【幼児教育】子供にピアノを習わせるメリットとデメリット

Pocket

たぬきんぐですじゃ。

ピアノを習うと賢くなるという噂もあり、ピアノ教室は人気の習い事の一つですじゃ。

習わせるときのメリット・デメリットと注意点をまとめておきましたぞ。

ピアノを習うメリット

音楽が得意になる

ピアノを習うことの一番のメリットは、音楽の授業で困らなくなるところです。

うまくなれば毎年音楽会で主役になれる場合もありますな。

そこまでいかなくても、小学校の鍵盤ハーモニカはもちろん歌の時間でもリズム感で悩むことがなくなっていきます。

幼稚園の先生や小学校の教師になりたいときにピアノは役立ちます。ピアノができないといけないので、習っていると圧倒的に有利ですじゃ。

たぬきんぐの知り合いでも、ピアノを大学になってから始めたために苦労していた人がいましたのぅ。他の科目は優秀な人でも、ピアノは歳を取ってから始めると大変です。

器用になる

両手と、慣れてくると足も使うようになります。

楽譜を読みながら両手を動かすので、自分の手がどこをひいているか頭で理解する必要が出てきます。おそらく空間処理能力も多少は伸びると思われます。

ピアノをやっていて不器用という人にはあまり会ったことがありません。たぬきんぐも怪我をする前は器用でした。

集中力と記憶力が伸びやすい

ピアノを弾くときはこどもでもかなり集中しています。さらに、楽譜を覚えていくので、暗記する力が伸びていきます。

幼少時にぼーっとしているか、ピアノを習っているかでこどもの力は大きく変わってくると考えられます。

ピアノを習うデメリット

時間がかかる

スイミングなどの習い事と違って、ピアノは自宅での練習が必要です。しかも毎日。

幼児の間は少しずつでいいとしても、小学校以降も続ける場合はかなりの時間を毎日練習に使わなければなりません。

音大を受けるならずっと続ければいいわけですが、一般の高校や大学への進学を考える場合、受験勉強と引き換えにやめることになるケースも多いようです。

お金がかかる

身もふたもない話ですが、ピアノを持っていなければピアノを買わなければなりません。

きちんとピアノを習わせるなら電子ピアノではいけません。鍵盤のタッチが全然違うので、最低でもアップライトピアノを手に入れる必要があります。

我が家は実家にあったアップライトピアノを借りましたが、借りれない場合かなりの出費になります。

運よく(?)子供がピアノの才能に目覚め、コンクールに出るレベルになってくると、グランドピアノがほしくなってきます。グランドピアノにはソステヌートペダルというペダルがあるのですが、ほとんどのアップライトピアノには備わっていないのです。

しかし、グランドピアノは高いですじゃ・・・!!

新品グランドピアノ STEINWAY&SONS D-274

上の物は高級品ですが、安いものでも7桁は覚悟しなければなりません。

また、軽めのピアノはギリギリOKな場合がおおいですが、重たいピアノを買うと家の底が抜ける危険性があります。要注意です。

関連記事(副業ネットショップの倉庫の話)で、床の強さとピアノなどとの関係を解説しています。

家の補強となると、さらに費用がかかってきます。

ピアノが生活の中心になる

上の2項目が原因で、家族の生活はピアノ中心になりがちです。

ピアノのために節約&副業が必要になりますし、ピアノ購入という先行投資をしてしまうとそう簡単にやめるわけにもいかなくなります。

せっかく買ったのにぃぃぃ!!

と、なってしまいがちなのですじゃ。

こどもの生活もピアノが中心になります。

こどもが他の趣味をはじめたくなったとき、あきらめさせるかピアノをやめるかの二択に悩むことになります。

家族で答えを持っておいた方がいいでしょうな。

ちなみにたぬきんぐの母はピアノ講師ですが、小学校時代は球技をしないようピアノの先生に指導され、そろばんを習うのも許されなかったそうです。

ピアノをやらないと東大にいけない?

そんな噂はもちろん嘘ですじゃ。

・ピアノを習える程度に裕福な家庭が多い

・裕福な家庭は親が賢い場合が多い

・昔は習い事の種類は少なかった

などなど、様々な要因が重なって東大生にピアノ経験者が多くなっているだけですぞ。

たぬきんぐは高学歴の友人も多いですが、ピアノ経験者ばかりではありません。

もちろん様々な経験をさせることが子供の成長にいいというのは事実です。ピアノはその中の選択肢の一つ。

何もせずにぼーっとテレビばかり見ているより、いくつか習い事をした方が身につくことが多いのは間違いありません。

(海外の文献を見ると、音楽を学ばせた子供とドラマを見せた子供を比べると音楽のほうがIQが上がったという報告もあるそうです。ただ、音楽の種類にはよらないようですし、チェスや化学実験でもいいのでは?というような意見も書いてありましたぞ。)

たぬきのまとめと意見

習い事にはそれぞれのメリットとデメリットがあるので、家族や子供にあう習い事をするのが大事ですじゃ。

ピアノは値段も高いのでお金がなければ無理に始める必要はないでしょう。ブルジョワなイメージのあるバイオリンのほうがよっぽど安く買えますぞ。

習わせると決めたら、投資や副業でしっかりお金を稼ぎましょう。ピアノを続けるにはかなりのお金が必要ですじゃ!

ピアノじゃないと賢くならないというのは嘘ですじゃ。子供が嫌がっているのに無理やり習わせ続けてもあまり幸せにはなりませんぞ。

幼児教育・習い事の記事 書いてます!

【幼児教育】子供に絵画を習わせるメリットとデメリット

【子供・幼児教育】習字・書道を習わせるメリット・デメリット

【子供・幼児教育】プログラミングを習うメリット・デメリット

フラッシュカードは詰め込み教育である

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!