスクと健康被害

教育記事、いろいろ書いてます!

七田式の英語教材を試してみたので体験談 子供用7+Bilingual

【子供・幼児教育】プログラミングを習うメリット・デメリット

補欠は人生の無駄!試合に出れない部活を続けてはいけない

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!