PayPal(ペイパル)は海外では常識。登録方法とか。

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

日本の枠の中だけで生活をして、外国と一切触れ合わないならPayPalはさほど必要ではないでしょう。

しかし海外のものを買いたい、海外のゲームをやりたい、等々。外国とやり取りをするならもはやPayPalは必須です。

仕組みも登録も簡単なので、会員になってしまいましょう。買い物に使うだけなら年会費も登録料も無料です。

PayPal(ペイパル)のサービスとメリット

ペイパルは世界で2億人が使用しているオンライン決済サービスです。

日本国内だけに目を向けるとクレジットカードと電子マネーがあれば不自由しないでしょう。代引きで送ってもらう方法もあります。

しかし、小さな外国のお店で買い物をするとき、クレジットカードの番号を教えても大丈夫でしょうか?

国内の大手企業でも情報の流出が問題になることは日常茶飯事です。危険性は高いです。

じゃあ、海外送金かというと、銀行の送金手数料は日常で使うには高いです。

ペイパルはお店側と客側の間に入って取引をスムーズにしてくれます。

1.ペイパルにクレジットカードの情報を登録して支払う

2.ペイパルから店側の口座に振り込み

以上の簡単な2ステップを間に立ってペイパルが行うことで、

客側はカード情報の流出の心配がなくなり(少なくともペイパル以外からは流失しない)、海外店舗での買い物の場合は少ない為替手数料で買い物できるという2つのメリットがあります。

さらに、買い物した内容に不正があった場合や不着があった場合はPayPal買い手保証という制度で保証してもらうこともできます。(買い手保証と対象外のケースについての詳細はこちらです。)

店側もカード情報の管理の必要性がなく、小さい店舗でも安心してクレジットカードで買い物してもらえるのでメリットが大きいです。為替手数料や決済手数料もかかりますが、銀行での為替交換やクレジットカードの決済手数料を考えれば手数料は決して高くありません。

国内の小売店でも外国人への販売を視野に入れているならPayPalの登録は必須です。

PayPalの登録方法

ペイパルのホームページに行きます。

以下のような画面になるので、右上の新規登録から登録します。

ペイパル

パーソナルアカウントかビジネスアカウントか選びます。

普通にお買い物をするだけならパーソナルアカウントです。

お店を開いて決済サービスを使うならビジネスアカウントになります。

アカウント登録に必要なもの

パーソナルアカウント登録にはメールアドレス、クレジットカードが必要になります。

使えるクレジットカードは2017年9月現在で5つ。

Visa、MasterCard、JCB、American Express、Discover の5つです。

クレジットカードの登録、メールアドレスの認証が終われば登録完了です。

これからPayPalを利用して買い物をすることができます。

ビジネスアカウント登録をする場合は本人確認手続きや銀行口座の登録が必要になります。

詳しくはペイパルホームページ内のこちらから手順を確認することができます。

ペイパルの注意点

20歳未満の未成年は利用できません。また、100万円以上の高額取引には使用できないようですので、高額取引は銀行振り込みなどの方法にせざるを得ないでしょう。

PayPalが悪いわけではないのですが、よくある問題なので気を付けてもらいたいのがなりすまし・フィッシングと呼ばれる詐欺メールです。

オレオレ詐欺みたいなもんですが、

「ペイパルの名前を語り」

「ペイパルっぽいデザインのメールを送り」

「『こちらからログインしてください』のリンクからログインさせてパスワードを盗む」

という手口が多いようです。

PayPalの利用者数が多いことからフィッシング詐欺は多いようです。日本国内だと楽天やAmazonを名乗って詐欺するパターンが多いようですが、外国の場合はPayPalがよくねらわれるようです。

たぬきの意見とまとめ

海外のものを買うとき、海外にものを売るとき、PayPalはもはや必須のサービスになったと言えます。

登録は簡単でクレジットカードの登録も非常にリスクが低いので、ぜひ登録をお勧めします。

あと、フィッシング詐欺には気を付けましょう。あやしいメールは無視するか、どうしても心配な時はPayPalに問い合わせするとよいでしょう。流暢な日本語で対応してもらえます。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!