1日8時間の勉強を楽にする受験生のスケジュールの立て方

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

受験生にとって一つの壁になる1日8時間の勉強時間。

量より質とは言いますが、量もやらないと実力は伸びません。

半年間でE判定から国立医学部に合格した筆者の経験を元に受験生の勉強のコツを語りましょう。

1日8時間の勉強が楽になる方法

1日8時間も勉強するのは大変・・・?

キツイ言い方をしますが、1日8時間勉強しない学生は怠け者です。

24-8-8=?

個人差はありますが、1日24時間のうち8時間を睡眠に充てるとしましょう。

昔は受験シーズンになると夜中まで勉強しているガリ勉の姿がニュース番組などで見られましたが、睡眠を削るのは効率が悪くなるのでやめましょう。

この時点で残り16時間です。

じゃあ、8時間勉強したら何時間残るのか・・・?

24-8-8=8時間!

というわけで、自由時間が8時間もあるのです。

ゲームしてもおしゃべりしても映画見てもいいのです。

1日ゲームは8時間までにしなさい!」と言われたら

しょうがないか・・・と思えるでしょう。

勉強生活を苦しいものにするのではなく、ストレスを減らしてうまく続けることが大切です。

ストレスをためたら勉強も集中できません。

大切なのはスケジュールを立てること

ほとんどの学生はスケジュールを立てるのが下手です。

周りにスケジュールを管理されることが多いので、自分でスケジュールをたてるのに慣れていないのです。

受験生として勉強をはじめるなら、自分でスケジュールを決めることが必要です。

予備校の授業のような時間をずらせないものを先に書き込んで、あとは好きなようにスケジュールをたててしまいましょう。

毎日一つは遊びのスケジュールを入れる

当たり前ですが、8時間の自由時間があればいろいろできます。

食事や風呂、移動などで2~3時間減ったとしても5~6時間の自由時間があるのです。

毎日少なくてもひとつは楽しみの時間を作っておきましょう。

スマホゲームをやってもいいし、ジョギングをしてもいい。

リア充なら水族館にデートに行くのもいいでしょう。

5~6時間あれば結構遊べます。これをモチベーションにして勉強するのです。

私は

・移動時間に漫画とゲーム
・友達と集まっておやつを食べながらしゃべる時間
・ゲーセン
・昼食の後は塾の近くの探検、散歩
・帰宅後はスポーツニュース

などなど、遊びの時間をしっかりとって残りを勉強にあてていました。

そのかわり勉強の時間はきっちり勉強していました。

起きてから寝るまで全部勉強なんて無理です。

普通は集中力がもちません。

先に遊びのスケジュールを入れてしまう?



勉強はいつでもできるので、先に遊びのスケジュールを入れてしまうのがおすすめです。

ただし、
・勉強時間が足りなくなる
・疲れて勉強できない

の2点だけは避けるようにします。

塾や予備校の授業があればそちらが優先になりますが、その次に遊びのスケジュールを入れましょう。

残りの時間で勉強です。わかりやすいですね。

塾の先生には悪いですが、授業を選ぶときは本当に聞きたい授業だけをとることをおすすめします。
無駄な授業を勉強した時間にカウントしてしまうと伸び悩みます。

聞き始めて役に立たないと感じた講義は自習に切り替えてしまう勇気も必要です。

スケジュールの守り方

スケジュールをたてられたら、あとはそれを守るだけです。

時間をきっちり守る

15:00で勉強をいったん中断すると予定を立てていた場合。

「あと1問でこのページが終わる」みたいなキリのいいところまでやってしまおうとする人がいます。

これは絶対いけません!

