医師のバイト・フリーター生活を語ってみる

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

たぬきんぐは常勤医を辞めて起業したのですが、細々と医師生活も続けています。

事業のほうはまだ軌道に乗る前の段階なので、現状の身分は

「フリーター」というのが一番しっくりきます。

フリーター医師の生活の一部を紹介しましょう。

医師のフリーターはメリットが多い

医者がベンツを乗り回して、毎日ビフテキを食べているというのは幻想です。

そういうのは開業医や個人病院の2世だったり、夫婦両方が医者でダブルインカムだったり、患者からがめつくお礼をもらったり・・・。

実は普通の常勤医は、年収1千万そこそこです。

さらにそこから医学書代や出張費、研修や学会への参加費などをほとんど【自腹で】払うことになります。

一方残業代をきっちり出してくれる病院は一部のホワイト病院だけです。

税金などを差し引くと生活水準は世帯年収700~800万の家庭とあまり変わらないケースも多いのです。

常勤医より儲かるという残念な現実

医師のバイトで多いのが当直バイトと呼ばれる、夜中の間病院を守るお仕事。

患者さんの急変などに対応するため、病院は必ず24時間365日医者が一人以上いる状態を確保しなければならないのですが、これは小さな病院にとっては大変です。

特に田舎の小さな病院は人数が足りなくて困っているところも多いのです。

こういうところに行くと大体一日4~7万円もらえます。

他には外来や胃カメラ、麻酔などのバイトも存在します。

こういうバイトも、常勤医よりはるかに多い時給をもらうことができます。

普通の会社ではありえない話ですが、医師の世界ではバイトのほうが時給が高いのです。

常勤医と同じだけ稼ぐのはあまり難しくありません。

生活リズムが守れる

常勤医をやっていると、夜中に呼ばれたり突然居残りになったりするので生活リズムは保てません。

常勤でもホワイトな職場なら子どもの幼稚園のイベントに行くこともできますが、ブラックな病院で働いていた時は娘の起きている顔は週1~2回しか見ることができませんでした。

バイトは時間契約なので、容赦なく帰ることができます。

よほどの状況なら多少のサービス残業はしますが、子供の顔が見れない生活からは確実におさらばできます。

人間関係で疲れない

もちろんバイト先の偉い人にはペコペコするのですが、大病院独特のややこしい人間関係はありません。

バイト先が変人だらけだった場合はこちらから辞めればいいだけです。

ブラック病院では人間関係で非常に疲れます。こういった疲れと無縁なのはフリーター生活の良さです。

関連記事:名門大学の医者同士の結婚式が恐ろしかった件

落ち着いて仕事や勉強ができる

やりたい勉強や別の仕事があるとき、常勤医だとどうしても時間の確保が難しくなります。

いつどんな仕事が入ってくるかわからないので仕事柄スケジュールが組めず、「やれるときにやる」という状況になります。

時間を区切って仕事ができると、空いた時間でスケジュールを組むことができるようになるので計画的に勉強などをすることができます。

田舎に住まなくても田舎の医療に貢献できる

子どもの教育を考えると田舎には住めないけど、医者の足りない地域の役に立ちたい…。

そんな希望を簡単に叶えることができるのはフリーターの良さの一つです。

特別なスキルが無くてもある程度の医療を提供できる医師なら十分「田舎にとってありがたい人材」になることができます。

医師のフリーターはデメリットもある

肩書きはついてこない

田舎でアルバイトをしたところで、何の名誉にもなりません。

そもそもフリーターの期間がある人は教授のようなポストにはつけません。

大学で出世するような人生はあきらめることになります。

腕を磨くことが比較的難しい

知識は勉強でアップデートできますが、新しい技術を身につけることは難しいでしょう。

体を壊すと給料がもらえない

常勤医なら、体を壊しても有休を使えば給料をもらうことができます。

フリーターは仕事を休むと給料が丸ごとなくなります。

文字通り体が資本で、病気をするたびに生活が苦しくなっていきます。

地方に行くと方言が理解できない

縁のない地域に行くと、方言がきつくて理解できないことがあります。

大抵は看護師さんが通訳してくれるので大丈夫なのですが、毎回通訳してもらうと

「毎回看護師のほうを見る不安そうな医者」

のように見られてしまいます。

いろいろなものが出ることがある

幽霊…は出ませんが

ヘビ・トカゲ・ムカデ辺りは病院によっては出てくることがあります。

たぬきんぐは一度当直室のベッドが蟻に占拠されて寝れなかったことも…。

使いたい薬が置いてない

カレーをお箸で食べるような心構えが必要です。

移動が面倒

・電車+ゲーム

・車+ラジオ

など、好みに合わせた時間つぶしが必要になります。

たぬきんぐは音楽やVoicyを聞きながらドライブを楽しんでおります。

腕が悪いとクビになる

ある程度長く働いている病院だと、いろいろな人と話すようになるのですが…。

ときどき、クビになっている先生がいます。

「あの先生は酷いから辞めてもらった」みたいなストレートな言葉を聞くこともあります。

ある程度やる気のある病院限定かもしれませんが…。

目に余るひどい病院も(たくさん)ある

病院としてあってはならないレベルの病院もたくさんあります。

常勤医がひどすぎるためにバイト医しか頼りにならない病院もあります。

「非常勤の先生、なんとかしてください!ここにいると死んでしまいます!」と、家族に泣きつかれたことも…。

後からどんな責任を負わされるかわからないので、怪しげな病院からは逃げるに限ります。

フリーターでもバイトは意外と簡単に見つかる

最近は医療関係の人材派遣会社が豊富なので、バイト先は簡単に見つかります。

バイト先を探すときに一番よく使うのが民間医局という会社です。二番目がリクルート。

民間医局は担当の方の仕事が圧倒的に早く、最初の面談も最寄りの駅まで来て仕事内容の希望などを聞いてくれました。

医師免許の確認なども面談できっちりやってくれたからか、バイトが決まるのも非常にスムーズです。

担当の方に「この日にこういうバイトがあったらやりたい」と伝えるだけですぐに探してくれるので、話がとてもスムーズです。

リクルートも悪くないのですが、こちらは長期で働く職場をじっくり探すときに…という感じです。担当の方にもよるのでしょうが、近い日程のバイトを探すときは民間医局のほうが今のところテンポが良いです。

他にも2社ほど登録しましたが、あまり使用することはありませんでした。

たぬきのまとめ



民間医局様、いつもありがとうございますですじゃ…!

おかげさまで毎日夢に向かってチャレンジできております…!!

とてもとても、足を向けて寝ることはできません。

というわけで、たぬきんぐの日常の一部でした!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!