たぬきんぐの投資記録

【米国株等】たぬきんぐの投資成績!!2018年10月

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

FPの資格を取ったこともあって最近投資ネタを書くことが増えているのですが、
「たぬきんぐってホントに大丈夫なの?」と思われてそうな気もするので投資成績を公表していきます!

たぬきんぐの投資歴~

じつはあまり投資をしていなかったたぬきんぐ。
本格的に始めたのは2018年の2月後半から。約8カ月ほどです。

合計300万円の投資でスタートしました。
これがどうなっていくか毎月発表しようと思います。

たぬきんぐの主な投資先:米国株

たぬきんぐは投資予算の75%、225万円を米国株に投資し始めました。

2018年2月 2018年10月
日本円 2,250,000 2,395,453
米ドル 21184.81 21682

円安のおかげで、8カ月で約15万円(6.5%)のプラスになっています。
ドル換算では約500ドル(2.3%)のプラス。

ベライゾンとアストラゼネカが大きく稼いでくれています。
他にもプラスの株が多く、株価暴落があったことを考えれば上々といったところです。

もう1段下がると考えずにうっかり10月の暴落直後にアリババとラスベガスサンズの株を買ってしまったのが反省材料でしょうか。

2月に買ったIBMとスリーエムの株を10月に手放しましたが、損切り後さらに大暴落したので売っておいてよかったと思います。
結局代わりに買った株が暴落しましたが…アリババのほうが未来があると予想しております。

たぬきんぐの投資:マイナス部門

ベトナム株は大きくマイナス

予算の16%をベトナム株に投入したのですが、これが大きくマイナスになっています。

ビナミルクというベトナムの大手食料品会社の株を買ったのですが、今年は株価の伸びが悪く…10月現在、
-132,983円(-28.6%)
の赤字です。

つまり米国株のプラスはベトナム株でほとんど吹き飛んでいるということに…。

一応ベトナムの中では巨大企業で、さらに今後海外展開が期待できる企業なので未来に期待して持ち続ける予定です。

仮想通貨はなかったことにしたい…

105000円をイーサリアムという仮想通貨に変えました。
そして、イーサリアムをNova Tokenというイーサリアムのトークンに変えて持っています。

イーサリアムを1ETH=8万円くらいで買って、今1ETH2万円くらいなので…。
ただ、幸いNova Tokenの価値があがっているので、約4万円のマイナスですんでいるようです。

Nova Tokenは、Novablitzというオンラインカードゲームで使えるようになる予定です。

Novablitz自体はすごく面白いゲームなので投資成績は二の次なのですが、一応これも投資成績に含めておきます。
Novablitz情報はだいだいろさんのブログ「NovaBlitz中毒」が詳しいので興味のある方はどうぞ!

その他の投資:ソーシャルレンディング



たぬきんぐはクラウドバンクというところとクラウドクレジットというところで、ソーシャルレンディングの投資をしています。

クラウドバンクは予定利回り6.8%で5万円

クラウドクレジットは平均予定利回り9.85%で10万円

投資しています。

一定期間待ってから結果が出ますので、予定通り投資の結果が出るかどうかは来年のお楽しみとなっています。

予定通りの利回りが出るなら、もう少し予算を振り分けても良い感じがしています。

関連記事:新しい投資の形 クラウドクレジットのはじめかた

たぬきんぐの投資成績まとめ

開始時 10月末 利回り
クラウドバンク \50,000 \50,000 0%
クラウドクレジット \100,000 \100,000 0%
ベトナム株 \462,518 \330,535 -28.6%
仮想通貨 \105,000 \66,835 -36.4%
米国株 \2,250,000 \2,395,453 +6.46%
合計 \2,967,518 \2,942,823 -0.8%

というわけで、ほぼプラスマイナスゼロ…。

暴落のダメージの後ですら、米国株の良さが際立った結果になりました。
たぬきんぐは常に米国株推しなのですが、この調子で米国株を頑張れば説得力も増しそうですのぅ。

米国株やるなら、マネックス証券が使いやすくて銘柄数も多く、手数料も安めでお勧めです。たぬきんぐも使っています。
手数料は日本進出してきたサクソバンク証券が10月現在では他社をリードしていますので、こちらもおススメです。サクソバンクは欧州株も買うことができます。

関連記事:米国株は少額から資産運用を始めやすい
関連記事:【米国株】新規参入のサクソバンクの手数料が安い!銘柄が多い!
関連記事:たぬきんぐの米国株投資記録・10月株価暴落後