読書

日本人のかんちがい英語【書評】気づきで英語力アップ!

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

 

ゲーリー・スコット・ファイン氏の「ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語」を読んでみました。

ちょっと英語が得意な人でもやっちゃうよね~という間違いのオンパレード。

日本人がよくやる間違いを74個も面白おかしく説明してくれている本です。

お値段は税別1000円とそこそこですが、満足度は結構高いです。

周りと英語力に差をつけるにはうってつけの本ですぞ!

あなたのかんちがい度CHECK!

では、表紙の帯から問題を。

・Please をつければ丁寧になる。
・do not と don’t は書き換え可能
・時間を尋ねるにはWhat time is it now?
・店員さんにI want ~(ほしいです)を使いがち。
・値段を尋ねるときは How much?
・別れの挨拶といえばGoodbyeでしょ。

さて、上の6問中、正しいのはいくつあるでしょうか??

ネイティブの微妙なニュアンスって難しいですのぅ。

 

しかし!

「通じればいいんだよ通じれば!」と言っている人に限って

外国人の部下に「オイ、オマエ!」とか呼ばれて不機嫌になったりするものです。

 

さて、先ほどのチェックリスト、一つでも正しいと思った方は・・・この本を要チェック!

ああー、やっちゃうよね!という間違い

I’m exciting. →「私はエキサイティングなのよ!!!」

いやいや、違うだろw

というツッコミが入ること間違いなしのこの表現、やってしまいがちです。

 

退屈そうにしている人を見かけて

Are you boring? → 「あなたはつまらない人ですか?」

とかもやってしまいがちです。

こういうありがちな間違いをいろいろと指摘してくれます。

違う、そうじゃないw

spellは呪文!名詞で言いたければspellingが正しいのです。

和製英語でスペルとか言ってしまうので、こういうのもありがちですのぅ。

ありがちなミスがいっぱい読めるよ

上のような基本的な間違い以外にも、もうちょっとネイティブ寄りのニュアンスの違いみたいな例文もたくさん読めます。

エピソード74個とコラムが4個ありますので、面白おかしく自分の英語力を見直すことができます。

 

ちょっとショッキングな絵が付いてくるのでイメージしやすく、面白おかしく英語を勉強することができます。

たぬきの書評とエピソード

旅行に行ったとき・・・

ベビーカー → stroller あたりはギリギリわかりましたが

ハッシュドポテト → hash brown は全然しりませんでした。

和製英語おそるべしですじゃ!!

 

とりあえず、この本。お値段分の価値は十分ありました。

(記事内の画像と帯の問題は「ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語」から引用させていただいております。)