宝くじに当選しても税金はかからないってホント?愚者の税金とは?

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

〇億円当たる!など、夢を感じて宝くじを買う方。

どのくらい当たるか、当たったらどうなるか。

深く考えたことはありますかのぅ?

難しい数字は抜きで、ゆるーく税金とお金の話をしますぞ。

宝くじと税金の話

所得税はかからないよ



第十三条 当せん金付証票の当せん金品については、所得税を課さない。

                        当せん金付証票法

宝くじで1億当たったら、何千万税金で取られるんだろうと心配な方。

宝くじは特別な法律があるので所得税、取られません。

当たった分だけもらえますぞ。

ただ、これだけを聞いて安心していると落とし穴にはまります。

贈与税はかかります

高額なお金を子孫にわけたことのない皆さま!

・・・私も経験ありませんが・・・。

高額な賞金が当たったら、要注意。

「7億円当たったから、両親に1億円プレゼントしよう!」

「子供が成人したら1億円プレゼントだ!」

1億円プレゼントすると約4800万円ほど税金がかかってしまうので要注意です。

税務署に銀行口座をチェックされますので、うっかりプレゼントすると次の年にひどい目にあいますぞ。

特に家族で購入している場合は「共同購入」として複数人に分けて当選金を受け取ったほうがいいでしょう。

なんで所得税がかからないの?

法律でそう決まっているから~と言えばそれまでですが・・・

そもそもなぜそんなにサービスがいいのでしょうか。

愚者の税金と言われる宝くじ

平成28年の宝くじの販売実績が8,452億円。

そのうち当選金は3,959億円。

46.8%しか還元されません。

パチンコや競馬と比べてもはるかに還元率は低くなっています。

そして売り上げのうち当選金と経費を除いた約40%(3,000億以上!)は公共事業などに使われております。

つまり宝くじを買うということは、追加の税金を払うこととほぼ同じ意味になります。

このことから「愚者の税金」という言葉が出てきたのでしょう。

宝くじが売れれば売れるほど、国の財源が増えるわけです。

所得税がかからないのも納得ですな。

みんなどのくらい買うの?当たるの?

当選率を考えてみる



 宝くじのうち、ロトなどを除いた「ジャンボ宝くじ」。

その中でも最大なのが「年末ジャンボ宝くじ」です。

産経ニュースの記事を参考にすると、年末ジャンボ宝くじは1500億円ほど売れたようです。

日本人の12人に一人が宝くじを買うと仮定しましょう。

大体一人あたり年末ジャンボを15000円ほど買っている計算になります。

15000円買うと枚数にして50枚。これだけ買うとします。

1等は2千万枚に1つなので、単純計算すると

40万分の1

ということになります。

ゲーム好きの方向けにたとえ話をすると・・・

麻雀の天和(テンホー)という激レア役が33万分の1

ポーカーのロイヤルストレートフラッシュが65万分の1

なので

「ロイヤルストレートフラッシュより当たりやすく、テンホーほどは出ない」

と考えてよいでしょう。

たぬきのまとめ

たぬきんぐは学生時代に時々マージャンをやってましたが、テンホーなど見たことありません。

宝くじもめったに当たらないのは間違いないですな。

宝くじは還元率を考えると、半分以上税金で持っていかれているようなものです。

また、当たっても散財したり贈与税を払う羽目になったりして破滅する人がいるそうなので、くれぐれも気を付けましょう。

 たぬきんぐは買いません!

たぬきんぐの日常、変な出来事がいっぱい!

名門大学の医者同士の結婚式が恐ろしかった件

ブラック病院の看護師の恐ろしい行動にうろたえた話

仕事ができない牛丼屋の店員を2年間観察してみた

マクドナルドのポテト食べ放題に挑戦した友人の話

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!