AIで医師の仕事がなくなるには時間がかかる理由

Pocket

 たぬきんぐですじゃ。

かつて電話交換手という仕事がありましたが、現在ではほとんどいません。

時代によって仕事は変わっていくのです。

AIによって仕事がなくなっていくというのは不安なものですが、医師の仕事が奪われるのは少し先の話になりそうです。

AIが画像診断で専門医を上回り始めた

すでにAIの能力は一部の領域では医師を超えています。

例えばレントゲンやCTなどの画像診断。

人間には到底経験することのできない何千万といった画像を見ることができるので、病気の場合のパターンとそうでないパターンを覚えさせればあっという間に医者の力を超えることができます。

今までなら胃カメラでも専門医が

「む・・・ここは怪しい」

といった感じで見つけていたものも、AIが見つけられるようになってきています。

あと数年もたてば、胃カメラはAI搭載のものが主流の時代になるでしょう。

病気の診断も、AIは強い



病気の診断も、AIなら人間が覚えられないようなマイナーな病気も覚えることができます。

医師の診断はどうしても経験による部分が出てくるので

たとえば普段海辺で働く医師は高山病を見ないのです。

そもそも専門外の病気は専門家に相談するしかありません。

例えば泌尿器科の医師が網膜剥離を診断するのはほとんどの場合不可能です。

しかしAIには記憶の限界がありません。

AIが診断能力を身につけていくと、最終的には「パーフェクト診断ドクター」を作ることができるでしょう。

各分野のスペシャリストの医師たちとプログラミングの専門家が集まれば、AIが診断能力で医師を超えるのはそう遠い未来ではありません。

医者の仕事のうち、診断はほんの一部

上で説明したようなイメージで考えると、医師の仕事はAIで代替可能と思えてきます。

これからは頭脳労働もAIに奪われていく時代がやってくるでしょう。しかしそもそも医師の仕事は頭脳労働がメインなのでしょうか。

ロボットの手先の器用さは人間に追いつくのか

現時点では、指先の器用さという点では圧倒的に機械より人間のほうが上です。

高級マッサージチェアは確かに素晴らしいですが、人間のマッサージのほうが疲れが取れるでしょう。

技術的にまだまだ人間の指には勝てないのです。

手術やカテーテル治療などをロボットが行えるようになるのは遠い未来の話です。

もちろん2050~2060年くらいになったらできるようになるでしょうが…。

先ほどの胃カメラの例でも、AIが怪しいところを見つけても検査する技術は人間の手先で行う必要があります。

医師の仕事のうち、技術力が必要な仕事はかなりのウェイトを占めています。

AIとコミュニケーション能力

今のところAIが空気を読むのは難しいです。

まあ、空気を読めない医者も結構いますが・・・。

優しい医師が親身になって治療について語るのと、ペッパーみたいなのに淡々と語られるのでは、話を聞く側に与える印象も変わってくるでしょう。

情報を統合して判断する能力

病気を治療する場合、相手は人間なのでその人の人生観が大切になります。

つらい治療をするくらいなら死にたいという人もいれば、

どんなにつらい思いをしても孫が生まれるまでは生きたいという人もいるのです。

さらに、治療にどのくらいお金をかけられるか・・・みたいな現実的な悩みもあったりします。

それぞれのニーズに合わせる能力をAIが身につけるのはもう少し先になるでしょう。

たぬきのまとめ

AIが医師の仕事を完全に奪うようになるまでにはしばらくかかります。

そもそも高度なロボットを全国の病院で揃えるのはかなりお金の面でも厳しいでしょう。

ロボットは高級だから仕方なく医者で我慢する・・・悲しいですが、そういう時代も来るかもしれません。

また、AIによって仕事は効率化されていくでしょう。一部の医師は仕事がなくなっていくかもしれませんし、新しい医師の仕事ができるかもしれません。

 災害地で直接手術をする移動型手術室とか、作ってみたいのぅ。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローしてくだされ!!