たぬきんぐの投資記録

【米国株】月間利回り8.7%!たぬきんぐの投資成績2019年2月も好調

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

恒例になってまいりました。
2019年2月の投資成績を紹介します。

今月も米国株はなかなか好調でしたぞ!

先月と比較してみる



(注:記事内の%はすべて小数点第二位以下を四捨五入しています。)

1月と2月の米国株投資資産を比較します。

2019年1月 2019年2月
日本円 2,446,105 2,913,530
米ドル 23,274 25,315

ドルで計算すると一か月で約$2041プラス(+8.7%)になりました。
円安になった影響もあって、円換算だと大幅にプラスになっております。

今年に入ってから+33.7%と絶好調が続いています。

では銘柄を見ていきましょう。

たぬきんぐの銘柄と2月のイベント

たぬきんぐの銘柄は先月から変わらず4つのままです。

関連記事:【米国株】月間利回り22.9%!たぬきんぐの投資成績2019年1月は超絶好調

・医療大麻関連株のオーロラ・カナビス(ACB)
・中国の電気自動車メーカーNIO(NIO)
・ロボット心臓カテーテルのCorindus Vascular Robotics(CVRS)
・手術用ロボットのトランスエンテリックス(TRXC)

の4銘柄。
どれもマイナーですが、NIOは意識しているとたまーにニュースなどで見かけることもありますね。

ちなみに個人的に一番期待しているのは一番マイナーなCVRSです。

決算はいまいち・・・

2月はオーロラ・カナビス(ACB)とトランスエンテリックス(TRXC)の決算がありました。

ACBは想定内(だが、期待していたほどではない)といった感じのものでした。

トランスエンテリックスのほうは・・・
海外の掲示板は罵声の嵐でした(汗)
「1株当たりの損益が市場の予想より$0.01悪かった」
「売り上げはまあまあ。四半期でロボット5台売れた」
といった感じで極端に悪いわけではなかったのですが…。
市場予測より悪かったので株価は暴落しました。

掲示板情報によると次の四半期は2~4台の売り上げになりそうという発表だったらしく、期待していたより伸び悩んでいる印象です。

NIOが絶好調!

NIOの株価は2カ月連続で20%以上値上がりしました。

中国のテスラと呼ばれているNIOですが、値段がテスラより安いこともあってかなり売れてるっぽいようです。
アメリカより中国のほうが電気自動車に力を入れているようなので、地の利という点でも本家テスラより有利かもしれませんね。
3月に四半期決算が発表される予定らしく、期待です。

もっと買っておけばよかった。

たぬきんぐの2月投資まとめ

というわけで、たぬきんぐの米国株投資は絶好調です。
米国株以外は調子よくないですが、資金のほとんどは米国株投資なので良しとしましょう!
(米国株の他は、ソーシャルレンディングとZOZO株の空売りに少し資金を回しています。)

米国株始めるなら、たぬきんぐ愛用のマネックス証券と銘柄数の多いサクソバンク証券をおすすめしています。
銘柄数の少ない証券会社では、グロース株はなかなか買えませんぞ!

たぬきんぐの投資関連記事です!
米国株のネット証券4社を比較する【日本語で買えるよ】
【米国株】月間利回り22.9%!たぬきんぐの投資成績2019年1月は超絶好調