ネットビジネス

隙間時間で上手に稼ぐなら自宅で【クラウドソーシング】をやってみよう

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

 

夜バイトには行けないし、一からネットショップを作る余裕もないし・・・。

でもあと少し稼ぎがほしい!できるだけ早くほしい!

そんな皆様にクラウドソーシングという副業を紹介しますぞ。

クラウドソーシングを実際にやってみた

クラウドソーシングというのは、簡単に言うと外注バイトを請け負うようなものです。

文章を書いたり、アンケートに答えたり、会社のロゴを作ってみたり・・・などなど。

たぬきんぐはシュフティクラウドワークス、Shinobiライティングというサイトで仕事をしてみたことがあります。


クラウドソーシングのサイトに登録すると、いろいろな案件が募集されています。

こういう仕事をしてほしいな~という会社がクラウドソーシングのサイトに登録して仕事を発注するわけです。

で、アルバイトをしたい人は面白そうな仕事やお得な仕事を見つけて登録します。

マッチングすれば仕事開始です。

 

例えばシュフティのサイトに登録すると沢山の仕事が表示されます。

以下の仕事は一例です。探すと簡単なものからマニアックなものまでたくさん仕事があります。


アンケート

ネットショップの出品作業

執筆依頼

など比較的スキルが要らない仕事もたくさんあります。

もちろんスキルが必要なもののほうが単価は高いです。

シュフティの場合は応募すると、業者から数日後に返事が来て仕事開始です。

この辺りのスピード感は会社や案件によって違います。

5分ほどで終わるアンケートに答えたら180円もらえました。

まあ、案件探しに時間がかかっているので1時間で12件できるわけではありませんが、効率よくやれば時給1000~2000円くらいにはなりそうです。

専門技術があるならクラウドワークス



案件の豊富さで言えばクラウドワークスがすごいです。

CGやBGMの制作、スマホアプリの開発なども。クラウドワークスを使いこなせたらフリーランスでも十分やっていけるくらいです。

たぬきんぐは医師免許を持っているので、キュレーションサイトから問い合わせが来たこともあります。

キュレーションサイトは嫌いなのでやりませんでしたが、なかなか美味しい案件だったかも・・・。

 

技術さえあればクラウドワークスがおすすめです。案件が多すぎて悩むのが難点でしょうか。

文章を書く練習もかねて給料をもらうならShinobiライティング



Shinobiライティングさんは名前の通り、ライティング専門です。

読んでもらう文章を作る練習を兼ねてどんどん書いていくならShinobiライティングさんがいいかもしれません。

 

ただし、ライティング専門なので単価は安くなりがちです。専門スキルをお持ちの方にはおすすめしません。

たぬきんぐは医療の専門記事を3つ書いて350円になりました。安すぎる・・・。

 

調べたらわかるような簡単な記事を沢山こなすなら、そこそこ効率よくなると思いますぞ。

ゆったり始めるならシュフティ

シュフティさんは案件のバリエーションが多く、量はクラウドワークスほど多くはありません。

案件の量が多いのはメリットでもありますが、気になる案件を探すのに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

 

主婦・主夫が隙間時間にゆったり仕事できるという点や、競争率が激しくないことから気楽に始めやすいサイトだと思います。

シュフティのページはこちら

たぬきのまとめ

独立して仕事を請け負ったり自分のブログに記事を書いた方が利益は大きくなりますが、会計業務など面倒なことが増えるのも事実です。利益が出るまで時間もかかります。

忙しい社会人が気楽に始める副業ならクラウドソーシングはおすすめです。

比較的すぐにお金が入ってくるのがいいですのぅ。

 

たぬきんぐの一押しはクラウドワークスです。

節約には限度があるので、所得を増やす副業は大切ですぞ。

テレビばかり見て夜を過ごしていたらもったいない!

 

副業記事、書き始めました。

なぜ今、副業を始めるべきなのか

せどりは年々難しくなっている!副業でやるなら気合が必要