たぬきんぐの投資記録

ロボットで心臓カテーテル!?Corindus(CVRS)の株を購入!

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

最近たぬきんぐが新しく投資した2つの会社のうちの一つ、Corindus Vascular Robotics社。
心筋梗塞や狭心症で行う心臓カテーテルという治療をロボットを使って行うという新しい機械の会社です。

マイナーな会社ですが、循環器内科の悩みの種の放射線被ばくを大きく減らすことができるため期待しています。

そもそも心臓カテーテルってなにするの?

狭心症や心筋梗塞という病気があります。
超おおざっぱに解説すると・・・

体に血液を送る【心臓】に向かって血液を送る冠動脈という動脈が細くなったり詰まったりして心臓に血液が送れなくなる病気が狭心症や心筋梗塞です。

そこで・・・
手首や太ももの動脈から細い管を入れて、心臓のほうまで管を持って行って、心臓の細くなった動脈を広げる治療を行います。

放射線をたくさん浴びてしまう



非常に細かい専門的な操作が必要な上、管の位置を確認する等のために放射線をたくさん使わないといけない治療です。
循環器内科の医師は多量の放射線を毎日浴びることになります。
放射線をガードする服もありますが鉛でできていて重いです。
重さで腰を痛めることもある上、顔などはガードできません。

待望の?ロボットカテーテル

離れたところからロボットを使って操作できる機械があれば、術者に対する放射線によるダメージを大きく減らすことができます。
スムーズに短時間で治療できるようになれば患者さんに対する被ばく量も減らすことができるため、期待しています。

予想ですが、こういうロボットが導入されたら一人当たりの治療時間は短くなっていくんじゃないかな…と思っています。
放射線の問題以外でも、長期的に循環器内科の医師の負担を減らせそうな予感がします。

さらに遠隔操作も可能らしく、昨年インドで30キロ以上離れた場所からロボットを操作して治療することに成功したそうです。

近い未来には、こういったロボットを使った心臓の治療が行われるようになるのかもしれませんな!

たぬきのまとめと投資の話

裕福な病院ばかりではないのでこういう機械を導入できるところばかりではありませんが、医療が近未来的になっていくようで楽しみです。

というわけでコンセプトが非常に魅力的で期待できる会社なので、頑張ってほしいという期待も込めつつ投資してみました。
財務状況が良いとは言えないのですが…ヤバくなってもこういう特別な技術はどこかがお金だしてくれるでしょう、きっと。
(くれぐれも、投資は自己責任でお願いしますぞ!)

1600株ずつ2回に分けて購入しました。
1株1.22ドルなので、大体40万円分くらいです。

米国株のマイナー株を買うなら、マネックス証券サクソバンク証券が品ぞろえ良くておススメですぞ。

たぬきんぐの投資関連記事です!
米国株のネット証券4社を比較する【日本語で買えるよ】
医療大麻の企業オーロラ・カナビスの株を購入した!