学校の先生とかでも時々見かけますが、チャイムが鳴ってもキリのいいところまで進めようとするのはダメです。

時間を守る意識をしっかり身につけるところからスケジュール管理は始まります。

あとちょっと勉強・・・というのは一見ポジティブに見えますが、結局は「だらしなさ」につながっていくのです。

さっき勉強を延長したし、ちょっと遊びも延長するか・・・という流れにもつながります。

あと1問、というようなところから次の日の勉強が始まっても問題ありません。むしろ勉強をやり始めたときのエンジンがかかりやすい場合もあります。

スマホと距離を置く

勉強中にSNSやLINEをやっていたらいくら時間があっても足りません。

というか、集中して勉強するのは不可能です。

時間は置時計か腕時計で管理して、スマホは勉強中はしまっておきましょう。

私の受験当時はスマホのない時代だったので今の子の苦労は理解しづらいところもありますが・・・ポケベルや携帯は当時でもありましたし、合間にチェックしている人はあまり勉強できていませんでした。

受験のときは絶対に腕時計があったほうがいいので、持っていない人は今のうちに買っておきましょう。

偶然友達に会ったんだけど、スケジュール守らないとダメ?

スケジュールも大切ですが、人間関係も大事です。

自分で作ったスケジュールなので、ある程度臨機応変に動きましょう。

時間をきっちり守れって言っておきながら・・・と言われそうですが

自分で決められる部分はしっかり守るべきということです。

台風などもそうですが、自分の力でどうしようもないところはスケジュールが変わっても仕方ありません。

塾や予備校で偶然懐かしい友達に会うこともあります。浪人した懐かしい先輩と話すこともあるでしょう。

我慢しすぎるとスケジュールを守る意欲がなくなってしまいます。

翌日の遊びを少し減らすなど、自分の意思でスケジュールを書き換えればいいのです。

もちろん毎日会う友人と話す時間は、ある程度スケジュールに組み込まないといけません。

自習場所を確保しておく

勉強する場所をきちんと確保しておくことは非常に大切です。

自習場所の候補を3個くらいは決めておきましょう。

お気に入りの自習場所が使えないときに勉強できないようでは困ります。

・飲食可かどうか
・喋っていい場所かどうか
・気軽に出入りできるか
・スマホはOK?音楽は?

などなど、勉強のスタイルによって好みがあるはずなので自分にあった場所を探しましょう。

ここにこだわりを持たずに喫茶店やショッピングモールの飲食コーナーなどで自習している人は非常に効率が悪くなる可能性があります。

 たぬきんぐは塾のラウンジが好きでした。いつでもお茶が飲めるのと、気分転換に音楽を聴けるのがポイントでしたのぅ。

目が疲れないように気を付ける

個人差もあるでしょうが、長時間の勉強は目の疲れとの戦いでもあります。

一般的にブルーライトは目を疲れさせるので長時間のスマホやテレビは受験生にはおすすめできません。

関連記事:ブルーライトで視力が落ちる?対策は?【スマホ・LED】

自習室を選ぶときもライトがまぶしすぎないかというのはチェックポイントの一つです。

私はデスクライトが蛍光灯だと8時間ほどで目が疲れてくるので、長時間勉強するときは蛍光灯のデスクライトは避けました。

勉強で目が疲れたり頭痛がする場合は、ライトを変えるといいかもしれません。

私はLED全盛の今の時代でもデスクライトはクリプトン電球を使っています。

関連記事:目に優しいデスクライトの選び方・注意点を医学的に解説

たぬきの長時間勉強まとめ

たぬきんぐはこの方法で一日10~12時間くらい勉強してました。

限られた時間でしっかり遊んでストレスを減らすのは受験勉強のコツです。

みんな勉強してるように見えても机に向かっているだけだったりします。

遊ぶときにしっかり遊んで、勉強するときにしっかり勉強する。

これだけで、成績アップは間違いなしですぞ!

たぬきんぐは時々健康と勉強の話を書いてます。

高校受験 学校を偏差値で決めるデメリット 大損しないためには?

性教育は避妊だけじゃない!日本の教育の問題と性感染症の話

ブルーライトで視力が落ちる?対策は?【スマホ・LED】

朝練は体に悪い 学生は寝坊したほうが健康に良い

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!