投資の基本

ベトナム株の購入は手数料がきついよ

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

今のところ米国株投資で利益が出ているたぬきんぐですが、投資全体ではギリギリプラスというところです。
実はベトナム株を買って、大きなマイナスを抱えているのです。

ベトナム株はSBIで買える

たぬきんぐお気に入りのマネックス証券は米国株と中国株しか買えません。

オンラインでベトナム株を買うならSBI証券を使うのが一般的です。SBI証券はアジアの株に強いので、アジアに投資するならおすすめの証券会社です。

ベトナム株自体は熱い!



ベトナムは今後の成長が見込まれている将来有望な市場です。
若い人が多く、GDPの伸びもよく、まさに右肩上がりの国なのです。

そう、ベトナム自体は熱い!なので長期投資するなら十分あり!なのです。

手数料高すぎ問題

さて、ここで問題になってくるのが
「ベトナム株を買うときの手数料」です。

いくら右肩あがりとは言ってもずーーっと圧倒的に右肩上がりなわけではありません。
(実際たぬきんぐの投資したビナミルクは購入直後から下がり続けました。)

手数料が高いと、いくら本体の株が上がっても元をとれないことがあるのです。

米国株と比較する

たぬきんぐが普段買っている米国株の手数料が0.45%です。
買って売ったら2倍の0.9%になります。
このくらいなら大した額ではありません。

しかし、ベトナム株の手数料は2%!
買って売ると合計4%の手数料になります。せっかく少し値上がりしても、手数料で赤字ということも十分あるのです。
普通なら一年で4%株価が上がれば上出来・・・ってところだと考えると、短期取引は難しいですし数年は寝かしておくつもりで根気よくやらなければなりません。

為替手数料高すぎ問題

SBIの為替取引に関わる為替手数料によると。

米国株の手数料は2018/9/27の時点で25銭。
おおざっぱに1ドル=100円と考えると大体0.25%となります。

ベトナムドンのほうは10,000ドンあたり2円。
10,000ドンというのはだいたい50円前後なのでおおよそ100円に対して4円の手数料がかかることになります。約4%です。

ということは。
円をベトナムドンにかえて株を買い、株を売って円に戻す

という1往復で合わせて約8%の手数料がかかってしまうことになるのです。

よほど狙いたい企業があれば買いましょう

たぬきんぐは米国株100%にするのは嫌だったので、成長市場のベトナムに少し投資することにしました。
ビナミルクという乳製品や加工品の大企業の株を46万円分ほど買ったのですが…今のところ12万円のマイナスです。

とはいえ、TPPによる輸出増加が実際のものになれば、ベトナムの安い乳製品や加工品はTPPの圏内にかなり輸出されるようになると思っています。
長期的には大きなプラスになる予定です。

含み損ですがしばらくはキープするつもりです。
…などと一通り強がりを言ってみますが、手数料が安かったら売っていたかもしれませんな…。

たぬきのまとめ

というわけで、手数料は甘く見てはいけません。
株初心者の方は、米国株から始めるのがおすすめです。

米国株はマネックス証券がおすすめですぞ。

たぬきんぐ、投資やってます! 投資記事ですじゃ!

外貨預金の5つのリスクとは?基本を理解し1倍FXと比較する
【米国株】医療用大麻メーカーTilray(ティルレイ)の株の買い方
【米国株】新規参入のサクソバンクの手数料が安い!銘柄が多い!