節約

【節約】スマホを新品に変えて月5000円以上安くなった話

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

最近でこそSIMフリーとか格安SIMという言葉もよく聞くようになってきましたが、「そんなにおいしい話はないだろう」と思って買い替えを考えていませんでした。

・・・何万損したんでしょう・・・。

下手したら20~30万損していたかもしれません。

携帯の契約一つでかなりの節約ができます。

まだ格安SIMじゃない人は、早めの変更がお勧めです!

格安SIMってあやしくない?

たぬきは昔SIMフリーについて友人に聞いたとき、なんのことかさっぱりわかりませんでした。

「携帯電話は携帯会社と契約して使うもの。契約内容などは電話の中に入っているはず」みたいに考えていたわけです。一昔前はみんなそうだったと思います。

携帯電話とSIMカード

 

SIMカード

携帯電話の中にはSIMカードというものが入っています。

今まで知らず知らずに契約してましたが、「スマホ本体の購入」と「携帯会社との契約」は別々のステップだと思ったほうがわかりやすいですね。

大手携帯会社はSIMロックと言って、携帯電話が他の会社のSIMカードで使えないようにしている場合が多いです。

格安SIMの会社(MVNO)とは何なのか

格安SIMの会社は大手3社の通信回線を借りてサービスを提供している会社です。

たぬきは通信会社の社員ではないので、なぜ安くできるのかを詳しく説明することはできませんが、docomoやソフトバンクのショップが広くて豪華なのを見ると、いかにもお金がかかってそうですよね。

全国各地でショップを出して営業している大手と比べると、ショップでの対面販売ではない分経費が削減できるのかもしれません。

 

いつでもどこでもショップで相談できるサービスの良さをとるか、安さをとるか。サービスの良さをとったのが大手3社で、安さを売りにしているのがMVNOだといえるでしょう。

実際に変えてみた

たぬきは貧乏性で、ボロボロになるまで使うのが好きなんですが、ボロボロになったのでスマホを買い替えることにしました。

調べると値段が全然違ったので、UQモバイルに乗り換えることにしました。

電話番号はそのまま移行できる

一応仕事の連絡や友人との通話にも使っているので電話番号は変えたくないので手続きをしました。

まず前の携帯会社のショップでMNP番号というものを発行してもらいました。これは発行に時間はかかりませんでした。

本人確認書類を用意する

UQの場合は運転免許証があると楽です。

健康保険証の場合は補助書類が必要なので、確認しておくほうがいいでしょう。住民票や公共料金領収証などが補助書類として使えます。

店舗またはオンラインショップで契約する

たぬきは家電量販店で契約しました。オンラインショップでも契約できます。

店舗で契約したほうが楽だと思って店舗で契約したのですが、8時間ほどかかりました・・・。

前の携帯会社とUQとの間のやり取りを家電量販店が間に立って行うためか、かなり時間がかかりました。

帰るときには店のシャッターが閉まってました。お詫びの品もいろいろもらってしまいました。

「夕方前には」

「すみませんがもう1度運転免許証を」

「あと1時間くらいで」

「もうあと1時間くらいかかりそうです」

こんな感じで1日仕事になってしまいました。

実際に使ってみた

いやー、予想以上に快適ですじゃ。

Huawei(華為) という聞いたことのない会社の携帯に変えたのですが、スペックは妻のXperiaとほぼ同等です。

Huaweiは日本では馴染みのないメーカーですが、サムスン、appleに次いで世界第三位のシェア(2017年4~6月のデータ)らしいので、世界的には大手の携帯ですね。

今までの携帯と比べて、初期アプリがシンプルなのが特徴です。

 

大手で買った前の携帯は

「このアプリは入っておいてください」

「後で解約してもらったらかまいませんので、最初は入ってくださいね」

等々、使わないアプリを山ほど入れられて、解約に手間取りました。

 

使いたいアプリは自分で入れますし、最初はシンプルなほうがありがたいです。

 

データ6GB、月120分までの通話が無料のプランで、新品のスマホ付きで税抜き2980円と、今まで8000円以上使っていたのがうそのようです。

肝心の回線なのですが、電話はスムーズにできますし、特に通信で困っていることはないです。

一応みんなが使う時間帯は回線が混雑して重たくなるといわれています。

格安SIMのデメリット

電話番号はそのままですが、携帯のアドレスがなくなります。

ガラケー時代から大事に使っていたアドレスが使えなくなります。

「アドレス変わりました」の報告をするとか、gmailの使い方を覚えないといけないなどの手間も人によってはかなり面倒になると思います

通話がかなりできるようになったとはいえ、あまり長時間話すと電話料金がかかりますし、ショートメールもお金がかかります。

LINEやSkype、WhatsAppなどのアプリを使いこなせばデメリットをある程度避けられます。

たぬきの考えとまとめ

格安SIMといわれるMVNO業者のUQモバイルに携帯を変更しました。

前の携帯会社の解約料は2か月で取り戻せました。

個人的にはすごくお勧めです。HUAWEIの携帯自体も使いやすいです。

 

私は携帯のメールをあまり使っていなかったので問題になりませんでしたが、ガラケー時代の友人との連絡などメールアドレスの変更が一番問題になると思います。

高齢の方で周りに詳しい人がいない場合は少しハードルが高いかもしれません。でも値段考えたら買い替えたほうがいいと思います。

 

毎月の携帯電話代に悩んでいる方は、格安スマホお勧めですよ。