たぬきんぐの投資記録

【米国株】2019年3月の投資成績は月間利回り4.4%!決算は不調…

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

毎月恒例の投資成績です。
3月の米国株は若干不調で月間利回りは4.4%でした。

先月と比較してみる



(注:記事内の%はすべて小数点第二位以下を四捨五入しています。)

2月と3月の米国株投資資産を比較します。

2019年2月 2019年3月
日本円 2,913,530 2,929,259
米ドル 25,315 26,434

ドルで計算すると一か月で約$1119プラス(+4.4%)になりました。

決算が不調の中プラスで終われたのは幸いでした。

では各銘柄を見ていきましょう。

変動が大きかった3月

3月は好調な銘柄と不調な銘柄がはっきり分かれました。

たぬきんぐの銘柄は
・医療大麻関連株のオーロラ・カナビス(ACB)
・中国の電気自動車メーカーNIO(NIO)
・ロボット心臓カテーテルのCorindus Vascular Robotics(CVRS)
・手術用ロボットのトランスエンテリックス(TRXC)
の4銘柄。

まず2月末~3月初旬の決算で2連敗。
NIOとTRXCの決算内容が悪く…
NIOの株価は先月末と比べて -47%
TRXCの株価は先月末と比べて-8.7%となりました。
両方とも決算直前の暴騰から大暴落となっています。

TRXCは株の約半分を売却し、CVRSの購入費用にしました。

その後CVRSの決算内容が良かったためCVRSの株価が高騰。

主力のオーロラカナビス(ACB)は順調に株価が上がったので2勝2敗でトータルではなんとかプラスになりました。

先月末の時点では
「NIOもっと買っておけば良かった」などと言っていましたが、本当に買ってたら悲惨なことになるところでした。

暴落したNIOもしばらくキープの予定

NIOは暴落したとはいえ、現時点では売られすぎという印象があるのでこのままキープしておく予定です。
売ったタイミングで上がり始めたら悲惨なのでこまめなトレードはしません。

たぬきんぐの3月投資まとめ

3月はNIOの決算が不調でしたがそれでも終わってみれば+4.4%。
今年に入って+40%と今のところは絶好調です。

たぬきんぐは長期投資は米国株がほとんどです。
アメリカのほうが日本よりGDPの伸びも遥かに良いので、投資先は成長市場にした方が理にかなっていると思っています。

米国株始めるなら、たぬきんぐ愛用のマネックス証券と銘柄数の多いサクソバンク証券をおすすめしています。
銘柄数の少ない証券会社では、グロース株はなかなか買えませんぞ!

たぬきんぐの投資関連記事です!
米国株のネット証券4社を比較する【日本語で買えるよ】
【米国株】月間利回り22.9%!たぬきんぐの投資成績2019年1月は超絶好調