リピーターを増やすための梱包方法【副業・ネットショップ】

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

この記事は副業やお店に興味のある人向きの解説記事です。

ネットショップなどお店をやるときに大切なのはリピーター様です。

そして、リピーターを増やすために大切なのは丁寧な梱包です。

ダンボールは絶対に使いまわさない

ダンボールの使いまわしがOKなのは【B to B】、つまり卸問屋がお店に商品を送るケース。

その場合でも極端に汚いダンボールは嫌われます。

ダンボールを使うなら、お客さんには新品のダンボールを使いましょう。

ネットショップの初心者向け講座で

「ダンボールは仕入れでもらったものをそのまま使いましょう」

「アマゾンの箱を使いまわしましょう」

「近所のスーパーでもらいましょう」

みたいなことを説明しているところがありますが

全部ダメですぞ!

たぬきんぐは娘の初節句の祝い品を通販で買ったとき、なんと・・・

カニのマークの入ったカニの匂いのする箱に入ってきました。

それなりにお値段のする商品にこびりつくカニの匂い・・・。

「当店は地球を愛し、エコを心がけております・・・」とのこと。

一方的なエコなんてクソくらえじゃ!

・・・おっと、思い出して取り乱してしまいました。

もちろんリピートするわけありません。あそこはやめとけと親戚にも言いふらします。

当たり前ですのぅ。

梱包資材を使わないのは論外

たまーに箱入りの商品をそのまま紙で包んで発送している人がいますが、あれはダメですぞ。

外箱を大事にする方も多いですし、プレゼント用の場合もあります。

箱がボロボロでも中身が耐えられれば・・・ではいけません。

いくら「われもの」と書いてあったとしても丁寧に運ぶのには限度があります。お店をやるなら商品の外箱をきれいに守る心掛けが大事です。

小物はクッション封筒が便利

封筒の内側に気泡緩衝材(プチプチのようなもの)がついているのがクッション封筒です。

キーホルダー一個に対して大きなダンボールがついてくると邪魔で仕方がありません。

売る側に立ちますとダンボール代がかかってきますし。

というわけで小さなものを送るときはクッション封筒の出番です。

たぬきんぐは値段のお手頃な「e-adhoc」さんのクッション封筒を使っております。

小さなものだと1枚あたり20円未満で買えます。

クッション封筒は10枚単位で買うと非常に値段が高くなります。

また、店によってはまとめ買いでも非常に高いところが多いです。値段が倍以上する場合もあります。

e-adhocさんのクッション封筒は値段の割に使いやすいのでおすすめしています。

箱の隙間はきっちり詰める

箱の中を商品が行ったり来たりする状況だと商品の角がどんどん痛みます。

とはいえ、せっかく買った商品が新聞紙に包まれてたら何となく嫌なものです。

これも、タバコ臭いスポーツ新聞とかだと二度と買いたくなくなりますね・・・。

そこで緩衝材としておすすめなのは「ハイタッチ」や「エコソフト」などの商品。比較的重たいものでも衝撃を和らげてくれます。

ちゃんとプロっぽいお店のような雰囲気を出してくれるのも評価ポイントですぞ。

難点は副業のお店だとちょっと置き場所に困るというところ。頑張って工夫しましょう。

もちろん気泡緩衝材(プチプチ)も使う

”プチプチ”は川上産業の登録商標です。

他のメーカーの物でもかまいませんが、安物からプチプチに切り替えたら質が良くなったので最近は川上産業のものをおすすめします。

プチプチはホームセンターにも売っていますが、メートルあたりの値段を考えると通販推奨です。お店をやるならどんどん使うものなので、42mの物を買うことをおすすめします。

たぬきんぐが使っているのは「梱包資材のK-MART」というお店です。

たぬきのまとめ

というわけで、駆け足で梱包資材を紹介させていただきました。

ネットショップは値段勝負の部分もありますが、リピーター獲得は安売り勝負から抜け出すための大きな一歩です。

商品を傷めない梱包、しっかりした店に見える梱包はお店の第一歩です。

ひどい状態で届いたら二度とリピートしてもらえませんぞ。


スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!