ネットビジネス

せどりは年々難しくなっている!副業でやるなら気合が必要

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

副業の中で有名な「せどり」。たぬきんぐも少しかじったことがあります。

副業やるならせどりを~みたいな話、よく聞きますが大体情報が古いですぞ。

せどりは毎年難しくなっています。

儲けるなら徹底的にやらなければなりません。

せどりの基本

せどりは「掘り出し物を安値で仕入れて、それを売ることで利益を得る行為」のことです。

仕入れ先は中古屋や家電量販店、ヤフオクなどが多いです。販売先はヤフオクやメルカリ、アマゾンなどが主流で、たまにフリーマーケットなどの方もいます。

 

昔古本屋でのせどりが流行しました。

価値のある古本を安値で買ってヤフオクなどに販売するのがはやったので、副業のジャンルとして「せどり」は流行したのです。

せどりが難しくなった理由1:小売店でのせどりが難しくなった

せどりが流行るということは古本屋はもっと高く売ることができるということです。

100円で売られていた人気漫画がヤフオクで200円で買われているのを見て

「180円に値上げしてみよう・・・」

と古本屋が判断するのは当たり前です。

 

せどりが流行っていなかった頃は田舎に行けばプレミア級の商品に出会えることもありました。しかし現在では田舎のおもちゃ屋で売れ残っていたプレミアおもちゃなども、せどり屋さんたちに買われてしまっています。

 

また、通販を始めた小売店も増えました。せどり屋に安売りするより自分たちでネットで売った方が高く売れるなら、無理に店頭で安売りする必要もありません。

 

昔はそこらの店にお宝がゴロゴロ眠っていましたが、目立ったお宝は明らかに減っています。小売店巡りをしてせどりをするハードルは相当上がっていると言っていいでしょう。

せどりが難しくなった理由2:競争が激しくなった

せどりは商品の横流しなので、特別なスキルが必要ありません。

誰でも参加できるので、最終的には価格競争になります。

 

Amazonで買い物したことのある人ならご存知でしょう。1円単位で厳しい戦いをしなくてはなりません。

競争の厳しいジャンルが多いので、楽にもうけることはできません。

さらに今うまく行っていても大手が参入して来たらいきなりピンチになります。

それでもせどりで儲けたい方へ

一応現在でもせどりで儲ける方法はあります。

ちなみに「儲けられるなら自分でやってるはずでは?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、売れる商品は内緒ですじゃ。説明するのはノウハウのみですじゃ!

古物商になるか小売店になるか

一品一品をせどりして丁寧にヤフオクに出品・・・という作業には限界があります。

ビジネスとしてやっていくなら古物商になる覚悟を決めるか、小売りのプロとしてデータ分析する覚悟を決めるべきです。

せどりにこだわるなら古物商

まず古物商許可証を取る。取らないと逮捕される。

中古品を扱うなら古物商許可証を取る必要があります。取らないと逮捕される可能性があります。弁護士さんのサイトで逮捕されたケースの解説の記事を読むことができます。

取らなくて大丈夫と書いているブログがありますが、小銭しか稼いでいないから逮捕されないだけです。しっかり稼ぐとちゃんと逮捕されますぞ。

 

古物商許可証は警察で取ることができます。警視庁によると手数料は19,000円ですじゃ。他に住民票など書類を揃えないといけません。

さらに古物商 プレートというものも必要です。

こんな感じのオシャレなものでも2000円程度で買えますので、そこまで開業資金はかかりません。

 

システム上は警察に行けば許可証の申請はできるのですが、「古物商担当」の警察官の方がおられます。担当者が忙しかったり休んでいたりすると出直す羽目になりますので、事前に警察署に連絡して予約を取っておきましょう。

たぬきんぐは担当者がいなかったため一度出直す羽目になりました。

古物商になったら仕入れが簡単!古物市場にも行ける



まず古物商になったら堂々と買い取りができるようになります。

電車マニア仲間から模型を買い取ったり、トレカ仲間からカードを買い取ったり。

もちろん楽器やブランド品のような高級品も買い取ることができます。

 

さらに古物商たちが集まる古物市場というところで安値で仕入れることも可能です。古物市場は見たことないので詳しく説明できませんが・・・。

 

楽器やブランド品、釣り具なんかは中古屋さんで結構お手頃価格で売っていることがあるので、(目利きした範囲内では)オークションで販売して差額で儲けることも十分可能です。

さらに徹底的にせどりをする方法




徹底的にせどりをしたい場合はリサーチに力を入れる必要があります。海外の商品ならTerapeak、国内の商品ならオークファンのストロイドあたりがおすすめです。TerapeakはeBay、ストロイドはYahooショッピングという大手ショッピングサイトのデータを網羅しているので、どんな商品がいくらで売れているか簡単にチェックできます。

 

無料ソフトではないので多少費用はかかりますが、リサーチの濃度が変わってくるので十分元が取れます。

推測や目利きといった能力がいらず、商品のジャンルやタイトルなどから簡単に売れ筋商品のデータを入手することができます。

競争の激しい商品から手を引いてブルーオーシャンに飛び込むのも(比較的)簡単になってきます。

例えばTerapeakで「udon」というキーワードで検索すると、上の画像のようにいくつも検索結果が出てきます。

全体の市場規模や人気商品などが簡単に調べることができます。

 

リサーチツールを導入すると売り上げは大きく上がります。

・・・まあ、一人で副業する場合は売り上げが増えて忙しくなるとリサーチする暇がなくなるので、ある程度リサーチが済んだら解約してもいいでしょう。従業員を雇って梱包発送を任せてリサーチを徹底するのももちろんありです。

Terapeakはこちら。ストロイドは下のバナーから。



たぬきのまとめ

せどりは簡単にはできなくなってきていますが、方法論さえ身につければ現在でも十分可能ですじゃ。

たぬきんぐの知っている店でも、アメリカでジーンズやシャツを沢山仕入れてくる個人店があります。

商品のリサーチをしているうちにお気に入りの商品ジャンルなども出てくるかもしれません。

得意ジャンルをいくつか作っておくべきです。大手に勝つにはスペシャリストになる必要があります。釣り具を扱うなら釣り具に関しては釣り具屋に負けないつもりでいなければなりません。

 

ビジネスを始めたら副業であっても仲良くなる業者が出てきます。

そういった縁を使いながら、商売が波に乗ってきたところで浮かんできたアイデアを新商品にしてしまうのもありだと思います。

せどりは商売の基本が詰まっています。副業や転職で商売をやってみたい人は、せどりをスタートしてみるのも悪いものではありませんぞ。